ミステリー体験ができる方法11選。おすすめスポットやアプリを紹介

2019.07.19

ミステリー的な体験をする方法をまとめてみました。日本の謎多きスポットから、海外の定番ミステリー映画まで押さえれば、お気に入りを見つけられるでしょう。パワースポットやアニメなど多彩なジャンルにまたがって紹介するので、参考にしてみてください。

人々をワクワクさせるミステリー体験

人々をワクワクさせる魅惑のミステリー体験は、謎を追求していくことによるワクワク感とドキドキ感を味わいながらも、自分の予想と違った時の衝撃を体験できます。まずはミステリー全般について知っておきましょう。

ミステリーとは何か

ミステリーとは、小説や漫画などの創作物におけるジャンルの1つで、発端の『不可思議性』・中途の『サスペンス』・結末の『意外性』の3つの要素で定義されています。ミステリーを推理小説と同義に扱うケースなどもあります。

  • 発端の不可思議性:奇妙な事件や謎で惹きつける要素
  • 中途のサスペンス:謎の提示と最終的な解明をつなぐ要素
  • 結末の意外性:予想を裏切る形の謎の真相が解明される結末

このようにミステリーは、用意された謎を解き明かす楽しみと、予想通りなのか、それが裏切られる衝撃の結末なのかを最後までドキドキしながら楽しめるという魅力を持つジャンルと言えます。

未解決事件系ドラマシリーズは根強い人気

ミステリーの魅力については、未解決事件系ドラマシリーズが長く支持を集めていることからも分かるでしょう。

例えば、海外ドラマの『X-ファイル』シリーズはドラマ仕立てで謎を追うヒューマンドラマとSFが融合したミステリーですが、1993年の開始以来、2018年のシーズン11まで、中断をはさみつつ四半世紀にわたって放映されています。

真実を追い求め、説明がつかないと言われている事象を解明しようとするFBI捜査官の態度は、ミステリーに魅了され続けている多くのファンと、そっくりそのまま重なるのではないでしょうか。

歴史ミステリーを探りに行く

ミステリーの定義と人気を確認したところで、具体的なミステリーの世界に触れてみましょう。

まずは歴史ミステリーです。歴史には多くのミステリーが遺されていますが、そこから3つをチョイスしてご紹介します。

古代出雲大社の建造にまつわる謎

島根県に現存している出雲大社本殿の高さは24.2mで、大社造りのどっしりとした姿を持っており、日本でも屈指の高さがあります。

しかし、残されている本殿の図面を見てみると、巨大な柱に支えられて今の倍も高かったことが記されていたのです。

そんな巨大な建造物が可能なのか、シミュレーションを重ねた結果『可能』と判断されていましたが、決定的な証拠がなく研究が続けられていました。

その後、2000年になって大社の敷地の掘り返していたところ、巨大な3本柱が見つかり、シミュレーション結果が現実に裏付けられることとなったのです。

なぜ、誰が、このような大規模な建築を試みたのかは謎のままですが、残された伝承は確かに正しいものと判明し、話題となりました。

六道珍皇寺の冥界に通う井戸とは

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)は京都では歴史の古いお寺で、昔から六道の分岐点(この世とあの世の境)といい、その境内に冥界への入り口があると信じられています。

冥界への入り口というのは、境内にある『冥土通いの井戸』という井戸です。文武両道に優れ、学者・詩人・歌人として知られていた平安時代の小野篁(おのの たかむら)は、閻魔(えんま)王宮の役人という伝説があり、夜ごと冥界に通うために使っていたと言われています。

ただ、具体的にどのように使われていたのかなど、現在でも解明されていることは僅かです。近年では、冥界から戻るのに使われていたとされる『黄泉がえりの井戸』も見つかり、水も枯れずに今でも湧き出ています。

松山城の不可解な3つの謎

かつて愛媛県松山市にあった、徳川家康の頃に建てられた城『松山城』にも、不可解な3つの謎が残されています。

1つ目は、15年ほど前の補修工事のときに見つかった『侍の似顔絵』です。焼失した天守の再建時に描かれた落書きと言われていますが、この侍が誰なのかなど、詳細はわかっていません。

2つ目は松山城天守の設備の謎です。本来、天守とは戦闘用の場ですが、松山城の天守には天井板があったり畳が敷けたりと、生活用に整えた形跡があります。

3つ目が、天守の再建についての謎です。『武家諸法度』によって、築城や増改築が禁止された後に落雷で天守を焼失しながら、なぜ再建が行なわれたのか、詳しい事情は不明のままです。

これらの謎については諸説ありますが、多くの人の関心を集め、今でも研究が続けられていることは確かです。

謎が多いパワースポットへ

各地にあるパワースポットと呼ばれる場所にも謎が多く残されており、ミステリー好きにはたまらないポイントです。中でも有名な、謎多きパワースポットを3つチェックしてみましょう。

押戸石の丘のはさみ岩

熊本県の黒川温泉からほど近い地点にある、押戸石(おしといし)の丘の『はさみ岩』は、夏至はその隙間から太陽が昇り、冬至には太陽が沈むとされている巨大な列石遺構です。

おそらくは人工的に石が配置されたと推測できますが、なぜ石を配置したか、という点については何もわかっていません。ただ、昔から祭礼などに使われていた場所であることから、何らかのパワースポットだと考えられています。

現在でも、シュメール文字が刻まれた石や、磁気を発生している石が見つかるなどの報告が挙げられていますが、残された謎も多く、ミステリアスなスポットです。

不思議なパワーを持つ円明院

不思議なパワーを持つと言われている円明院は、福島県の南相馬市にある、パワースポットとして有名なお寺です。

海岸線から500mほど陸に入った場所に建っているこのお寺には、東日本大震災のときに押し寄せた津波がお寺の前で止まった、という逸話が残されています。

周りの民家は津波に流され全壊だったのにもかかわらず、円明院は無傷という謎だけにとどまらず、UFOが飛んでくる場所としても有名です。

津波前からパワースポットとして有名だった円明院ですが、今ではご利益があるとして多くの参拝客で賑わっています。

奄美大島のミステリーサークル

鹿児島県に属する奄美大島は、エンドレスブルーと呼ばれるきれいな海が特徴で、ダイバーも多く足を運ぶ人気のスポットとして知られています。

そんな奄美大島で、1995年ごろにダイバーが見つけたのが海底の砂地に現れた精密なミステリーサークルでした。

誰が何のために作っているのか調べられ、小さなふぐの一種であるアマミホシゾラフグが作っていることが判明しましたが、なぜサークルを作り上げるのか、なぜ奄美大島でだけ見られるのか、など依然として謎に包まれたままです。

ミステリー映画で推理を楽しむ

ミステリーと言えば、部屋でミステリー映画を楽しむのもまた格別な楽しみ方です。人気のミステリー映画の中から、これだけはチェックしておきたいという3つを紹介するので参考にしてみてください。

天才が事件を解決 容疑者Xの献身

『容疑者Xの献身』は、天才物理学者と女性刑事のコンビが難事件を解決するテレビドラマ『ガリレオ』の、劇場公開作品です。

天才数学者のガリレオこと湯川学が、幾重にも仕掛けられた謎を、その頭脳で解き明かす姿は颯爽としており、衝撃のラストを味わえます。

完璧な犯罪を作り上げようとする犯人の手口は、謎が多く簡単には解明できません。それだけに、結末まで観終えたカタルシスは何物にも代えがたいものです。

  • 商品名:容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
  • 価格:5300円(税込)
  • Amazon:商品ページ

これは冤罪か ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

『ライフ・オブ・デビット・ゲイル』は、死刑と冤罪がテーマの映画で、さまざまな人の思いがそれぞれの人生を左右する、謎と真相究明のミステリーと言えるでしょう。

ストーリーは、波乱の人生を送ってきた死刑囚に取材する女性記者が、その死刑囚が関わったとされる、レイプ殺人事件の真相に迫っていくというものです。

本当に犯罪を犯してしまったのか、真実はどこにあるのかなど、死刑囚の人生にある『謎』が解き明かされていき、衝撃の結末を迎えます。自分自身の在り方と向き合いながらも、ミステリーのよさを味わえる作品です。

  • 商品名:ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [Blu-ray]
  • 価格:952円(税込)
  • Amazon:商品ページ

暗号を読み解く ダ・ヴィンチ・コード

『ダ・ヴィンチ・コード』は、世界的にベストセラーとなった小説を映画化したものです。名画に隠された暗号の謎を追う大学教授の姿を描くミステリーで、予備知識がなくてもハラハラ、ドキドキの展開で楽しめます。

原作に忠実な映画化であるため、歴史についての挑発的な仮説もありますが、壮麗な城や教会、美術館などを舞台にしたストーリーは、歴史的な考証も重ねられ、説得力を持っています。

長くもやもやとした謎が続くミステリーではなく、一つひとつ解明されていくストーリーのため、気持ちよく観られるでしょう。

  • 商品名:ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション  [Blu-ray]
  • 価格:1500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

人気推理アニメの世界に入る

ミステリーの世界観は、アニメーションにも取り入れられています。そうしたアニメを題材にした展示や、ゲームであれば、単に映画を観るよりも、より能動的にミステリーの世界を堪能できるでしょう。

名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理

『名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理(アブダクション)』は、美術館に行きながらミステリーを全身で味わえる『体験型展示』です。

実際に提示されている証拠に触れ、自分で謎を解き明かす体験ができるため、家族連れでも十分に楽しめます。

9月1日までは長崎県美術館で、その後は大分県立美術館で開催スケジュールが組まれています。今後の予定もチェックしつつ、タイミングをあわせて体験してみるとよいでしょう。

名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~

レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

大人気ミステリーゲーム『レイトン教授』シリーズの続編として発表された『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』は、レイトン教授の娘であるカトリーエイルを主人公にした作品す。

昨年から今年にかけてアニメ化もされ、人気になったカトリーエイルですが、ゲームの方は当初の携帯ゲーム機から舞台を移し、現在はスマートフォン用のアプリゲームとして配信されています。

かわいいキャラクターが、ロンドンでの怪事件の謎に迫るストーリーには、ドラマチックな展開や笑える要素がたっぷりと含まれています。子供も大人も関係なく、事件を解決する謎解きを楽しめるでしょう。

  • 商品名:レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀
  • 価格:1900円+アイテム課金(課金なしでエンディングまでプレイ可)
  • iPhone:商品ページ
  • Android:商品ページ

あの手この手でミステリーにどっぷり浸ろう

ミステリーの世界は、自分で考えた予想との違いや、どんでん返しの結末を楽しみにする興奮を味わえます。世代を問わず楽しめるのも利点と言えるでしょう。

謎が謎を呼ぶ難解なものから簡単な謎解きまで、映画やアニメ、ドラマにゲームなど、ジャンルを問わず続々とミステリーは生まれてきます。

ちょっとした休みのひとときに、非日常の謎を解き明かす楽しみを取り入れてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME