アロマディフューザーは『水なし』タイプが便利。おすすめ商品を紹介

2019.07.16

アロマの香りを楽しめるディフューザーには、アロマを水で薄めて使うタイプと水の要らないタイプがあります。水なしアロマディフューザーならば、強い香りを楽しめる上に、広い範囲に香りを拡散できます。おすすめのアイテムもあわせて確認しましょう。

水を使わないアロマディフューザーとは

超音波式や加熱式のような、水と混ぜて使うアロマディフューザーに対し、様々な方法で原液のままアロマを拡散させる、水の要らないアロマディフューザーも販売されています。

水を使わないアロマディフューザーにはどのような特徴があるのでしょうか。

アロマ本来の香りを楽しめる

原液のままアロマオイルを使うことで、『アロマの成分を損なうことなく、本来の香りを鮮明に感じる』ことが可能です。

好みのアロマがほんのりと弱く香るタイプの場合、水で薄めるとさらに香りが弱くなる可能性があります。このようなときに、水を使わないディフューザーを使うと、香りをしっかりと感じられるでしょう。

また、水なしアロマディフューザーは、水で薄めるタイプに比べ、アロマの減りが早いことも理解しておく必要があります。

水を使わないため菌の繁殖がしにくい

水を使うアロマディフューザーは水に雑菌が繁殖しやすく、アロマオイルが持つ香りや効能の質が落ちたり、雑菌が部屋中に蔓延したりする可能性があります。それに対して、水なしアロマディフューザーならば、雑菌が繁殖しにくいため衛生的です。

アロマオイルの中には、ティートリー・ユーカリ・ラベンダーなど、オイルそのものに殺菌効果が期待されるものが多くあります。水なしアロマディフューザーなら、水から発生する雑菌がない分、アロマの殺菌効果をより発揮しやすいといえるでしょう。

香りが強く拡散力がある

水なし式を使うと、アロマオイルが薄まらずに拡散されるため香りが強くなりやすく、『広い範囲に拡散しやすい』特徴があります。

部屋の広さが10畳以上であっても、十分な香りを広げることが可能です。ディフューザーの性能やアロマの種類によっては、40~50畳とかなり広い空間まで対応できる場合もあります。広い部屋の隅々までアロマの香りを届けたい場合は、水なしアロマディフューザーを活用するとよいでしょう。

6畳ほどの部屋ならば、水を使うアロマディフューザーでも十分に対応できます。水なしタイプはアロマの減りも早いため、部屋の広さを基準に選ぶのもよいでしょう。

水なしアロマディフューザーの種類

水なしアロマディフューザーは、香りの拡散方法により、『送風式』『アロマドロップ式』『ネブライザー式』の三つに大きく分けられます。

アロマに風をあてて拡散させる送風式

『送風式』は、アロマオイルを染み込ませた不織布などのパッドに風を当て、風圧でアロマオイルをミストにし、香りを風に乗せて拡散させる方式です。

送風式のメリットは、音が静かなものが多い点が挙げられます。できるだけ静かに過ごしたい就寝時などの利用におすすめです。

昔ながらの方法アロマドロップ式

『アロマドロップ式』は、ガラス瓶の中にアロマオイルを入れ、内蔵ポンプによる空気の振動でオイルをミスト化し、空中に拡散させる昔ながらの方式です。香りの強弱がダイヤルで調整できるものもあります。

ガラス瓶と木目調の台がセットになった、見た目がおしゃれな商品が多く、インテリアとしてもおすすめです。

瓶をセットするだけネブライザー式

『ネブライザー式』は、アロマオイルを瓶のままセットし、空気圧縮の力で細かいミストに変え、空気中に拡散させる方式です。水なし式の中では最も一般的なタイプで、種類も豊富に販売されています。

ノズルでアロマオイルを吸い上げる型のものも多く、ノズルにアロマオイルが詰まりやすいため、こまめな手入れが必要です。

瓶をそのままセットするだけで使えるため、簡単に操作できます。瓶の規格が合わないと使えないため、好みのアロマがない場合もありますが、空になった瓶に詰め替えることで好きな香りを楽しめます。

水なしアロマディフューザーのおすすめ

水を使わないアロマディフューザーは、多くの商品が販売されています。その中から四つの商品を厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

ボトルを直接取り付けるアロモアウッド

『アロモアウッド』は、ハーブとアロマテラピーの専門店『生活の木』が販売する、ネブライザー式の水なしアロマディフューザーです。

『生活の木』は、世界51カ国の提携農園から厳選した、オーガニックハーブや精油などを販売しており、取り扱うアロマオイルの中から気に入ったものを、瓶のままセットして利用できます。瓶の容量は10mlと30mlに対応しています。

木目調のやさしいナチュラルなデザインで、お部屋のインテリアにも合うアイテムです。香りの強さは6~40畳の広さに対応し、30mlのオイルで1日2時間稼働の場合、約1ヶ月間使用できます。

  • 商品名:生活の木 アロモアウッド
  • 価格:8910円(税込)
  • Amazon:商品ページ

家庭でも使える業務用アロミックエアー

『アロミックエアー』は、業務用として販売されている、気化式の水なしアロマディフューザーです。アロマオイルを自然気化させ、送風ファンでアロマを拡散させます。

スイッチを入れるとファンが回り、短時間で部屋中がアロマの香りに満たされます。拡散できる部屋の広さは約6~40畳です。1・3・6時間のタイマー機能が付いています。

スタイリッシュなデザインでインテリアとしても馴染みやすく、ファンの回転音も比較的静かであり場所を選ばずに置けるメリットがあります。

  • 商品名:アロミックエアー
  • 価格:1万3824円(税込)
  • Amazon:商品ページ

香りを調節できるダイヤル式ディフューザー

アロマ専門店『生活の木』が販売するダイヤル式ディフューザーは、ダイヤルで香りの強弱が調整できるため、利用シーンや気分に合わせて香りの強さを変えたい場合におすすめです。

アロマオイルをミスト化し、空気で効率よく拡散させるネブライザー式で、約6~40畳の広さに香りを行き渡らせることが可能です。

木目調の台とガラス瓶で構成されたインテリア性の高いデザインで、ナチュラルテイストの空間に映える置物としても使えます。

  • 商品名:生活の木 ダイヤル式ディフューザー
  • 価格:6950円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コードレスで使えるアットアロマスクエアー

『スクエア』は、バッグに入れて持ち運びができる、平らな形をした手のひらサイズのアロマディフューザーです。

機能性を重視しているため見た目はシンプルですが、小さいわりにパワフルな拡散力を持ち、40畳の広さまで対応しています。コードレスでどこにでも置けるため、自宅だけでなく、職場や旅行先でも活用できるアイテムです。

香りの強弱を選べるため、使う部屋の広さや香りを拡散させたい範囲によって好みの強さにできます。3時間のタイマー付きで消し忘れの心配がなく、就寝時にも使えます。

  • 商品名:アットアロマ スクエアー
  • 価格:1万638円(税込)
  • 公式:商品ページ

置き場所を選ばないアロマで暮らしを快適に

水なしアロマディフューザーは、水を使うアロマディフューザーに比べてアロマの香りが強く、広い部屋でも香りを広げられるメリットがあります。水を使わないため、雑菌が繁殖しにくいのも特徴です。

水なし式の種類は、香りの拡散方法により、送風式・アロマドロップ式・ネブライザー式の三つに分けられます。それぞれに特徴があるため、ライフスタイルやニーズに合わせて適切なものを選ぶことが重要です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME