世界の哲学的名言で恋愛を語ろう。心に響く7つの名言を紹介

2018.10.01

哲学者の名言には、知を探求した者ならではのとても深い意味が込められています。恋愛に悩んだら、一度立ち止まって哲学者の名言を聞いてみると、答えが見つかるかもしれません。そんな恋愛に関する哲学的名言を紹介します。

哲学とは

哲学と聞くと「難しそう…」と敬遠してしまう人もいるでしょう。しかし、哲学はとても身近なものです。普段の行動が哲学の一端ということもあります。

哲学とは人生や世界や物事の在り方を追求する学問です。「善・悪とは?」といった概念的な話から、「なぜ人はこんな行動をするのだろう?」といった日常的な疑問の延長まで、哲学の一部になります。

哲学者とは、そういった答えの見つけにくい事象の根源的な在り方を、それこそ人生をかけて探求し、解答を生み出している人を指す言葉なのです。

哲学は恋愛にも役に立つ?

哲学の中には男女の恋愛に関するものも含まれています。哲学者の中には、夫婦の在り方や異性へのアプローチの仕方などに関して研究している人も少なくありません。

恋愛で迷うことがあったら、物事を深く探求してきた先人たちの言葉を参考にしてみましょう。

恋愛を後押ししてくれる名言

恋愛に臆病になっていませんか?「この人と付き合って大丈夫だろうか…」などと悩んで行動に移せなければ、せっかくつながった縁が切れてしまうかもしれません。そこで、恋愛を後押ししてくれる、哲学者たちの名言を2つ紹介します。

新たな恋の始まりに

新たな恋の始まりを感じたけれど、「本当にこの人のことが好きなの?」「この人で大丈夫かな?」としり込みしてしまいそうな人には、この言葉を送りましょう。

「賭けなきゃ。自分を投げ出さなきゃ。恋愛なんて始まらないじゃない(岡本敏子)」

岡本敏子は世界的に有名な芸術家『岡本太郎』の養女であり、妻であり、岡本太郎の死後は岡本太郎についての著書を数十冊以上も執筆した女性です。生前から死後にかけて夫を支え続けた彼女の愛のあり方は参考にすべき点たくさんあります。

今回取り上げた言葉も、そんな愛を経験した人の言葉だと思うと重みが増しますね。

好機を逃さないことが大切

恋愛で大切なこととはなんでしょうか。「いつも恋愛がうまく行かない…」という人は、この名言を参考にしてみましょう。

「恋愛で第一に大事なことは何かと聞かれたら、私は、好機をとらえることと答えるだろう。第二も同じ、第三もやはりそれだ(モンテーニュ)」

モンテーニュはフランスの思想家です。『随想録(エセー)』の著者として、歴史の教科書で馴染みがある人も多でしょう。

宗教戦争に巻き込まれるなど、激動の時代を経験し、人間観察を深めた彼は、モラリストとして時代の思想に大きな影響を与えた人物でもあります。

恋愛がうまく行かないという人は、モンテーニュの恋愛論を参考に、好機を逃さないことを心がけてみましょう。

心に響く恋愛の名言

名言の中には、恋愛の良さがありありと伝わってくるような文章があります。思わず恋愛がしたくなってしまうようなものばかりです。そこで、そんな名言の中から『心に響く恋愛の名言』を3つピックアップしてみました。

もっと自由に恋愛を謳歌しよう

「恋愛が苦手…」という人は、もっと恋愛を自由に感じてみましょう。フィレンツェの芸術家として多くの人を魅了したメディチ家のロレンツォが青春時代を歌った歌にこんな歌詞があります。

「青春とはなんて美しいものだろう 喜びを感じたければ、さあすぐに 確かな明日などないのだから(ロレンツォ)」

これは、日本で大正期に発表され流行歌となった歌謡曲『ゴンドラの唄』にも引用されたのではないかと言われている文章です。ゴンドラの唄では上記の歌詞をこのように歌っています。

「命短し恋せよ乙女 朱(あか)き唇あせぬ間に 熱き血潮の冷えぬ間に 明日の月日はないものを」

乙女と書いていますが、男性にも当てはまります。一度きりの、なにがあるかわからない人生です。思い切って恋を楽しみましょう。

現実が夢を超えるとき

恋愛の良さ、楽しさがイキイキと伝わってくる名言があります。

「恋に落ちると眠れなくなるでしょう。 だって、ようやく現実が夢より素敵になったのだから(Dr.スース)」

Dr.スースは絵本作家であり、絵本を通じて子どもたちの識字率向上を成し遂げた人物でもあるのです。そんなDr.スースの名言は、恋の希望に満ち溢れたものになっています。夢より素敵な現実を見るために、恋を頑張ろうと思わせてくれる言葉です。

恋をすると愛を囁きたくなる?

偉大な哲学者のひとりであるプラトンは、恋愛に対してこのように述べています。

「愛に触れると誰でも詩人になる(プラトン)」

プラトンといえば、古代ギリシャの有名な哲学者で、アカデメイアと呼ばれる学校を設立した人物でもあります。プラトンは恋愛に関する名言も数多く残しているのです。

どんな人物でも思わず詩人になってしまうような力が、恋愛には秘められています。恋をして「ちょっと恋愛に溺れすぎているかも…?」と思う経験は、誰にでも起こりうるものなのです。

恋愛に悩む人に捧げる名言

恋愛はキラキラと美しいだけではありません。ときに悩んだり、涙を流したりする場合もあるでしょう。そこで、恋愛に悩む人にピッタリの名言を2つ紹介します。

物理の天才も恋愛にはお手上げ?

物理の天才として、物理学の発展に多大な貢献をしたアインシュタインは、恋愛に関してこんな言葉を残しています。

「恋につまずくのは簡単。恋に落ちると厄介(アインシュタイン)」

『恋につまづくくらいなら立ち直れるが、一度恋に落ちてしまうとなかなか抜け出せない』という意味の言葉です。いくら天才だったとしても、恋愛に悩むことはあります。恋に落ちるのは厄介だと語れるような経験もしたのでしょう。

恋に悩むのは誰もが通る道だと受け止めて、悩みすぎないようにしましょう。

人生も恋愛も時には涙を流すもの

アメリカの詩人、小説家、ジャーナリストとして活躍し、詩人としてはピューリッツァー賞も受賞したカール・サンドバーグは以下のように語っています。

「人生とはタマネギみたいなもの。一皮ずつむいていきながら、たまに涙を流す(カール・サンドバーグ)」

『人生は山あり谷あり、涙を流すこともときには必要だ』という意味の名言です。恋愛でつらい経験があっても、それは逆にとらえれば成長するチャンスとなります。悩みがあっても前向きにとらえて、乗り越えましょう。

今も昔も恋は甘く切ないもの

名言には、恋愛に対する暖かな気持ちがあふれるものもあれば、少し切ない気持ちが伝わるものもあります。世界の偉人たちも、恋愛についてはさまざまな経験をしてきたようです。

名言の中には、先人の深い知識と経験をもとに語られた言葉だからこそ、納得できるものもあります。自分の心にスッと入ってきた名言は、今後も心の支えとなってくれるでしょう。

今も昔も、恋愛に悩む人々の気持ちに変わりはありません。何か恋について悩みがあったときには、過去の偉人たちが編み出した名言を読んで参考にしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME