マカロンのプレゼントが意味することは?贈る前に知っておきたいスイーツの意味

2019.07.23

マカロンは今ではすっかり聞きなれた言葉です。よく考えると変わった名前ですが何か意味があるのでしょうか。またバレンタインデーやホワイトデーにマカロンをもらったときは、どんな意味があるのでしょうか?この記事では、意外と知らないマカロンの秘密に迫ります。

マカロンの名前の由来は?

マカロンのイメージといえば、色とりどりの少し高級なお菓子というイメージを持っている人が多いでしょう。そんなマカロンはどこで生まれたものなのでしょうか。そしてマカロンの名前の由来はなんなのでしょうか。

マカロンはフランスで生まれたお菓子

マカロンはフランスで生まれたお菓子です。マカロンは「maccherone」という言葉が語源となっているとされており、これは「小麦粉を使った生地を薄くのばして作られた食べ物」という意味があるそう。

日本人にもなじみのある現在のマカロンは正式名称を「マカロンパリジャン」といい、パリの有名お菓子店、そして今でも日本で有名のマカロン店『ラデュレ』が考案したものといわれています。

マカロンの発祥はイタリア?

マカロンがお菓子として生まれたのはフランスなのですが、発祥はイタリアといわれています。実はイタリアで「maccherone」というのはマカロニのことを指す言葉です。

イタリアではパスタのマカロニが、フランスに持ち込まれてお菓子のマカロンになったそうです。そのため発祥はイタリアだといわれているのです。マカロンとマカロニが同じ語源や由来だったとは驚きです。

マカロンの色には意味があるの?

マカロンといえばカラフルであざやかな色を思い浮かべるという人もいると思いますが、マカロンの色には何か意味があるのでしょうか。

色にとくに意味はない

マカロンの色についてはとくにメッセージ性があるわけではないようです。色に意味があるというより、素材の色を表しているのです。いちごであればピンク、柑橘系であればオレンジや黄といったように食材そのものを表す色になっていることが多いようです。

色はどうやってつけているの?

マカロンの色はあざやかなものが多いですが、どのように色をつけているのでしょうか。簡単なのは食紅を使うことですが、天然の色にこだわっているお店もあります。食紅を使わない場合は、果物のパウダーなどで色づけしています。

バレンタインやホワイトデーに贈る意味

バレンタインデーやホワイトデーにマカロンをもらったり贈ったりした経験がある人は多いでしょうが、マカロンを贈るというのはどのような意味を表すことになるのでしょうか。

マカロンを贈る意味は、相手に「あなたは特別な人」と伝える意味になるといわれています。色とりどりの見た目が華やかで、高級感もあり、非日常を演出してくれるお菓子だからというのが「特別感」を出してくれるということなのでしょう。恋人へのホワイトデーのお返しは、マカロンなら喜ばれること間違いなしです。

他にもホワイトデーのお返しのお菓子にはさまざまな意味があり、飴は長く楽しめるので「あなたとずっと一緒にいたい」、クッキーはサクッという食感から軽いので「友達でいましょう」、マシュマロはすぐに消えてなくなってしまうため「嫌い」という意味があるそうです。お返しを選ぶときはお菓子の意味も知らないと勘違いが起こってしまうかもしれません。

マカロンはプレゼントにぴったり

あのかわいらしい見た目のマカロンの始まりがマカロニだったとは驚きです。マカロンは特別な人へのプレゼントにはぴったりのお菓子です。大切な人のプレゼントにはマカロンを選んでみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME