上野は博物館・美術館の宝庫。おすすめのスポットを一挙公開

2019.07.14

上野周辺は数多くの博物館が立ち並び、歴史と文化に触れることができるエリアです。また、風情あふれる景観に囲まれた落ち着いた雰囲気は、教養を深めるにはうってつけの地域でもあります。博物館巡りとおすすめグルメで充実のときを過ごしませんか。

博物館についてを知る

上野といえば、すぐに博物館を連想する人も多いでしょう。それほど、重要な日本の文化拠点の一つとしての歴史を築いてきたエリアです。

博物館と聞いて、いったいどのようなイメージを抱くでしょうか。一口に博物館といっても、その種類はさまざまです。研究や考察の対象がそれぞれ異なり、いろいろな面を持っているのです。まずは博物館について詳しく見ていきましょう。

さまざまな役割がある博物館とは

博物館と耳にすると、何かが展示されている場所だと想像する人が多くいます。実は、それだけではなく、対象とする事柄についての資料や関連品を『収集・保存し、調査研究する役割』もあるのです。

もちろん、来場者が展示物を観覧することを通して、文化・芸術・歴史などに触れ、教養を深めることも大切な目的です。

博物館では、ギャラリーツアーを行っていたり、場所によってはボランティアを募っているところもあります。特にボランティアは、調査・研究に携わりながら、体験を通してより深く学べる機会にもつながるでしょう。

博物館は、研究をはじめ、学習や教育への貢献、そして体験を通しての普及など、さまざまな役割を担っているのです。

博物館の種類にはどんなものがある?

博物館の種類を考えるにあたり、一つは設置者による違い、もう一つとして展示されているものの種類の違いという、大きく2種類に分けて見てみましょう。

設置・管理・運営している者の違いによる博物館の種類を説明します。国の各省庁によるものが『国立博物館』です。そして、地方自治体だと『公立博物館』、財団法人・企業・個人だと『私立博物館』になります。

次に、展示や研究の対象となっている物事の種類で見てみましょう。古美術・近現代美術など美術品などが展示されているものは『美術館』です。よく博物館と美術館を区分する人がいますが、美術館は博物館の一形態となります。

さらに細かく分けると、歴史・民族・考古などについては『歴史博物館』で、天文や化学技術などの分野だと『科学博物館』です。そして、さまざまな分野を総合的に扱っているものを『総合博物館』と呼びます。

特別展やイベントも開催

たいていの博物館は、普段は基本的に展示物を変えず、一定のテーマと内容を提示して来場者を迎えています。このような形を『常設展』と呼びます。

一方、その博物館が扱う題材やテーマに沿って、特別な展示物などを披露することもあります。このような形が『特別展』です。

例えば、印象派の絵画をメインとしている美術館が、日ごろは展示していないゴッホの絵を招致した場合などがこれにあたります。

また、トークショーや実演会など、いろいろなイベントも開催されています。それぞれが趣向を凝らして、見る者に訴えかけているのです。

博物館の楽しみ方とマナー

「博物館には自由がなく息が詰まる」というような印象を抱いてしまっている人もいるかもしれません。確かに、博物館ではおおらか過ぎる振る舞いは慎むべきです。しかし、肩ひじを張って学ばなければいけない場所ではありません。

本来の目的は、人々の教養を豊かにするためや楽しい暮らしに役立つために博物館はあるのです。

そこで、博物館の本来の楽しみ方や、マナーについて見てみましょう。

博物館の楽しみ方

博物館の整然としたたたずまいに、「しっかり学ばなくては」という意識を持つ人も多いでしょう。学ぶことは素晴らしいことですが、一方で、「感覚で楽しむ」ことも大切です。

展示されたものの作者や時代背景などを知ることには、とても意味があります。しかし、そのようなことに縛られず、『見たまま・感じたまま』に吸収する楽しみ方もあるのです。

敷居が高いと感じる人は、特別展に合わせて足を運ぶのもいいかもしれません。特別展では、広く受け入れられやすい展示内容となることも多いので、初心者に適しています。

また、展示内容だけでなく、博物館の建物や周辺の景色を眺めたり、近くにあるおしゃれなカフェなどで時間を過ごしたりすることで、贅沢な時間を味わえることでしょう。

博物館で守るべきマナー

必要以上に緊張する必要はありませんが、博物館にははやり守るべきマナーがあります。その主なものは大きく2点、『展示物を大切にする』『周囲に迷惑をかけない』ことです。

館内での飲食を控えることは、常識といってもいいでしょう。意外なマナーに、ペンを使用しないというものがあります。インクが思わぬ汚れにつながる可能性があるので、メモなどは鉛筆を使うのが一般的です。

許可されている場合以外は、携帯電話の使用や展示物の撮影もいけません。著作権などに触れてしまい、予期せぬトラブルも起こりかねないので、十分に気を付けましょう。

これもあまり知られていないことですが、『暑くても、扇子やうちわの使用も控えるべき』です。展示物が繊細なものである場合、風も保存状態に影響してしまうからです。

上野にあるおすすめの博物館

上野には、貴重な品が展示されているものから、たくさんの人の興味に触れるカジュアルなタイプまで、さまざまな博物館が存在します。その中から、上野でおすすめの博物館を2館紹介します。

東京国立博物館

『東京国立博物館』は、日本の総合的な博物館として最も古い歴史を誇っています。広く東洋の諸地域に渡る貴重な文化財を収集・保管している博物館です。

東京国立博物館には、国民的財産といえる国宝級の文化財が多数保存されており、観覧を通して貴重な文化的価値の共有を図っています。

本館(日本ギャラリー)、東洋館(アジアギャラリー)、平成館(日本の考古遺物)、法隆寺宝物館(法隆寺献納宝物)、表慶館 (特別展)に分かれています。東洋の歴史を生で体感できる場所です。

  • 施設名:東京国立博物館
  • 住所:東京都台東区上野公園13-9
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 開館時間:火~木・日9:30~17:00、金・土9:30~21:00(最終入館は30分前まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合翌日)※年末年始休館および臨時休館あり
  • 公式HP

国立科学博物館

『国立科学博物館』は、1877年に創立され、東京国立博物館に次いで歴史ある博物館です。国立としてはただ一つの総合科学博物館になります。

研究されているものは、自然史および科学技術史に関するテーマで、このジャンルにおいては、世界の中核的拠点として国際的に有名な博物館といわれています。

また、貯蔵品の数も約370万点と膨大で、その中から選りすぐられた展示物は十分な見ごたえです。また、化石のチョコレートや科博カプセルミュージアムなども人気を集めています。

  • 施設名:国立科学博物館
  • 住所:東京都台東区上野公園7-20
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 開館時間:通常9:00~17:00、金曜日、土曜日9:00 ~20:00
  • 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日、年末年始12月28日~翌年1月1日)
  • 公式HP

上野にあるおすすめの美術館

博物館の中でも、多くの人が関心を持ち、集客も多いジャンルが美術の分野です。おすすめの美術館を選りすぐりで紹介しましょう。

上野の森美術館

かの有名な西郷隆盛像のすぐそばにある美術館が『上野の森美術館』です。財団法人日本美術協会美術展示館の設備から再建し、1972年4月に移転・開館しました。

上野公園内にあり、開館して以来、重要文化財の展示をはじめ多岐に渡るジャンルの美術品を紹介しています。常設展示はされていませんが、注目度の高い特別展を数多く開催してきたのです。

2006年には別館が増築され、3階建てとなりました。1階には上の森美術館ギャラリーが、3階には上野の森アートスクールが設置され、定期的に多彩なイベントが行われています。

  • 施設名:上野の森美術館
  • 住所:東京都台東区上野公園 1-2
  • 電話番号:03-3833-4191
  • 開館時間:10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

国立西洋美術館

フランス政府から寄贈返還された松方コレクションをはじめとする、西洋美術全般を扱う美術館が『国立西洋美術館』です。印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術を中心に展示しています。

展覧はもちろんのこと、西洋美術に関する作品や資料の収集、調査研究においても優れた活動を続けています。また、教育的な普及や出版物のクオリティにおいても高い評価をうける美術館です。

本館の建物は『ル・コルビュジエの建築作品』の構成資産として、世界文化遺産に登録されています。

  • 施設名:国立西洋美術館
  • 住所:東京都台東区上野公園7-7
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 開館時間:火曜日~木曜日・日曜日9:30~17:30、金曜日・土曜日~20:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 定休日:月曜日(年末年始12月28日~翌1月1日)
  • 公式HP

東京都美術館

1926年に東京府美術館として開館した『東京都美術館』は、創設以来、各分野の美術団体の公募展会場として広く親しまれている美術館です。2012年には、リニューアルも施されました。

東京都美術館は、『アートへの入口』をテーマとしており、企画展覧会の開催のほかにも美術文化事業活動や美術図書室の運営など、さまざまな取り組みも行っています。

子どもたちが芸術に触れる試みも積極的に展開している同館では、家族で楽しめるイベントも数多く開催されているでしょう。

  • 施設名:東京都美術館
  • 住所:東京都台東区上野公園8-36
  • 電話番号:03-3823-6921
  • 開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
  • 公式HP

上野の周辺情報

博物館で教養や知識、そして刺激を吸収したあとは、観光やグルメを楽しみませんか。上野の周辺情報を案内しましょう。

博物館以外の観光スポット

上野エリアは、東京都台東区のほぼ中心に位置し、1883年に上野駅がターミナル化されたことで発展しました。その繁栄に合わせて、数多くの文化施設や商業施設が集まっています。

パンダで有名な上野動物園は、親子連れやカップルなどでいつも賑わいます。また、東京芸術大学の周囲には閑静な住宅地が広がり、文化と伝統を感じさせるさまざまな顔を持っている場所です。

上野は大きく分けて、山手エリアと下町エリアに分けられており、山手エリアには、上野公園や谷中など、歴史を感じさせる雰囲気が漂います。

一方、下町エリアには、買い物客や外国からの観光で賑わうアメヤ横丁を中心として、飲食店や個性的なショップなどが立ち並んでいます。

レストランなどのグルメ情報

上野のレストランといえば、昭和の時代を飾ったハイカラな洋食屋さんをイメージする人も多いのではないでしょうか。『じゅらく』や『厳選洋食 さくらい』『上野精養軒』『黒船亭』などが有名です。

不忍の池のほとりにある鰻専門店『伊豆榮』も、江戸時代からの味を守る老舗として知られています。

カジュアルな食事を楽しみたいなら、2012年に開業した『UENO 3153』もおすすめです。数多くの飲食店が並ぶ駅前からすぐのビルで、『西郷さんを文字った施設名』が上野らしさを感じさせてくれます。

上野へのアクセス

上野駅には、JRだけでも山手線・京浜東北線・東北本線・高崎線・常磐線、上野東京ラインが乗り入れています。地下鉄も、東京メトロからは銀座線・日比谷線の駅があり、京成本線も利用可能です。

地方から新幹線で向かう場合、東北・上越・北陸の各新幹線で上野駅に向かえます。かつては日本を代表する都市であっただけに、鉄道の利用はとても便利です。

さらに、大阪や京都、名古屋などから訪れるなら、高速バスもそれぞれから運行されています。新幹線と比較して乗車賃も安価なので、利用しやすいでしょう。

上野エリアには博物館などのスポットが満載

日本の高度成長期に繁栄した上野は、歴史や伝統に恵まれた地域です。なかでも、博物館の充実ぶりには、教養と文化の厚みが感じられます。上野エリアの博物館を訪ねて、充実した時間を過ごしてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME