音楽のジャンル分けの意味は?ジャンルの特徴やおすすめアプリも紹介

2018.09.15

音楽のジャンルについて代表的なものを解説します。さらにジャンル分けを使ったiTunesの整理の仕方を紹介します。多くの曲の中から自分が聞きたい曲を探すのにジャンルを理解していると便利です。ジャンルを知ればもっと音楽が楽しくなります。

音楽の定義やジャンル分けは無意味ではない

近年、音楽のサブスクリプションサービス(定額聞き放題サービス)が広がり、多くの曲を個人で管理することが一般的になりつつあります。

その中で自分の聴きたい曲、特に曲名が思い出せない時などにその曲をライブラリの中から探し出すのが大変だと感じる場面が増えてきました。

そんな時に役立つのが『ジャンル分け』です。ジャンルの意味を知り、ジャンル別に曲を管理することができれば多くの曲から目当ての曲を絞り込むのにとても便利です。

さらに音楽のジャンルについて知識を得ることによって、より音楽生活を充実させることができるようになります。

音楽に親しむにはジャンル分けが便利

ジャンルとは、芸術作品を客観的に分類することを指すフランス語です。音楽には様々なジャンルがあり、そのジャンルごとに特徴があります。

ジャンルが分かれば、自分が好きなアーティストと似たアーティストを探す場合などにとても便利です。自分が好きだと思う音楽のジャンルを知れば、音楽への興味をさらに広げていくことができます。

ジャンル分けができれば好きな時に自分の好きな音楽を探せるようになり、さらにライブラリも整理することができ一石二鳥です。

主な音楽ジャンル

音楽のジャンルは多くの種類があります。ロック1つをとってみても、ハードロック・パンクロック・グラムロック・ロカビリーなどなど様々です。

全てのジャンルをここで説明することはできないので、主要なものいくつかの起源や特徴を紹介します。

ロック

『ロック』は1950年代に発祥したと言われていて、その起源はアメリカに奴隷として連れてこられた黒人たちのアフリカ系黒人音楽にあると言われています。

55年にエルヴィス・プレスリーにより、黒人音楽であるロックと白人音楽のヒルベリーを融合させたロカビリーという音楽が生まれました。これが世界中で一躍ムーブメントを起こしたことで、ロックは世界的な人気を得ました。

ロックには様々な派生ジャンルがあり、パンクロック・ハードロック・オルタナティブなどその思想や曲調によって数多く分類されます。

現在では、ギターサウンドを中心としたバンドで演奏されている音楽のことを大まかにロックと言う場合が多くなっています。

ポップス

1950〜60年代にロックの派生として西洋で発祥したのが『ポップス』と言われます。その特徴として楽曲が長すぎず、ポップで聞きやすいこと、歌のメロディーを重視し、サビの繰り返しがあると言う特徴があります。

ポップスはダンス・ロック・カントリーなど様々な音楽の要素を取り込んでいて、芸術的な部分よりは、技術的な部分の質の良さに注目し作られています。

特定のジャンルが好きな人に向けて作られるというよりは大衆に向けて作られている音楽です。

黒人音楽

『黒人音楽(ブラックミュージック)』は、ソウル・ブルース・ジャズ・R&B・ヒップホップ・ラップ・レゲエなど黒人発祥の音楽の総称です。

ブルースは、1800年代後半にアメリカ深南部で生まれ、黒人霊歌や労働歌が発展したものだと言われます。

R&Bは、1940年代にジャズやブルース、ゴスペルなどのブラックミュージックが発展してきて生まれたとされます。

ソウルは、1960年代に黒人音楽がポピュラーになっていく際に自然に言われ出しました。その特徴として、覚えやすいリズムにコールアンドレスポンスが多いこと、作興の多用などです。基本的にはR&Bの一種とされます。

黒人音楽は全体的に強いビート感、グルーヴ感があるというのが特徴です。

ジャズ

『ジャズ』は、20世紀初頭にニューオリーンズで黒人音楽と西洋の音楽が融合したことにより生まれたとされます。

西洋音楽の技術に理論、そこにアフリカ系アメリカ人のリズム感が加わりジャズの形になりました。

4拍子の2拍目と4拍目にアクセントをおくオフビートと、即興演奏(アドリブ)がジャズの特徴です。

一見アドリブにはなんのルールもなく自由に演奏しているように見えますが、テーマというものがあり、アドリブを挟んでまたテーマに戻るというルールがあります。

ジャズは様々な音楽の要素を取り込みアシッド・ジャズ、ジャズ・ロック、モダン・ジャズなど今でも様々に進化し続けています。

ラテン

『ラテン』は、中南米とカリブ海地域のラテン系の民族音楽のことを言います。地中海地域の音楽のことも指すことがあります。

ラテンアメリカ土着のインディアン音楽とヨーロッパの音楽、黒人音楽が互いに影響し合い生まれました。

特徴としてリズムの土台にボンゴ、コンガなどのラテンパーカッションを使うことがあげられ、アフリカ系黒人音楽の影響が強く感じることができます。

有名なものとしてサンバ・レゲエ・ボサノヴァなどがラテン音楽です。

クラシック

『クラシック』の語源はラテン語のクラスにあり、意味は一流・最高です。そこから転じて今では古典的という意味になりました。

一般的にはヨーロッパを中心とした西洋の芸術音楽のことを言います。17〜18世紀に作られバッハ・ベートベン・モーツァルトなどが有名です。

クラシックはその年代ごとに特徴があり、バロック・古典派・ロマン派などに分けることができます。

電子音楽

電子楽器を用いた音楽のことを『電子音楽』と言います。電子オルガン・シンセサイザー・エレクトーン・ボーカロイドなどを使い楽曲を作ります。

ハウス・テクノ・トランスなど様々なジャンルがあり、ダンスと相性が良いとされていてEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)は現在、世界中で流行している音楽です。

ハウスはボーカル曲が多く聴きやすく、テクノは人を踊らせることを目的としていてコードやハーモ二にとらわれない楽曲です。トランスは、非日常的で幻覚的な旋律、世界観を持つという特徴があります。

iTunesでジャンル分けをするコツ

多くの人が使っているiTunesでジャンル分けをするコツは、まずは『ジャンル−アーティスト−アルバム』というように階層別に理解し、アルバム情報を編集することが重要です。

たくさんの楽曲の中から自分が聞きたい曲を見つけるために、iTunesを見やすく分かりやすくスッキリさせましょう。

使い勝手の良いジャンル分け方法

同ジャンルで多くのアルバムがiTunesに入っている場合は、ジャンルを細分化することで検索性が高くなります。

例えば、ロックをパンクロック、インディーロックなどに分けてアルバム情報を編集すれば、自分が見つけたいものをより絞り込むことができます。

詳しいジャンルの名前がわからないという場合は、自分がわかるジャンルを作ってしまうという手もあります。優しいロックとか激しいロックなど、自分が分かれば問題ないでしょう。

アーティスト名が漢字の邦楽アーティストには、読み仮名をつけると五十音順で探すことができるようになります。これもアルバム情報を編集すると、読み仮名という項目があるのでそこに入力すればOKです。

便利なアプリAmazon Music

アマゾンプライム会員なら無料で使える『Amazon Music』というアプリがあります。追加料金なく100万曲以上が聴き放題です。

アマゾンプライム会員は月額780円で、商品の迅速な配送に加え、Amazon Music・動画サービスPrime Video・電子書籍Prime Readingなど様々なコンテンツが楽しめるのでコスパのいいサービスになっています。

iPhoneでもAndroidでも使える

Amazon MusicはiPhoneでもAndroidでもどちらでもアプリがあるので、両方で使うことができます。さらにiTunesの楽曲をAmazon musicで再生することもできます。

オフラインでの再生のために曲をダウンロードして端末に保存することもできるので、通信量を節約したい人にもおすすめです。

「Amazon Music」をApp Storeで

Amazon Music – Google Play のアプリ

ジャンル分けを利用して音楽を楽しもう

様々なジャンルのことを知り、ジャンル分けを利用することでより音楽と親しくなりもっと音楽を楽しむことができます。

ジャンルを理解していれば自分が聞きたい曲を探し出すことにも便利です。ジャンル分けを駆使してもっともっと音楽を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME