まるで一眼レフで撮った美しさ?無料のおすすめ写真加工アプリ3選!

2019.07.27

スマホやSNSの爆発的に普及により、今やスマホを使って日常風景を撮影しSNSに投稿することは、老若男女問わず一般化しました。スマホやSNSの写真加工機能も年々レベルアップし、写真加工アプリも年々増加しています。この記事では、そんな方に向けて、まるで一眼レフで撮影したかのように美しく写真を加工できる無料のアプリを厳選して3つご紹介します。

一眼レフのように背景をぼかす

デュアルレンズが搭載されたiPhoneには、ポートレートモードという、一眼レフカメラのように背景をぼかす「ボケ」効果が備わっています。しかし実際に試してみると、上手くピントが合わない、イメージしていたぼかしと違うという声も少なくありません。そういった不満がある方は、アプリの力を借りてみましょう。

Focosで簡単にぼかし写真を撮影

Focosは既に撮った写真の背景などのボケ量を調整したり、ピントを変えたりといった画像加工が可能です。後から加工できるので、撮影スキルがない人でも、インスタ映えするような素敵な写真にできるというわけです。

またFocosなら絞りの形を変えて光量を調節できます。照明がぼけたようなオシャレな写真や、ユニークな写真を簡単に再現できます。

一部課金コンテンツもありますが、無料の機能で十分に使えます。ios版のアプリしかないのが残念ですが、非常に人気があるアプリなのでおすすめです。

Focos ios版:こちら

一眼レフのように食べ物を美味しそうに

食べ物を撮影することが多いという方に、おすすめのアプリは「Foodie-生活のためのカメラ」。

Foodie-生活のためのカメラ

このアプリのユニークな点は、食べ物の写真撮影に特化していることです。具体的には、テーブルの上にある料理を鮮明に撮影できたり、無音撮影ができるのでレストランなどで周囲を気にすることなく撮影が楽しめます。

さらに食べ物の写真に特化したフィルターが30種類以上も用意されています。SNSに日々の食事を投稿している方、インスタ映えする料理写真を撮りたいという方にうってつけです。このアプリは無料で使えて、ios・Androidの両方でインストールできるので、ぜひダウンロードしておきましょう。

プロも支持。一眼レフにように高品質な写真に

一眼レフカメラで撮ったような写真を、SNSなどに投稿したい方におすすめのアプリを紹介します。

VSCO

このアプリの特徴は、写真の加工機能に加え、写真家が集まるコミュニティが用意されていることです。プロのカメラマンや人気インスタグラマーからも支持されています。

コントラストの変更や回転、トリミングといった加工ツールが19個、写真の雰囲気を変えられるフィルタが10個も用意されていることに加え、「レシピ」という自分の加工手法をテンプレート保存できるのが魅力。毎回同じような加工をするのは面倒ですよね。サクッと画像編集したい方はレシピに登録しておきましょう。

このようにかゆいところに手が届く有能なアプリですが、特に優れている機能が「ピントの深度」と「RAW」での保存が可能という2つ。ピントの深度を調整することで、プロが撮ったかのように背景をぼかせます。また「RAW」とは、ファイルを保存する画像データのことです。

スマホでの一般的な保存形式は、JPGやPNGといった圧縮済みの画像データなのですが、RAWファイルなら未圧縮で画像を保存できます。RAWファイルの方が画像を美しく加工できるので、写真の品質にこだわりたい方はRAWファイルで保存しましょう。

アプリで写真を美しく変身させよう

実際に一眼レフカメラで撮影した写真にはまだ及びませんが、アプリを上手く使い、撮った写真を加工することで、品質の高い写真に変身させることはできます。アプリは無料で使えるので、まだダウンロードしていない方はさっそく使ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME