アロマトリートメントとは?オイルの作り方や必要な資格も紹介

2019.07.27

精油を使うマッサージのことを『アロマトリートメント』といいます。マッサージに使うオイルの作り方や、目的を解説します。心身の癒しに関するアロマの資格取得を通じて専門知識や技術を得れば、仕事にも生かせるかもしれません。

アロマトリートメントとは

アロマトリートメントは精油を使って行うマッサージです。どのような特徴があるマッサージなのか解説します。

精油を使った体のマッサージ

精油とは、花やハーブなどから抽出した成分です。ペパーミント・ラベンダー・レモンなど、それぞれの『精油が持っている働きを活かしてマッサージをすること』を、アロマトリートメントといいます。

心身のリフレッシュに役立てたり、リラックスすることでストレスが軽減されたり、疲れを癒したりすることにつながります。

精油の選び方によっては、健康や美容に役立てることもできるといわれているのです。

ただし、精油は刺激が強い成分もあるので、原液のままでは使用しません。キャリアオイルで薄めてから、顔や体の施術に使います。

肌から精油を浸透させる

アロマトリートメントを実施すると、肌から精油の成分を浸透させることができます。これは『経皮吸収』という仕組みです。

精油を働かせる方法は、他にも香り成分を吸い込むことで行う肺吸収や、嗅ぐことで脳にダイレクトに働きかける嗅覚反応があります。これらの中で、最もパワフルに体に影響するのが経皮吸収です。

アロマトリートメントオイルの作り方

精油は天然成分が凝縮されている分、刺激が強いため、マッサージをするときは必ず精油を希釈したアロマトリートメントオイルを使います。

ここでは作り方を解説するので、自分好みのオイル作成に役立てましょう。

必要な材料を知ろう

手作りするといっても、難しいことはありません。用意するものは下記の3点のみで、とてもシンプルです。

  • キャリアオイル
  • 精油
  • 保存容器

キャリアオイルと精油は好みの香りや期待する働きによって選びます。保存容器は、精油による変質がないガラス瓶が最適です。遮光ビンなら、光による影響を最小限に抑えられ、保存しやすくなります。

キャリアオイルとは?

キャリアオイルは刺激が強い精油を薄め、肌に安全に塗布できるようにするために使います。

使用するオイルには、なめらかで肌ざわりがよい『スイート・アーモンドオイル』や、高い保湿性と保存性の『ホホバオイル』、さっぱりとした使用感の『グレープシードオイル』などがあります。

好みの使用感のキャリアオイルを選ぶことで、気持ちよくマッサージできるアロマトリートメントオイルが作れます。

アロマトリートメントオイルを作ってみよう

手作りして使うアロマトリートメントオイルですが、作り方に複雑なところはありません。手順は簡単で、材料を混ぜるだけなので、初めての人でも簡単に作れます。

ただし、精油の割合には注意しなければいけません。刺激が強くなりすぎないよう、精油の濃度は1%にするのが最適です。

アロマトリートメントオイル50mlを作る場合をみていきましょう。

50mlの1%は『キャリアオイルの量(50ml)×希釈濃度(1%)=精油の量(0.5ml)』で求められるため、精油の量は0.5mlが目安となります。

また、精油1滴は0.05mlです。これを基に計算すると、『精油の量(0.5ml)÷精油1滴の量(0.05ml)=精油の滴数(10滴)』と求められます。

つまり、アロマトリートメントオイル50mlを作る場合、まずはキャリアオイル50mlをはかり、そこに精油10滴を加えてかき混ぜれば完成です。

アロマトリートメントをする目的とは

天然の香りと心地よいマッサージは、心身共にリラックスした状態を作り出します。精油とマッサージで癒されるアロマトリートメントの目的を解説します。

体を元気な状態に近づける

アロマトリートメントはとても気持ち良いものです。私たちの体は自然にゆるんでいきます。緊張状態だった筋肉がやわらかくなるため、血流もよくなるのです。

マッサージには、筋肉をほぐし、血流を促進する働きがあります。それにプラスして、精油も疲労回復に役立つアイテムです。

アロマトリートメントでは、『マッサージと精油が相乗効果を発揮』します。

血流や凝りが改善されると、体は健康な状態に近づきます。全体のコンディションが高まるため、調子がよくなるのです。胃腸の動きが活発になり、マッサージ中にお腹が鳴ることもあるそうです。

香りから精神的なリラックス効果を得る

精油は花やハーブのよい香りがします。アロマトリートメントは、『香りによってリラックスできる施術』でもあるのです。リラックスすればゆっくり休めるので、心身の疲れが取れやすくなります。

ラベンダーやネロリなど、リラックスできる香りを使えば、さらにゆったりした気分で癒されるでしょう。仕事で緊張していると心と体を、じっくりほぐしてくれます。

アロマトリートメントに資格は必要?

アロマトリートメントをするために、特別な資格は必要ありません。医師や鍼灸師などのように国家資格があるわけではないからです。そのため、未経験で資格がなくてもアロマトリートメントに関連した仕事にチャレンジできます。

未経験で資格がなくても働ける

アロマセラピストとしてアロマトリートメントを仕事にできる場所は、エステサロン・マッサージサロン・ホテルのスパなどが代表的です。これらの職場なら、資格がなくても働ける可能性があります。

もちろん資格や経験があれば優遇される面もあるでしょう。しかし、必須ではありません。

なぜなら、施術の技術は、サロンごとに独自のものがあるからです。入社後はアロマトリートメントについて『研修で学べる職場がほとんど』であり、経験も資格もなくてもチャレンジすることができます。

資格があると仕事に有利

未経験で資格がなくても、アロマトリートメントを仕事にすることは可能ですが、資格を持っていると仕事に有利にはたらくのは事実でしょう。

専門的な知識やスキルを持っていることの証になり、職場によっては昇進や昇給の要件になっている場合もあります。

資格の取得は、仕事をしながらでも十分目指すことが可能です。さまざまな民間団体が定める資格があります。

『アロマセラピスト』や『アロマセラピーインストラクター』などを選んで、筆記試験や実技試験の勉強を進めましょう。必要な単位数だけ学科を受講しなければいけないものもあります。

資格が欲しい場合はアロマテラピーアドバイザーから

アロマセラピストを目指すためには、まず資格取得の要件を満たす必要があります。そのためには、まず『アロマテラピーアドバイザー』の資格取得が欠かせません。

取得要件を一つずつ満たしていき、順番に資格取得を目指しましょう。

現時点で何も資格を持っていない場合には、『アロマ検定1級→アロマテラピーアドバイザー→アロマセラピスト』という順で、資格を取ることになります。

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピーアドバイザー

アロマトリートメントで体も元気に

精油を使って体や顔をマッサージするアロマトリートメントは、心も体も健やかな状態に導きます。体の緊張をほぐし、血流を促進して、リラックス状態へと導きます。

マッサージに必要なアロマトリートメントオイルは、シンプルな材料と手順で構成されています。そのため、初めて挑戦する人でも作りやすいでしょう。

癒される香りや働きの精油を選べば、より緊張がほぐれて、リラックスできます。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME