『粉末緑茶』と『抹茶』はまったく違う!正しい見分け方教えます

2019.07.12

最近では抹茶ブームからか、抹茶風味の商品を目にする機会もふえています。抹茶「風味」もいいですが、本物の『抹茶』を飲んでみたいと思う人もいるのではないでしょうか。この記事では、意外と知らない抹茶と煎茶の違いや、抹茶の種類について学んでいきましょう。家でも楽しめるおすすめの抹茶もご紹介します。

抹茶と煎茶と粉末茶の違い

緑茶の中には煎茶や抹茶、そして粉末茶などがあります。目にしたことがないという人は少ないと思いますが、それぞれの違いは何なのか、正確に答えられるでしょうか?似ているようで実は全然違ったものなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

実は全く違う!煎茶と抹茶の違い

まずは比較的わかりやすい、煎茶と抹茶の違いについて説明します。この2つは、そもそも見た目から大きく異なります。煎茶は茶葉を乾燥させたものであり、それぞれの茶葉は比較的大きく棒状です。一方抹茶は、乾燥させた茶葉を石臼で挽いたものであり、細かな粉末状であるのが特徴です。

また、使われる茶葉にも大きな特徴があります。煎茶に使用される茶葉は日光に当てて育てられるのに対し、抹茶は日光に当てず遮光して育てられます。その理由は、茶葉に含まれている旨み(甘み)成分の『テアニン』が日光に当たると『カテキン』に変化してしまい、抹茶本来の甘みを引き出すことができないためです。

さらにそのあとの製法も違います。煎茶は淹れたときに味・香りが抽出されやすくなるように「揉み」の工程があります。一方で煎茶には揉みの工程がなく、d先述のとおり日光に当てないまま採取し、その茶葉を蒸したのちに乾燥させた状態の茶葉が使用されます。この状態の茶葉を「碾茶(テンチャ)」と呼び、これを石臼で粉末状にしたものが抹茶です。

こう見てみると、色こそ一緒ですが、全くの別物といっていいほど違うものですね。

分かりづらい?粉末茶と抹茶の違い

それでは、見た目はそっくりな粉末茶と抹茶は何が違うのでしょうか?

粉末茶は、一般的な煎茶を細かく砕いて粉末状にしたもののことを指します。上記で煎茶と抹茶の違いが正確に理解できていれば、粉末茶と抹茶の違いも分かりやすいですね。

味の方の違いはというと、粉末茶は煎茶が原料のためカテキンが豊富で、渋みが強いのが特徴です。一方抹茶は、テアニンがそのまま残っているため、甘みが強調されてふんわりとした味わいが楽しめるのです。

抹茶には薄茶と濃茶がある

抹茶と煎茶、粉末茶の違いがわかりましたが、実は抹茶の中にも種類があるって知っていましたか?抹茶の種類をご紹介しましょう。

立て方の違い。『薄茶』と『濃茶』

抹茶には『薄茶』と『濃茶』があります。とはいえ種類があるといっても、原料が違うわけではなく、同じ抹茶を使います。薄茶と濃茶の違いは分量や点て方だけです。

薄茶はよく目にする一般的な抹茶です。さらっとした抹茶で、飲みやすく初心者向けといわれています。あまり泡立てない点て方もありますが、しっかりと泡立てる方が苦味が抑えられ、まろやかなくちどけになります。

一方濃茶は、その名のとおり薄茶の半分ほどのお湯の量で、点てるとはいわず「練る」といわれる抹茶です。ドロッとした見た目も特徴的で、練るときに広げすぎると冷めてしまったり、お湯の量が多いと薄茶になってしまったりと作るのが難しい抹茶です。

おすすめのおいしい抹茶が知りたい

抹茶は初めて買うときはどれがいいのか迷いますよね。初めての場合はお茶屋さんに行っておすすめや保存方法なども聞いてくるのがベストですが、なかなか近くにお茶屋さんがない、相談するのは買わなくてはいけない雰囲気が苦手という人もいるでしょう。

選び方のポイントとしては、自宅用であれば量が少なめで価格と品質のバランスがとれたものがいいでしょう。プレゼントなどの贈答用や濃茶として使いたいときは少し高級な抹茶を選ぶのがポイントです。

辻利一本店抹茶京昔

有名な辻利にもおいしい抹茶があります。伝統的な製法で作られた昔ながらの抹茶です。高品質でとろみが強く、渋味を抑えた抹茶なので濃茶にもおすすめです。もちろん薄茶にも使えます。

  • 商品名:辻利一本店抹茶京昔
  • 参考価格:1,496円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

松南園お稽古用宇治抹茶

無添加無香料で、京都府宇治産の抹茶なのにとってもリーズナブルで魅力的です。初心者にもお財布に優しい価格なのがうれしいですね。薄茶におすすめの抹茶で、料理やお菓子作りなどにも使える万能な抹茶です。『お稽古用』とはありますが、普段飲む分にも十分楽しめる味わいです。

  • 商品名:松南園お稽古用宇治抹茶
  • 参考価格:972円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

西尾の抹茶

抹茶の生産量日本一の、愛知県の西尾市の抹茶です。LOHAStyleの『西尾の抹茶』は、無添加・無着色・無香料 添加物・着色料・香料は一切使っておらず、明治時代から続くお茶屋さんのこだわりの抹茶です。自社茶園を持っているので最初から最後の工程まで全部自社で行う一貫生産体制で作られた高級品です。色がきれいなので見た目も魅力的です。

  • 商品名:西尾の抹茶
  • 参考価格:1,080円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

森半有機宇治抹茶スティック

オフィスなど外でも抹茶が楽しみたい人にはスティックタイプがおすすめです。こだわりの有機栽培の抹茶スティックは1杯ずつ飲めるので、保存方法も簡単なのが魅力的です。

  • 商品名:森半有機宇治抹茶スティック
  • 参考価格:1,180円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

抹茶はさまざまな楽しみ方ができる

抹茶は飲むだけではなく、料理などさまざまな楽しみ方ができます。意外とリーズナブルな抹茶も多いので、少量でいろいろな種類の抹茶を試してみるのもいいですね。高級な抹茶は自分用だけではなく、プレゼントにもおすすめです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME