キッチンをもっと使いやすく!100均グッズで調味料棚を作ろう

2019.07.28

調味料棚を活用して、キッチンをもっと使いやすくおしゃれにしませんか?機能性とデザイン性に優れたスパイスラックは、100均グッズでDIYすることもできます。調味料棚の活用法や選び方を知って、キッチンインテリアを楽しみましょう。

調味料棚のメリット

料理をする人ほど調味料の配置が難しくなっていくキッチンですが、『調味料棚』を活用することで、キッチンが使いやすく、見た目もおしゃれにしていくことができます。まずは調味料棚を使った『キッチン収納術』の基礎を見てみましょう。

キッチンが使いやすくなる

調味料棚を活用すると、キッチンが使いやすくなり、料理のストレスが減って時間短縮にもなります。

料理をするには塩・胡椒をはじめ砂糖や醤油、人によってはさまざまなさまざまなスパイスやハーブと、改めて考えてみると意外に多くの調味料を使っていることに気付くでしょう。

しかし、これらを料理中に簡単に使えるよう調理台の近くに常備しておこうとすると、次第にキッチンが手狭になり、使いたいものにすぐ手が届かなくなっていきます。

そこで調味料棚を活用して『キッチン収納』を行うことで、一目でどこに必要な調味料があるかを判断でき、使いたいときにサッと取り出して定位置に戻す、という管理がしやすくなるのです。

インテリアとしても使える

調味料棚には、キッチンを使いやすくして料理の効率を上げるという実用面のメリットだけでなく、生活感が出やすいキッチンに彩りを与えるインテリアとしての魅力もあります。

キッチン収納を考える際には、見た目の統一感を意識して、調味料がどこにあるかという視認性を高め、サッと取り出しやすくすることが重要です。

ここで調味料棚のデザインや素材・色調を揃えることが、そのままキッチン収納家具を使ったインテリアを考えることにもつながります。

キッチンの使いやすさを向上させるだけでなく、キッチンに立って料理をすることがもっと楽しくなるよう『インテリアとしての調味料棚』という意識でキッチン収納を考えていくと良いでしょう。

調味料棚の選び方

調味料棚には目的別にさまざまな種類があります。選び方の基準として、スペース・素材・使いやすさの三つの観点から考えてみましょう。

棚のスペースから選ぶ

人によって使う調味料の種類はさまざまで、キッチンの構造やスペースも千差万別です。

限られたキッチンスペースを圧迫しないよう、料理の邪魔にならず、かつ十分な収納スペースのある調味料棚を選ぶことが重要といえるでしょう。

最もベーシックな調味料棚はスタンドタイプのラックで、平面に直置きして使えるものです。スタンドタイプの場合は、2段や3段になっているラックを選ぶと設置面積あたりの収納量が増え、スペースをムダにしません。

さらに省スペースにこだわるなら、突っ張り棒タイプのラックが候補に挙がるでしょう。コンロ脇などのデッドスペースと天井の間に突っ張り棒を立て、棒からトレーやラックを伸ばして使うことができます。

素材から選ぶ

視認性の高さを求めた統一感を演出して、インテリアとしての魅力を求めるなら、調味料棚の素材も意識しておきたいところです。

調味料棚は一般的にステンレス・スチール製で、職人の手作業で作られた木製のものもあります。すっきりしたキッチンを目指すなら金属製、優しい風合いを求めるなら木製という判断ができるでしょう。

また、調理スペースでの大敵は油はねや水はねによる汚れです。調味料棚は料理や洗い物をしていく中で次第に汚れていくので、『サビにくさや洗いやすさを意識しておく』と良いでしょう。

ステンレス製のものはサビに強く、またワイヤー構造になっているものやパンチングメタル構造のものは洗い桶でつけ置き洗いがしやすく、全体が洗いやすいのでおすすめです。

使いやすさから選ぶ

収納アイテムとしての調味料棚を考えるときには、料理中に片手でサッと取り出せる使いやすさを意識しておくことが重要です。

調味料棚はなるべく調理台やコンロの近くに設置したいですが、キッチンの構造上の問題などで設置が難しいケースもあります。そこでおすすめなのが『吊り下げタイプ』のラックです。

吊り下げラックは戸棚やレンジフード(換気扇のカバー)から吊り下げるタイプのもので、戸棚用ならラック上部のL字に伸びた脚を扉下の隙間に差し込んで固定します。

レンジフード用なら油貯まりと呼ばれる金具の出っ張りに引っ掛けて使う形です。どちらのタイプも調理の邪魔にならず、サッと手が届くだけでなく、特に戸棚用なら油はねから収納物をカバーできるメリットもあります。

100均のアイテムで手作りDIY

調味料棚は無数の既製品が販売されていますが、自分が求めるキッチンにフィットするものを選ぶのはなかなか難しいものです。

そこで、商品が豊富で何より安い、100円均一アイテムでDIYする、という発想も持っておくと良いでしょう。

木箱を重ねてオリジナルラックに

100円均一の木箱を縦に重ねると、それだけで2段・3段ラックとして使うことができます。木箱のサイズにもよりますが、縦の空間が広くなるため、大きな瓶詰めの調味料などを収納する際に便利でしょう。

背の高いスタンドラックは既製品だと高価になりがちなので、安価に作れる簡易的なスタンドラックとしておすすめのアイデアです。

サイズ違いの木箱を重ねたり、他の100円均一商品で仕切りを作ったりして、小型の瓶も多く収納でき、さらに使いやすいオリジナルラックを作っていくこともできるでしょう。

ワイヤーと突っ張り棒で簡易ラック

100円均一アイテムを組み合わせて、キッチンの壁面を収納スペースとして活用するアイデアを考えてみます。

材料はメッシュパネル(ワイヤーネット)とワイヤーバスケットです。

まずはメッシュパネルを壁面に立て、両脇を突っ張り棒で押さえて自立させます。そして、メッシュパネルに、引っ掛け部分のあるワイヤーバスケットを取り付ければ、これだけで簡易的な壁面ラックの完成です。

引っ掛け部分のないバスケットならS字フックで引っ掛けることもでき、メッシュパネルなら高さの調整が自在というメリットがあります。

耐荷重はあまり期待できませんが、小型の瓶などの収納には便利でしょう。

ボックスを使って引き出し収納

100円均一のボックスを使って『引き出し』を作ることもできます。これはかなり応用範囲の広い発想なので、試しておいて損はないでしょう。

例えば木箱を組み合わせたオリジナルラックにボックス一つが収まるスペースがあれば、ここに小型の瓶を複数収納したボックスを入れることができます。

まるごと引き出して使うため、塩胡椒など同時に使うことの多い調味料をワンアクションで取り出すことができ、またそのまま食卓に持ち運ぶこともでき便利です。

さらに、奥行きのあるボックスを冷蔵庫やシンク下で使えば、デッドスペースが生まれがちな空間をムダにせず、ボックスごとに調味料の管理もしやすくなります。

視認性を高めるために、ボックスの前面を色分けしたり、ボックス内の瓶の蓋にラベルを貼ったりすると、引き出して取り出すという動作がさらにスムーズになるでしょう。

おしゃれな調味料棚

おしゃれなキッチンインテリア、といっても100円均一アイテムだけでは表現できないものもあります。クオリティを求めるなら、デザイン性だけでなく機能性にも優れた既製品を選択肢に入れてみましょう。

回転式スパイスボトルホルダー

『安住商事 回転式スパイスボトルホルダー』は、12種類のスパイスボトルを回転式のステンレスホルダーに収納する、スタイリッシュで機能性に優れた商品です。

四角いタワー型のホルダーに、一面につき3種ずつのスパイスボトルを収納でき、スムーズに回転させて調味料を取り出すことができます。

12個の専用スパイスボトルが付属するので、パウチでスパイスを購入すれば小分けにしてすぐに使い始めることができるのもうれしいポイントでしょう。

省スペースで使い勝手も良く、何よりおしゃれなアイテムで、スパイスを使うことの多い人には特におすすめの商品です。

  • 商品名 : 安住商事 回転式スパイスボトルホルダー スパイスラック12ジャー調味料スタンド スパイス収納 おしゃれでスタイリッシュ
  • 価格 : 2980円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

スパイスラックスタンドホルダー

『スパイスラックスタンドホルダー』は、12種類のスパイスを独自構造のホルダーと専用ボトルで収納する、機能的かつインテリアとしての性格の強いスタンドラックです。

ボトルは12種類全てを内容物までクリアに一目で確認することができ、片手で取り出し、プッシュ式の蓋なので使用時には蓋の開け閉めが必要ありません。

パッと見てから使って戻すまでを全て片手で行える上、スパイス自体がインテリアの一部になる、料理好きだけでなくデザイン重視の人にもうれしい商品ではないでしょうか。

値は張りますが、手作りではまず出せない機能性とデザイン製があり、実用性の高いインテリアを追求するならおすすめのラックです。

  • 商品名 : スパイスラックスタンドホルダー ボトル12本 かっこよく魅力的なスタンドホルダー 12種類の味を手元に (スパイスは含まれておりません)
  • 価格 : 1万1227円
  • Amazon : 商品ページ

LITTLE TREE キッチンラック

『LITTLE TREE キッチンラック』は、天然竹で作られた比較的大型の3段スタンドラックで、調味料や食器などをひとまとめにできる収納力のある商品です。

耐荷重は70kgでサイズ的には床置き向きのしっかりした作りとなっており、撥水性が高いため一拭きすれば掃除できるというメリットもあります。

棚板は自由な高さに設置することができるため、みりんなどのサイズの大きな調味料も収納が簡単です。何より竹製というナチュラルな雰囲気が魅力的といえるでしょう。

機能的な商品はシャープな金属製のものが多い中で、竹の優しい風合いがありながら高機能で使いやすい、しかもお手頃価格というおすすめ商品です。

  • 商品名 : LITTLE TREE キッチンラック 多機能のキッチン収納ラック スパイスラック 調味料収納 調味料収納ラック 台所収納ラック 調味料棚 3段 ナチュラル 省スペース
  • 価格 : 3280円
  • Amazon : 商品ページ

調味料棚を使ってキッチンをおしゃれに

調味料棚を活用することで、キッチンは見違えるほど使いやすく、またおしゃれに作り変えることができます。

まずは塩・胡椒など使用頻度の高い調味料の収納から始めてみましょう。調味料棚は100円均一アイテムを使ったDIYも可能なため、使いやすさとデザイン製を意識したオリジナルラックを作ることもできます。

よりクオリティの高い収納を考えるなら、機能性とデザイン性に優れた既製品の購入を考えてるのもおすすめです。キッチンをインテリアとして捉えてみれば、収納も料理も楽しみが増していくのではないでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME