コーヒーフィルターがないときの代用品!身近な「あるモノ」とは?

2019.07.17

味わい深いコーヒーを自宅で作るためには、正しい淹れ方を理解し、道具を適切に準備することが重要です。誰でも手軽にできるペーパードリップの入れ方と必要な道具について解説し、道具がない場合の対処法も紹介します。

ペーパードリップに必要な道具

ペーパードリップでコーヒーを作るために、必要な道具を確認しましょう。

ドリッパー

ドリッパーは『フィルターをセットするための道具』です。基本的にはカップに乗せて使うような形状になっています。

様々な素材のドリッパーが販売されていますが、慣れないうちは安価で使いやすいプラスチック製のドリッパーを選ぶとよいでしょう。

ドリッパーの底には、一般的に1~3個の穴が開いています。一つ穴タイプはコーヒーがゆっくり抽出され、コクのある濃厚な味わいになり、三つ穴タイプはコーヒーが素早く抽出され、雑味の少ない軽やかな味わいになります。

ペーパーフィルター

コーヒーフィルターは、大別すると『紙製のフィルター』と『金属フィルター』に分けられます。金属フィルターは繰り返し使えるメリットがありますが、洗浄の手間がかかり高価なため、一般的にはペーパーフィルターが多く利用されています。

フィルターの形状はドリッパーに依存するため、あらかじめ使うドリッパーの形状を把握しておく必要があります。

また、粉を量る際は、計量カップがあると便利です。コーヒーの粉をできるだけ正確に量ることで、味を均一にしたり、味の調整を細かく行ったりすることが可能になります。

ドリップポット

ドリップポットは、『フィルター内の粉にお湯を注ぐ』ための専用ポットです。ドリップポットを使うと、お湯を注ぐスピードをコントロールしやすくなります。

注ぎ口が細く、長くなっている点もドリップポットの特徴です。お湯を注ぐ量を調整しやすい構造になっています。ドリップポットがない場合は、注ぎ口が細いやかん等で代用しましょう。

また、ドリップする際に重要な『蒸らし』の時間を計るために、タイマーがあるとよいでしょう。蒸らす時間を毎回同じに揃えることで、味を均一に保てます。タイマーは抽出時間を計れる点でも便利な道具です。

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーは、『ドリッパーから抽出されたコーヒーを受ける容器』です。耐熱のガラス製品が多く販売されています。

ガラスの側面に目盛りがついたコーヒーサーバーの利用がおすすめです。抽出量がひと目で分かり、毎回安定した味を出しやすくなります。

目盛りつきのコーヒーサーバーがない場合は、キッチンスケールが役立ちます。サーバーの重さをあらかじめ引いて計量できる、風袋引き機能付きのキッチンスケールが便利です。

ペーパードリップの淹れ方

ペーパードリップでコーヒーを淹れる基本的な方法と、美味しく淹れるためのコツを紹介します。

今日から実践できる、抽出方法

まずはドリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒー粉を量り、ドリッパーに入れましょう。一般的には、120㏄のコーヒー1杯あたり、コーヒー粉10gが適量です。

続いて1回目のお湯を注ぎましょう。中心から外側にかけて『の』の字を描くように、粉全体にお湯を染み込ませるように、少しずつゆっくりと注ぎます。

粉の表面が膨らんだら、20~30秒待ちましょう。この作業が、コーヒーを美味しくするために重要な『蒸らし』です。

蒸らし終えた後は、本格的に抽出するため2回目のお湯を注ぎましょう。1回目と同じように、中心から『の』の字を描くように注ぎましょう。

抽出したい量のコーヒーがサーバーに溜まった時点でドリッパーを外し、カップに注げば完成です。抽出液を最後まで絞ると味にえぐみが出やすいため、人数分の抽出が終わり次第すみやかにフィルターを外しましょう。

美味しく淹れるためのコツは?

抽出温度が下がらないようにするため、道具はできるだけ温めてから使うようにしましょう。サーバーにドリッパーだけをセットしお湯を注げば、どちらも同時に温められます。

味を均一にするため、粉やお湯の量を、工程ごとに正確に量ることも重要です。お湯の温度は85~90℃が適温といわれています。

美味しく淹れるために、しっかりと『蒸らし』を行いましょう。正確に時間を計り、お湯を粉全体に浸透させることが大事です。

コーヒーを抽出する際は、粉とフィルターの境目にお湯を当てないように注ぐことも重要です。蒸らした粉にお湯を通すことを意識しましょう。

道具なしでもコーヒーを飲める方法はある?

フィルターやドリッパーがないときに役立つ、コーヒーの淹れ方を紹介します。

茶こしを代用する

ドリッパーとフィルターが両方ともない場合は、『茶こしで代用』できます。カップに直接茶こしを乗せ、粉を入れてお湯を注げば、ドリッパーにも引けをとらない道具として役立ちます。

フィルターをセットしたドリッパーにできるだけ近い状態にするためには、底が深く目の細かい茶こしを使うとよいでしょう。

フィルターがない時はキッチンペーパーで

フィルターの代用品としては、キッチンペーパーの利用がおすすめです。

1枚のキッチンペーパーを三角形に二つ折りし、底辺の両端を内側に向かって折り曲げ、三角形の頂点を外側に開くように折り曲げれば、ペーパーフィルターのような袋状の形にできます。

買い忘れや用意する時間がないときなどの緊急時に役立つ方法です。

道具を揃えて美味しいコーヒーを淹れよう

コーヒーを淹れるためには、ドリッパーやペーパー、サーバーなどの道具が必要です。正しい使い方を身につけ、常に美味しいコーヒーが淹れられるよう準備しておきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME