香水とフレグランスの違いとは?人気や作り方までご紹介!

2019.07.24

香水とフレグランスは同じものだと認識している人は多いですね。しかし、香水とフレグランスとは同じ香りのジャンルでも、用途や意味合いが違っているのをご存知ですか?そんな香水とフレグランスの違いや、人気の香り、作り方までをたっぷりご紹介します。

香水とフレグランスの違いとは?

香水のことをフレグランスと言うのでは?と思った人も多いでしょう。しかし、実際には香りを放つもの全般を指すのがフレグランスなのです。

フレグランスは香りの総称

フレグランスとは香りを持つもの全てのこと。香水はもちろん、シャンプーや石鹸、芳香剤や柔軟剤などといった香りが特徴の商品すべてに使える総称なのです。

香水よりも使用用途が多い

香水は主に肌に乗せたりふったりすることで、体温に反応して香りを放ちます。香水の中でも濃度によって呼び名が変わり、持続する時間や香りの濃さが変わります。

そんな濃度の濃い香水を部屋にまいてしまうと、とんでもなく強い香りが充満してしまうのは想像がつきますね。そして、気分が悪くなるようなことにもなりかねませんし、何よりコストが高くなってしまいます。

その点、部屋用の芳香剤やスプレーなどは空間にバランスよく香るように作られているので、柔らかな香りが空間全体を包んでくれます。

アロマオイルや精油も香りを持つ製品ですから、同じジャンルとして扱われます。このように、香りを持つ商品全体のことをフレグランス製品と呼んでいます。

香水やフレグランスの人気の香り

香水などのフレグランス製品で、人気の香りはどんな香りなのでしょうか。製品化される中で流行りなどもありますが、おおよそ人が心地よく感じる香りには共通点があるようです。

香水やフレグランスはメンズも気になる

香水やフレグランス製品で常に人気があるのは、フローラル系の香り。香水だけでなく、柔軟剤や芳香剤、シャンプーやボディソープなどでも年齢や性別を問わずに利用できるので人気があります。

また、フローラルと同じくらい常に人気のあるのが柑橘系のフレシュな香りです。常に香っていても居心地がよくリラックス作用もあることで、長く過ごすお部屋やバスタイムでストレス解消している人も多いでしょう。

香りを気にしたり取り入れているのはメンズも同じ。最近では自分の過ごす空間をフレグランス製品で素敵な香りにするために、メンズも香りには敏感になっています。

香水やフレグランスの系統

  • フローラル系:花の香りが基本のスタンダードな柔らかさが特徴。嫌味がなく長く香っても嫌味がない。花の種類の中にはさっぱりしたものや甘い香りなど、多くの種類があるのも、選ぶ上での楽しみポイントです。
  • 柑橘系:レモンやグレープフルーツ、ゆずやオレンジなどのスッキリとフレッシュな香りが特徴。柑橘類は皮に多くの香り成分が含まれているので、皮を絞るだけでも良い香りが楽しめます。
  • グリーン系:新緑や森を思わせるような清々しさがあり、配合によってはゆったりとリラックスできる香りや、気持ちが元気になる香りなど、好みによって合わせやすい香りです。
  • エキゾチック系:ちょっと気分を変えたい時や、ムードが欲しい夜などに向いています。いつもは使わない香りでも、パーティやデートなどセクシーで甘い香りが楽しめます。

香水よりも生活に取り込みやすい

香水よりも生活に取り込みやすいのは、すでにフレグランス製品が身の回りにあふれていることからもよく分かります。

フレグランスの人気は生活に密着している

一日の疲れを癒やすバスタイム。このバスタイムに全く香りがないと思うと変な気分になりませんか?入浴剤で香りを楽しむ人も多いですし、シャンプーやコンディショナー、石鹸やボディソープ、全てのものに香りがついているのが自然な生活で、フレグランスは密着した欠かせないものになっています。

フレグランスのミストは簡単に作れる!

フレグランス製品が多く商品化される中で、手軽に自分だけのフレグランスのミストが作れるので、是非試してみてください。

用意するものは、アロマオイル(精油でも可)と無水エタノールと精製水、後はミストできるスプレー容器のこれだけです。アロマオイルや精油は油ですので水には溶けません。このためにエタノールが必要ですが、こちらは薬局で手に入ります。

  1. 容器の4分の1ほどに無水エタノールを入れる
  2. アロマオイルや精油を入れて、ふたを締めて容器を振ってよく溶かす
  3. 残りの分量に精製水を加えてふたをしめて混ぜる

簡単に香りのミストが出来上りました!これには防腐剤などの添加物をはいごうしていないので、数週間で使い切る小さなスプレー容器を選びましょう。

また、アロマオイルによって香りの強さが違うのでそれぞれのアロマオイルやメーカーの基準はしっかり確認しましょう。ブレンドするのもおすすめです。

香水より使いやすいフレグランスで香りと生活する

香水も含んだ総称のフレグランス。今では香りに敏感なメンズも増えて、男性が好む香りの製品なども多く作られ、男性用の化粧品などにもそんな影響が出ています。生活に豊かな香りを取り入れるのも、フレグランス製品なら選びやすく簡単。素敵な香りに包まれて、毎日の生活を楽しいものにしてくださいね!

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME