自宅をホームシアターに改造。これさえあれば始められる機材を紹介

2019.07.23

ホームシアターを始めるには、どのような機材が必要となるのか困っている人も多いと思います。そこでこの記事では、ホームシアターに必要となる機材やおすすめ商品を紹介。ぜひ、参考にしてみてください。

ホームシアターとは

ホームシアターとは、専用のスクリーンやプロジェクターなどの機材を用いて、映像を映し出すことを言います。さながら映画館のような環境を自宅に作りだすことができ、最近はこだわりのホームシアターを楽しんでいる人も多いようです。

購入すべき機材

そんなホームシアターを自宅で設置する場合、どのような設備があればよいのでしょうか?

最も簡易的なホームシアター環境としては、「スピーカー内蔵のプロジェクターを購入し、白い壁に映し出す」というスタイルでしょう。これだけでも、テレビで見るより格段に大迫力の映像を楽しむこともできます。

本格的なホームシアターに必要なのが、「スクリーン」「スピーカー」「プロジェクター」の3つです。スクリーンは先述の通り白い壁でも代用できます。

よりリアルな映像の音を楽しみたい場合は、別売りのスピーカーを使用するのがおすすめ。さらなるこだわり派になると、複数スピーカーを設置し、AVアンプでつなぐことで前後左右から大迫力の音響を楽しむこともできます。

また、プロジェクターは映像を映し出すのに必要になってくる機材です。これがなければホームシアターとは呼べません。製品によって焦点距離(※映像を映し出すために最低限必要なスクリーンとの距離)が異なりますので、部屋の間取りやスクリーンの配置を考えて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

おすすめスピーカー

ホームシアターを始めるにはスピーカーも必要。ということで、ここでホームシアターにおすすめのスピーカーを紹介します。

ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10 

最初に紹介するのは「ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10 」です。このスピーカーは、コンパクトでありながら、低域から高域までをクリアに鳴らしてくれるハイレゾ対応。どんな音楽もクリアにそして、美しく聴くことができます。

ワイヤレスで小さめなので、ホームシアター初心者にはうってつけ。まずは気軽にホームシアターを楽しんでみたいというひとにおすすめです。

  • 商品名:ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10
  • 参考価格:21,342円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ワイヤレススピーカー 重低音モデル

続いて紹介するのは「ワイヤレススピーカー 重低音モデル」です。このスピーカーは、音楽に合わせてライトが点灯するライティング機能を搭載し、大音量で大迫力を演出してくれる優れものです。スマートフォンでワイヤレス操作を行うこともでき、重低音が響く迫力の音響を便利に楽しめます。

アクション映画などをよく観る方におすすめしたいモデルです。

  • 商品名:ワイヤレススピーカー 重低音モデル
  • 参考価格:29,500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おすすめプロジェクター

ホームシアターと言えば忘れてはいけないのが、プロジェクター。ここでは、おすすめのプロジェクターを紹介します。

プロジェクター ポータブルLSPX-P1

最初に紹介するのは「プロジェクター ポータブルLSPX-P1」。このプロジェクターは、スピーカーが内蔵されているコンパクトタイプ。超単焦点プロジェクターなので、場所をとらずに大画面で映像を堪能できます。

  • 商品名:プロジェクター ポータブルLSPX-P1
  • 参考価格:84,000円(税込)
  • Amazon:商品ページ

フルハイビジョンホームシアタープロジェクター VPL-HW60B

続いて紹介するのは「フルハイビジョンホームシアタープロジェクター VPL-HW60B」。このプロジェクターの魅力は、なんといってもその圧倒的な解像度。ソニー独自の反射型液晶デバイス「SXRD」を搭載し、美しい映像を忠実に再現してくれます。基本的な性能のみのため、初心者でも利用しやすくなっています。

  • 商品名:フルハイビジョンホームシアタープロジェクター VPL-HW60B
  • 参考価格:194,800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ソニー商品で素敵なホームシアター空間を作ろう

ホームシアターを始める上での、購入すべき設備について紹介しました。ホームシアターをより映画館に近づけるためには、プロジェクターのみならず、スピーカーもとても重要です。

ホームシアターの世界は奥が深く、この記事で紹介したのはどれもライトな初心者向け。ぜひ、今回の記事をきっかけに、こだわりのホームシアターの世界を開拓してみてください。

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME