自慢のワインをおしゃれな『ワインラック』に収納。失敗しない選び方

2019.07.17

お気に入りのワインを集めているうちに、本数が増えすぎて収納場所に困っているという人も多いでしょう。そんなときは、おしゃれなワインラックで見せる収納がおすすめです。自分好みのワインラックを見つけて、すっきり収納を実現しましょう。

ただ飾るだけ?ワインラックの役割とは

ワインラックの役割は、ただ飾るだけではありません。ワインは細長いガラス製のワンボトルに入っているため、置き場を決めずに立てて保管していると、うっかり倒してしまう危険性があります。

ワインラックに保管しておけば転倒の心配がなく、複数本あっても見分けやすいというメリットがあるのです。

また、ワインの栓は木製のコルクでできているため、乾燥させると空気を通しやすくなり、ワインが酸化するリスクが高まります。

ワインラックなら横に寝かせた状態で保管できるので、コルクがワインに浸って乾燥しにくくなります。また、コルクが湿った状態に保たれるので、抜くときに折れてしまうことも防げるのです。

こういった理由からワインラックは、飾るだけでなく、保存性や利便性の高いアイテムなのです。

部屋のインテリアとしても人気

ワインラックは木製・アイアン・ステンレス・プラスチックと素材もいろいろで、おしゃれなデザインのものが多く販売されています。

ワインのボトルやラベルもデザイン性が高いため、おしゃれなワインラックで見せる収納にすることで、部屋のインテリアとしてセンスを発揮してくれるのです。

そのため、最近ではインテリアとしての人気も高まっています。

ワインラックの選び方

ワインラックを購入するときのポイントは、収納本数や素材、デザインです。これらを参考に選ぶと、自分にぴったりのワインラックが見つかるでしょう。

収納本数を確認

ワインラックは1~2本収納できるものから、20本程度収納できるものまでさまざまです。

いただきもののワインを飾っておく程度なら1~2本で大丈夫ですが、ワインが好きで気に入ったものをコレクションしたいなら、多く収納できるものがよいでしょう。

まずは、どれくらいの本数を収納するのか予定しておいて、それに見合ったワインラックを選ぶことが大切です。

素材で選ぶ

ワインラックは素材によって雰囲気が異なります。例えば、木製なら温かみのある印象で、カントリー風のナチュラルな雰囲気から、落ち着いた和風の雰囲気にもよく合うでしょう。

鉄を素材とするアイアン製なら、アンティークな雰囲気をかもしだします。同じ金属という部類でも、ステンレス製ならクールでシャープな印象になるでしょう。

また、プラスチックや樹脂製のワインラックは、モダンでポップな印象の部屋によく合います。素材ごとの特性を理解して、自分好みのものを選びましょう。

デザインで選ぶ

ワインラックのデザインは実にさまざまです。例えば、ワイングラスも一緒に収納できる機能性に優れたものや、持ち運びに便利な取っ手付きのもの、動物の形をしたユニークなものなどがあります。

また、折りたたみ可能なタイプや据え置きタイプもあるので、設置場所や目的に合ったデザインのものを選びましょう。

おすすめのワインラック5選

ここからは、おすすめのワインラックを紹介します。

キントー ワインラック 14本用 ウィロー

ウィロー(柳)を使った木目が美しいワインラックです。薄くスライスした木材を接着させた合板で成形されており、その加工のしやすさから美しい波型が作られています。

軽くて丈夫なため、部屋から部屋への移動もラクラクです。こちらは14本用ですが、同じデザインの5本用コンパクトサイズもあります。

横向きはもちろんのこと、縦向きに置いても使えるので、スペースを有効に使えて便利です。

  • 商品名:KINTO(キントー)ワインラック 14本用 ウィロー 45150
  • 価格:7560円(税込)
  • Amazon:商品ページ

W23 折りたたみ式 ワインラック 6本

折りたたみ式で使い勝手がよく、軽量なので持ち運びに便利なワインラックです。アンティークな見た目がおしゃれ感たっぷりで、ヴィンテージワインの魅力がより一層引き立つでしょう。

高さ37cm、幅30cm、奥行き21.4cmとコンパクトなので、ワインと一緒に贈り物としてもおすすめです。

  • 商品名:W23 折りたたみ式 ワインラック 6本
  • 価格:3280円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ダルトン メタルワインラック

アンティークの風合いを出すため、あえて色ムラ・サビ加工を施したワインラックです。アイアン製で存在感があり、ワインの本数が少なくなってもインテリアとしておしゃれ感を演出します。

持ち運びに便利な取っ手付きで、ホームパーティーや普段使いに便利です。インテリアの一部としても馴染み、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

  • 商品名:Dulton(ダルトン)メタルワインラック バルベーラ A615-591
  • 価格:8856円(税込)
  • Amazon:商品ページ

nuance ワインラック

プラスチック製で軽く、女性でも扱いやすいワインラックです。組み立て式になっており、不要なときは分解してコンパクトに収納できます。

単体ではボトル6本が収納可能ですが、複数重ね合わせることで自由自在に調整できるのも魅力です。こちらで紹介している商品は、2ピースセット売りのため、最大12本収納できます。

別売りのトッププレートを乗せれば、テーブルとしての機能が加わって、さらに利便性が高まるでしょう。

  • 商品名:nuance (ニュアンス)ワインラック2pcsセット
  • 価格:1万800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

GLOBAL ワインラックシステム

こちらはステンレス製のスチール棒を、ABS樹脂製のジョイントで組み立てるタイプのワインラックです。部屋の雰囲気や置き場所によって自由に形を楽しめます。

60°の角度ごとに空いている穴にステンレス棒を差し込むだけで、組み立て方も簡単です。

1セットで収納できる最大本数は6本ですが、同じものを買い足して自由に拡張できるため、部屋のスペースに合わせて活用できます。

  • 商品名:GLOBAL(グローバル) ワインラックシステム HBWR-02
  • 価格:2697円
  • Amazon:商品ページ

ワインラックは別の使い方もできる

ワインラックはワインボトルの収納だけでなく、工夫次第でさまざまな使い方が可能です。

タンブラーを収納

飲み物を持ち歩くのに便利なタンブラーですが、サイズ違いや気に入ったデザインのものを購入していると、いつの間にか数が増えていたということがあるかもしれません。

タンブラーは形状がワインボトルのように細長い形をしています。そのため、ワインラックにすんなりと収まるのです。

見分けやすく取り出しやすいため、必要なタンブラーをすぐに取り出せるのもうれしい利点でしょう。

タオルホルダー

ワインラックはタオルホルダーとしても重宝します。例えば、壁にフックを付けてワインラックを引っ掛ければ収納棚として活用できます。タオルは重量が軽いので、壁にかけても負担になりません。

また、調整次第で取り出しやすい高さに設置できるので、洗面台の近くに取り付けると便利でしょう。

サイズの大きいバスタオルは1枚を丸めて一箇所に、フェイスタオルやハンドタオルなどの小さなものは2~3個まとめて一箇所に入れると枚数も多く収納できます。

文房具をおしゃれに収納

文房具が好きでコレクションしている人などにおすすめなのが、ワインラックにコップを並べて文房具の収納ケースにする活用方法です。

太さの違うペンを色ごとに分けて収納すれば、ひと目で使いたいペンを見つけられるでしょう。文房具は細かいものが多いので、とかく雑然としがちですが、この方法ならすっきりと片付きます。

透明のコップに入れておけば見分けやすくなり、瞬時に取り出せるので重宝するでしょう。

簡単DIY、自作ワインラックを作ろう

ワインラックはさまざまなものが販売されていますが、いまいち「これ!」というものに出会えないこともあるでしょう。

そんなときは、自作でオリジナルのワインラックを作ってしまいましょう。材料は100均で購入できるすのこや、空き缶などでOKです。

100均すのこで作るワインラック

100均すのこでワインラックを作るには、まず以下の道具を準備しましょう。

  • すのこ4枚
  • のこぎり
  • ハンマー
  • カナヅチ
  • ネジ
  • 木工用ボンド
  • メジャー・コンベックス・ものさし

道具と材料が揃ったら、以下の手順で作っていきましょう。

  1. のこぎりを使って2枚のすのこを半分の長さに切り、4枚にします。
  2. 次に切断していないすのこ2枚を分解していきます。内側の板から外していきましょう。ハンマーで裏側から叩いていくと、タッカーの先が出てきます。
  3. タッカーの先をカナズチでゆっくりと優しく叩きましょう。そうすることで、きれいにタッカーが外せます。
  4. 反対面にタッカーの頭が飛び出してくるので、ペンチで掴んで引き抜きます。同じ要領で1枚のすのこのパーツをすべて分解しましょう。
  5. 分解したすのこの板を柱とし、半分に切ったすのこを棚板にして、棚の形に仕上げていきます。接着剤とネジを使って組み立てましょう。
  6. ボトルが転げ落ちるのを防ぐため、側面と奥面に板を取り付けます。
  7. 余った板と角材を使って棚を強化したら完成です。

できあがりは3段のワインラックになり、板と板の間にワインボトルが収まるので、最大で9本収納が可能です。同じものをいくつか作って並べて置くと、大量のワインでも収納できます。

空き缶で作るワインラック

身近にある空き缶でワインラックを作るには、以下の材料と道具を準備しましょう。

  • 大きめの空き缶12個
  • 缶切り
  • ペイントスプレー
  • 手袋
  • 新聞紙
  • 接着剤
  • クリップ

作り方は以下のとおりです。

  1. 空き缶をしばらく水に浸してからラベルを外します。
  2. 次に缶切りで底面を切り取りましょう。きれいな切断面になるよう丁寧に切り取るのがポイントです。
  3. 手袋をしてペイントスプレーで缶の内側を塗装します。ムラができないよう均等に塗布しましょう。色は好みで3~4色使うときれいに仕上がります。
  4. 缶を新聞紙の上に置き、外側に白色のスプレーで塗装します。白色はムラが目立ちやすいので、濃いめに塗るのがポイントです。ペイントを終えたら、しっかりと乾燥させましょう。
  5. 缶を横に3つ並べて置き、隣り合う面に接着剤を塗布します。ここで重要なのが接着剤をたっぷりと塗ることです。そうすることで、空き缶同士がしっかりとくっついて、安定感が高まります。
  6. 接着剤を塗布したらクリップで固定しましょう。
  7. 同じものを4つ作り、上に重ねて接着していきます。4段積み重ねたら完成です。

これで12本のワインが収納できるワインラックとなります。空き缶の外側を白色で塗装したので、さまざまなデザインの部屋で違和感なく、おしゃれなインテリアとして活躍するでしょう。

ワインラックでおしゃれに収納しよう

ワインラックは、ワインを転倒や酸化のリスクから守る役割を持っています。おしゃれなデザインのものが多く、部屋のインテリアとしてもぴったりです。ワインラックをうまく活用して、おしゃれな収納を始めましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME