宝石が持つ意味にはどんなものがある?シーン別のおすすめの宝石

2019.07.10

宝石は見ているだけでも魅了されそうな美しさを持っていますが、パワーストーンとしての働きも見逃せません。宝石には不思議な力があり、身につけると効果があるとされています。では、宝石からはどのような効果が期待できるのでしょうか。

宝石の基礎知識

宝石とは、宝飾品に利用される美しく希少価値のある鉱物全般を指します。また、鉱物だけではなく、貝から採れる真珠や海に生息する珊瑚なども宝石の一種として扱われてきました。

現在、宝石と呼ばれるものは200種類以上も存在するといわれています。

宝石にはそれぞれ意味がある

宝石は、パワーストーンと呼ばれることもあり、宝石そのものに自然界から授かった力が宿っていることから、身につけることでその効果が生まれるとされています。

精神の安定や美の追求、強い意志を持続させるなどさまざまな効果があるといわれているので、それぞれの宝石がどのような効果があるとされているのかを見ていきましょう。

ダイヤモンドなど代表的な宝石と意味

宝石の中で最も有名といえるダイヤモンドは、硬度が最も高く屈折率の高さで眩い光を放つ宝石です。

ダイヤモンドは『永遠の絆』を象徴するといわれていますが、逆に持ち主に災いをもたらすとされるケースも少なくなく、特に国立自然史博物館(ワシントンD.C.)に所蔵されている「ホープダイヤ」と呼ばれるダイヤモンドは、『呪いのダイヤモンド』として知られています。

ダイヤモンドと並ぶ人気の宝石といえば真珠です。真珠は、世界三大美女の一人であるクレオパトラが、美の追求のために酢に溶かして飲んだともいわれています。

真珠は貝の内側に入った小さな異物を核にして、カルシウムとたんぱく質の層から成る鉱石で、貝の中で成長します。

2つの膜が重なることで独特の光沢が生まれ、『美や健康・安産』などに効果がある女性の守り石とされています。

仕事のお守りとして使える宝石

宝石は、仕事上のお守りとして使えるケースもあるようです。

パワーストーンには本来人間に備わっている第六感(インスピレーション的なもの)を活性化させる効果があるものや、宇宙的・霊的なスピリチュアルな情報をキャッチする能力を活性化させる効果があるものもあるとされています。

そのため持っていると、いつもよりも洞察力・判断力が高まり、仕事の成功において欠かせないという考え方もできます。

では、仕事運に関わるパワーストーンにはどのようなものがあるのでしょうか。

転職などの転機をサポート

まずは、『ラブラドライトとクリソコラ』の組み合わせです。この組み合わせの効果は、仕事・日常生活など総合的に良い循環に近づくことができるといわれています。そのため、転職のお守りとして利用されることもあるようです。

ちなみに、ラブラドライトは壮大な宇宙のような神秘性を持っていて、直感力・洞察力・創造性を高める石といわれています。健在意識より深層にある潜在意識や魂のレベルに働きかけるものでしょう。

また、地球をそのまま小さくしたような模様があるクリソコラは、ネガティブなエネルギーを取り除く効果があるといわれています。困難な状況が訪れた時に、閉塞感を打ち破るためのサポートをしてくれるかもしれません。

夢の実現に力がある

続いては、夢の実現に効果的といわれている『オブシディアンとラブラドライト』の組み合わせです。この二つの石を組み合わせることで、自分が描いているビジョン・夢が現実化するといわれています。

同時に、あまりにも現実離れしてしまっているものは現実化されないといわれていますが、ラブラドライトは今生きている目的に近づくナビゲーターだとすれば、オブシディアンはその目的を現実化するパワーを与えてくれるとされています。

自分の天職を見つけるためのパワーを授けてくれる組み合わせといえるかもしれません。

大事な場面での成功

『トルマリンとガーネット』の組み合わせは、仕事上の大事な場面で肉体と精神のエネルギーの活性化をサポートするといわれています。

また、ガーネットは相性が抜群だというピンクトルマリンを合わせると、その効果が最大化するそうです。ここ一番という頑張りどころでサポートしてくれる宝石の組み合わせといえるでしょう。

恋愛のお守りとして使える宝石

続いては、恋愛のお守りとして使える宝石を紹介していきましょう。

恋愛は、付き合いをする前・した後、結婚する前・した後など、どのようなステータスにおいても悩みが尽きないものです。もっと順調に関係を構築するために頭を悩ませることでしょう。

お互いを素敵なパートナーとして認め合うためには、まずは自分自身を磨く必要もあります。自分も相手も成長しあえる環境こそ、人間関係の最良な状態ともいえます。

では、このような恋愛において、どのような宝石が効果を発揮するといわれているのでしょうか。

お互いの関係を安定させる

二人の関係を安定させるには、『ラリマーとピンクオパール』という人間同士のコミュニケーションをサポートする組み合わせが良いとされています。

ここにカルセドニという絆の力がある宝石をプラスするとより効果的といわれています。

この三つの宝石の組み合わせにより、人間関係をより安定的かつ平穏な状態にしてくれるそうです。

恋愛のトラブルを解決する

恋愛関係でトラブルが発生したときは、『フローライトとローズクォーツ』の組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。

この二つの石の組み合わせは、特に恋愛に関する問題・トラブルの解決に効果があるといわれています。ローズクォーツが幸せになる方向性を示し、フローライトがそのための知恵を直感的に与えてくれるものとされています。

しかし、完全に元通りの関係性に戻れるという意味ではなく、この組み合わせの宝石を持っている人が将来的に幸せになる方向に導く効果があるそうです。

愛を長く継続させる

『アパタイトとインカローズ(ロードクロサイト)』の組み合わせは、恋愛関係を長続きさせる組み合わせといわれています。

成就した愛を継続させるための、良い意味で固定化のエネルギーをもたらしてくれるとされ、結婚を見据えている場合は、この組み合わせの宝石を身につけると効果がありそうです。

癒しのお守りとして使える宝石

最後に、癒しの効果があるとされる宝石の組み合わせを紹介しましょう。

ストレスの原因は、エネルギー的な観点でいうと以下のようなケースが考えられます。

  • いいたいことがいえないという不満
  • 日々のプレッシャー
  • 肉体・身体的疲労

これらのストレスを解消するためには、以下の組み合わせが効果的とされています。

心身のストレスを解消

『クンツァイトとアメジスト』はともに紫系の色合いの宝石ですが、この組み合わせは自分以外の人への愛情過多による精神的な疲れを緩和する働きがあるとされています。

クンツァイトが持つ愛のエネルギーは、大きく包み込むような愛をイメージさせるもので、アメジストが持つ調和・調整・統合がうまく融合される組み合わせです。

疲労を緩和させる

『アベンチュリンとローズクォーツ』の組み合わせは、人間関係を円満にする効果があります。

アベンチュリンは、イライラや不安を抑え、癒し効果が高いことから『リラックスの石』とされているものです。また、恋愛成就に大きな効果を発揮するローズクオーツは、自分自身を許す癒しの作用を持つ石とされています。

ネガティブな感情を取り去り、人間関係に愛をもたらす効果が、穏やかで安定した雰囲気や美と調和をもたらしてくれるでしょう。不安定な心を安定させ、ストレスや問題を解決に導いてくれる効果も期待できます。

ネガティブな感情を転換させる

『アイオライト、スモーキークォーツ、アマゾナイト』という3つの宝石の組み合わせは、ネガティブな思考・感情が定着しているときに、ポジティブなものに変換するサポートをしてくれるそうです。

ネガティブな思いから生まれる孤独感・強迫観念を取り払い、気持ちを安定させる効果があるといわれています。

宝石が持つ意味を知ろう

このように宝石にはさまざまな意味があります。これらの意味を把握して、日常生活に宝石(パワーストーン)を身につけてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME