世界一美しい美術館と評される、デンマーク『ルイジアナ美術館』とは?

2019.07.16

デンマークは自然と古い建造物の多い国です。のんびりした印象から多くの観光客が訪れます。そんなデンマークの観光地の一つ、 ルイジアナ美術館が「世界一美しい美術館」と呼ばれ人気となっています。ルイジアナ美術館はどのような美術館なのか?行き方と合わせて紹介します。

世界一美しい、自然も設計に入れた美術館

ルイジアナ美術館は、デンマークのコペンハーゲンから北へ進んだ場所にあります。元々は邸宅を改築して作られた美術館で温かみを感じられるでしょう。

ルイジアナ近代美術館の特徴として「自然とアートを合わさる」ような作りとなっています。美術館の外にある彫刻庭園はもちろん、館内もガラスを多く取り入れ、展示物と外の風景を併せ一つの作品とするものが多く展示されています。

床板やブラインドも木目調の物を使用しており、自然との調和を徹底しています。館内の増設も、「周囲の木を切り倒さない」よう、木を裂けるようにジグザグに改築されているほどです。

また、新館と旧館をつなぐ渡り廊下もガラス張りになっており、自然に包まれた風景を見ながら移動できるのです。日本の寺と趣が似ており、日本に近い風情を感じることができるでしょう。

静かな自然に囲まれ自然も取り入れたアートは、「世界一美しい美術館」といわれています。

図面から見るルイジアナ美術館

ルイジアナ美術館は邸宅を改築した美術館ではありますが、決して狭く展示物が少ないわけではありません。増改築はもちろん、新館と旧館の2つの展示場があります。

それぞれの館の庭には彫刻庭園が備わっており、十分な広さがあるのです。

展示物も、アメリカの画家「ロイ・リキテンスタイン」。ドイツの画家「アンゼルム・キーファー」。知らない人はいないフランスの画家「パブロ・ピカソ」の展示品が飾られています。

独特な展示方法は独創的で、展示方法すらも芸術といえるかもしれません。

お土産コーナーやカフェも併設されており、観光スポっトとして多くの人が訪れています。

日本の芸術家「草間彌生」も展示している

場所はデンマークではありますが、展示物の中には日本の芸術家でもある「草間彌生」の作品も飾られています。

作品は鏡面張りの部屋に単一で表現されています。

百のランプで魂の輝きを表現しており、照らし出される空間は幻想的で、まさに別世界といえます。

美術館に展示された数あるコレクションの中でも、最も愛されている作品の一つといわれるほどの、人気の芸術作品です。

海が見えるカフェテリア

ルイジアナ美術館には景色を見ながら休憩できる「ルイジアナカフェ」が併設されています。

カフェはガラス張りになっており、新鮮な素材を使用したモダンなデンマーク料理を、景色を見ながら堪能することができるようになっています。

また、外にはカルダー・テラスが増設されています。テラスからはデンマークの海が見えるほか、晴れた日には対岸も見ることができます。

ルイジアナ美術館の美術品は展示品だけではありません。壮大な草木や広大な海といった自然も、見所の一つなのです。

学べるルイジアナ美術館

ルイジアナ美術館では、展示スペースだけではなく子供や学生用のワークショップルームもあります。

ワークショップルームでは、塗り絵やブロックアートなどを通じて芸術の面白さを学べます。

また、託児所としての側面もあり、ワークショップルームで子供を学び遊ばせ、大人は館内をゆっくり見て回るという方法もできるのです。

他にも、芸術の関する講義ができるスペースがあるなど、見て楽しむだけではなく、将来の芸術家のための場所でもあります。

ルイジアナ美術館への行き方

ルイジアナ美術館へは、デンマークのコペンハーゲンにある「コペンハーゲン中央駅」を始点にしましょう。

駅から出ている「Helsingor(ヘルシンオア)」行きの電車で約35分、「Humlebaek(フムレベック)」駅で下車します。

後は、駅から案内板が出ていますので、その案内板に沿って歩けばルイジアナ美術館へたどり着きます。

移動に便利なコペンハーゲンカード

コペンハーゲンカードとは、コペンハーゲン近郊で使うことのできる観光フリーパスのことです。

コペンハーゲンカードがあれば、コペンハーゲン周辺のエリアにある電車、メトロ、バスの交通機関と、86の観光スポットの利用がすべて無料になります。

ルイジアナ美術館も対象に入っており、18歳以上DKK125(約2,100円)のところを無料で入館することができるのです。

また、フリーパスですので、面倒な切符やチケット購入も必要ありません。デンマーク語が分からず、四苦八苦しながら購入する必要が無くなります。

24時間プランだとDKK399(約7,000円)と少し高めですが、購入すれば移動が楽になります。

ルイジアナ美術館以外も観光しに行くのなら、コペンハーゲンカードを購入して損はありません。

自然との調和こそが世界一美しい

ルイジアナ美術館は自然と合わせることで、より作品に深みを与えます。日本の枯山水や回遊庭園などと近しい部分もあり、日本人だからこそ馴染みが深く感じるかもしれません。

もちろん、一つ一つの展示物も素晴らしいものだらけです。「モナリザ」や「ひまわり」のような名作は無くても、それぞれが趣深く見所ある作品といえるでしょう。

フランスのルーヴル美術館や、アメリカのメトロポリタン美術館もいいですが、世界一美しいといわれるルイジアナ美術館に、ぜひ観光へ行ってみませんか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME