一度は観ておきたい。ミュージカル『エビータ』の魅力を解説

2019.07.23

『エビータ』といえば映画を思い出す人が多いかもしれませんが、実はミュージカル版の方も大変優れた作品となっています。とくに曲が素晴らしく、ミュージカル好きの方には大変おすすめです。そこでこの記事では、『エビータ』のあらすじや曲をご紹介します。

ミュージカル『エビータ』とは

『エビータ』は、1976年にリリースされたロック・オペラ・コンセプト・アルバム『Evita』を起源としています。

作曲はアンドリュー・ロイド=ウェバー、作詞はティム・ライスが手掛けています。

1978年、イギリスのロンドンで上演され、ローレンス・オリヴィエ賞新作ミュージカル賞を受賞。

1979年にはニューヨークのブロードウェイで上演され、イギリスのミュージカル初となるトニー賞ミュージカル作品賞を受賞しています。

また、1996年には、マドンナおよびアントニオ・バンデラス主演で、ミュージカル映画『エビータ』が製作されています。

この映画『エビータ』はほぼすべてのセリフが歌で構成されており、ミュージカルが苦手な人からは不評だったようですが、その一方でマドンナとアントニオ・バンデラスの歌声が素晴らしく、この映画によってミュージカル『エビータ』興味を持ったという人も多かったようです。

ミュージカル、エビータのあらすじ

以下では『エビータ』のあらすじをご紹介します。

1952年7月、大統領夫人エバ・ペロン死去。享年33歳。厳かに運び込まれる彼女の棺。

エバの国葬が行なわれている。国民は希望を失い、悲嘆に暮れている。 その傍らには、この狂乱を冷ややかに眺めているチェの姿があった。

チェは思っていた。エビータと呼ばれ愛されたエバ・ペロンは、祖国アルゼンチンと、民衆の期待を裏切って、自分ひとりが栄華をほしいままにして、今、世を去ったと。

エビータは、1919年5月7日、ブエノスアイレスから150マイルほど離れた、パンパ(アルゼンチン地方特有の草原地帯)の寒村に生まれ、エバ・マリア・ドゥアルテと名づけられた。私生児だった。

1926年、幼い頃から貧困とその惨めさを嫌というほど味わってきたエバ。貧しさゆえ、私生児ゆえに蔑まれた経験は、彼女の中で中流階級への敵意となって根付いていった。

富と名声に憧れ、首都ブエノスアイレスに思いを馳せるひとりの少女が、そこにいた。

1934年エバ15歳。生まれ故郷のナイトクラブで知り合ったタンゴ歌手、マガルディと共に、都会ブエノスアイレスに出て来た。

野心を抱いたエバは、男から男へと渡り歩きながら人生の階段を登っていく。

ラジオを通じてスターとなったエバは、福祉大臣ペロンとチャリティ・コンサートで出会い、たちまち意気投合。

1946年、労働者の心を掌握したペロンは大統領に就任、エバも念願のファーストレディの座を手に入れる。

泣かないで アルゼンチーナ この身 果てるとも 心から結ばれた 永遠の仲間たち これだけなの この世に残しておきたいのは たったひとつのまごころを あなたのもとに

死を目前にしたエバの脳裏を、過ぎ去った様々なできごと、栄光に満ちた日々、様々な人々の姿がよぎっていく…。

(出典:劇団四季 エビータ公式サイト

『エビータ』はアルゼンチンのフアン・ペロン大統領が政権を獲得する前後の時代を舞台にしています(フアン・ペロンは1946年に大統領に当選)。

そして、物語の主人公は、フアン・ペロンの2度目の妻であるエバ・ペロンです(タイトルの「エビータ」とはエバ・ペロンのことです)。

劇中では、エバ・ペロンの生い立ちや、国民からの絶大なる人気、慈善事業活動、そして死までが描かれています。

当時のアルゼンチンは第二次世界大戦には参戦せず、中立国の立場をとっていました。(大戦末期に連合国側として参戦)

しかし実際には、あきらかに日本やドイツといった枢軸国よりの姿勢をみせており、そのことが原因で、アメリカとの関係が悪化していきます。

そのため、後に大統領になるフアン・ペロンも、大統領当選の前年には、アメリカが後押ししたクーデターにより拘束されたことがありました。

ミュージカル『エビータ』は、このような史実・歴史的背景を踏まえて作られた作品なのです(ただし、その内容自体はあくまでもフィクション)。

エビータは曲が素晴らしい

ミュージカル『エビータ』に使用されている曲は名曲ばかりです。

これまでに数多くのアルバムが発売されていますが、日本人にとってなじみがあるのは、映画『エビータ』のサウンドトラックではないでしょうか。

映画『エビータ』のサウンドトラック

以下は、映画『エビータ』のサウンドトラックの曲目です。

  1. レクイエム・フォー・エビータ
  2. ホワット・ア・サーカス
  3. オン・ディス・ナイト・オブ・ア・サウザンド・スターズ
  4. エバ・アンド・マガルディ
  5. ブエノス・アイレス
  6. アナザー・スーツケース
  7. グッドナイト・アンド・サンキュー
  8. グッド・フォー・ユー
  9. ベロンズ・レイテスト・フレイム
  10. ニュー・アルゼンチーナ
  11. ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ
  12. ハイ・フライング・アドアド
  13. レインボー・ハイ
  14. マネー・ケプト・ローリング・イン
  15. シーズ・ア・ダイアモンド
  16. ワルツ・フォー・エバ・アンド・チェ
  17. ユー・マスト・ラヴ・ミー
  18. ファイナル・ブロードキャスト
  19. ラメント

「エビータ」には様々な曲調、ジャンルの曲が使用されており、そのどれもが名シーンを作りだしています。

なかでも「ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ」は非常に有名な曲で、曲名は知らなくても、ほとんどの人が一度は耳にしていることでしょう。

これらの曲はミュージカルの方でも使用されていますから、予習として事前に聴いておくのも良いでしょう。

  • 商品名:Evita The Complete Motion Picture Music Soundtrack
  • AmazonMusic:商品ページ

一度は観ておきたいミュージカル、エビータ

『エビータ』は第二次世界大戦前後のアルゼンチンを舞台にした物語です。

日本人にとっては比較的なじみの薄い舞台だとは思いますが、だからといってストーリーが分かりにくいということはありません。

むしろ、当時のアルゼンチンの情勢がよく分かる作品となっています。

また、曲が非常に素晴らしいので、サウンドトラックを聴くだけでも楽しむことができる作品です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME