世界に誇る日本のジュエリーブランド5選。定番から老舗まで

2019.07.24

日本には多くのジュエリーブランドがありますが、海外ブランドとどのような違いがあるかをご存知でしょうか?ついつい海外ブランドに目移りしがちですが、メイドインジャパンの高品質っぷりはジュエリーの世界にも当てはまります。そこで今回は、日本のジュエリーブランドの特徴を紹介していきます。

日本のジュエリーブランドの特徴

日本のジュエリーブランドと海外のジュエリーブランドの違いとして、「コストパフォーマンス」が上げられます。

海外の有名ジュエリーブランドは、「憧れ」の対象としての地位を確立するために、どうしても高価格になりがち。それに対して日本のブランドは、高いデザイン性と品質を兼ね備えながら、手に入れやすい価格帯を維持しているものが多いです。

最近ではそうした「メイド・イン・ジャパン」のジュエリーの人気が高まりつつあり、”本物”の価値がわかる大人の女性からの支持を得ているのです。

また、日本のジュエリーブランドは、豪華絢爛な装飾というよりは、シンプルで洗練された「和」を感じるデザインを取り入れているものも多くあります。そうした日本ならではの美意識が反映されている点も、日本人から愛され続ける理由かもしれません。

日本の人気ジュエリーブランド3選

では日本の人気ジュエリーブランドには、どのようなものがあるのでしょうか?まずは日本を代表する、3つの人気ジュエリーブランドを見ていきましょう。この3つを選んでおけばまず間違いないので、今後の参考にしてみてください。

4℃

1972年に創設されて以来、多くの若者に愛される新しいジュエリーブランド『4℃(よんどしー)』。そのジュエリーの特徴は、「シルバー」を基調とした「曲線美」で、シンプルながら本格的なシルバージュエリーを選ぶならまず検討したいブランドです。

若い女性にも人気のブランドですが、そのシンプルで洗練されたデザインは大人の女性の気軽な日常使いにも溶け込んでくれることでしょう。

気軽なプレゼントからプロポーズまで活用することができる、日本が誇る人気ブランドです。

VENDOME AOYAMA(ヴァンドーム青山)

創業者でもある山田稔氏が、ジュエリーの本場フランス・パリのアクセサリーを楽しむ風習に感銘を受けて創設したブランド『VENDOME AOYAMA(ヴァンドーム青山)』。余計な装飾は施さず、素材のもつ輝きを切り出し、日常に溶け込み長く愛されるデザインが魅力です。

流行に流されないオリジナリティあふれる作品づくりを支えているのは、他ブランドと比べて多いといわれる、専属のジュエリーデザイナーたち。個々のデザイナーたちの自由なイマジネーションとクリエイティビティを尊重する姿勢こそ、VENDOME AOYAMAが唯一無二の存在であり続けられる理由です。

大人の女性に似合う新しいジュエリーが欲しいとなった場合、VENDOME AOYAMAは外すことができないブランドです。

agete(アガット)

日本だけでなく、世界にも熱烈なファンがいるとされている、日本でも有名なジュエリーブランドとなっています。常にシンプルなデザインなのにも関わらず、どこか懐かしい雰囲気を醸し出すジュエリーの数々は、少し気分を変えたいときや特別なプレゼントにぴったりです。

初心者向けのジュエリーやお店によって限定物があったりと、常に顧客に満足度の高い商品を提供し続けています。プレゼントで悩んだらオリジナリティあふれるageteを検討してみてはいかがでしょうか?

安心の老舗!昔からある日本のジュエリーブランド3選

日本には人気のジュエリーブランドの他にも、昔から愛され続けている安心の老舗ブランドがあります。ではどういった老舗ブランドがあるのでしょうか?ここではそれぞれ老舗の日本ブランドを紹介していきます。

和光

明治時代に設立された宝飾店を前身とする『和光』は、現在に至るまで日本のジュエリー界をリードしてきた老舗です。その徹底した品質へのこだわりと洗練されたデザイン、ハイクオリティなサービスはまさにメイドインジャパンを象徴するブランドといえるでしょう。

日本のジュエリーの本場ともいえる、東京・銀座に本店を置き、「本物」を知る多くのマダムたちから今も愛され続けています。銀座の象徴とも言われている場所なので、近くを通りかかったらぜひ入店してみてください。

ウエダジュエラー

1884年に創業という古い歴史を持つウエダジュエラーは、日本でもっとも歴史のあるジュエリーブランドとして100年以上二わたり愛され続けるブランドです。どことなく和を感じさせる、シンプルでありながら優美で洗練された作品を作り続けています。

かつて帝国ホテルに店舗を構えていたこともあり、日本のみならず世界各国の著名人にもファンが多かったといわれています。日本のジュエリーブランドの価値をいまも世界に発信し続けているウエダジュエラーは、ジュエリーの歴史を語るうえで外せない存在といえるでしょう。

メイドインジャパンのジュエリーで大人の女性に

海外のジュエリーブランドが世間では注目されがちですが、日本のジュエリーブランドも負けず劣らず高品質なジュエリーを多く作りつづけています。ぜひお気に入りの日本のジュエリーブランドを見つけて、お気に入りのジュエリーを見つけてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME