調味料容器を詰め替えておしゃれな食卓に。選び方のポイント

2019.07.10

調味料を購入時のボトルや袋のまま使うと液ダレや品質劣化が起こりやすく、使い勝手も悪くなりがちです。調味料の種類に応じて適切な容器に移し替えて、衛生的で使いやすくしていきましょう。容器の選び方とおすすめ商品を紹介します。

調味料の容器の選び方

調味料の容器は、調味料の種類によって適切なものを選ぶことが大切です。容器の形状や素材の考え方を見ていきましょう。

大きさや形から選ぶ

調味料の容器にはさまざまなタイプがありますが、大きさでいえば長期保存に向いた大容量タイプのものと、小分けにして日常使いする小容量タイプのものがあります。

袋詰めで販売されることが多く、1回の使用量が多い砂糖などは大容量タイプのものが向いているといえるでしょう。長期保存が前提なら、湿気や酸化を防ぐために密閉構造になっているものを選ぶのが大切です。

ハーブやスパイスは片手でサッと使うことが求められるため、小容量タイプのものが向いています。また、食卓用としても使う塩や醤油を小分けにしておくと便利でしょう。

加えて、調味料の容器は洗いやすさを考えておくことも重要です。あまりに小型だったり特殊な形状の容器だと、奥まで洗い切れず瓶底に成分が固まってしまう場合があるので注意しましょう。

素材から選ぶ

調味料の容器はガラス製や陶器、プラスチック素材などがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

価格や扱いやすさで考えると割れにくいプラスチック製の容器は手頃ですが、臭いが移りやすく、油汚れが落ちにくいデメリットがあります。

その点、ガラス製やセラミックス製の容器は抗菌性に優れ、腐食にも強く洗いやすいため、衛生面を考えるとおすすめの素材です。

長く使っていくなら、サビに強く割れにくいステンレス製を選ぶと良いでしょう。ただ金属臭が気になったり、歪むと蓋がきちんと閉じられなくなる製品もあるため注意が必要になります。

調味料の容器を選ぶ際には、長く使っていくことをイメージして『素材』から選ぶ、という発想を持っておくことも大事です。

中身が確認できる透明がおすすめ

同じような形状の容器で複数の調味料を保管する場合は、透明で中身が確認しやすいものがおすすめです。パッと見て何が入っているかがわかりやすくなるだけでなく、残量の判断もしやすくなります。

また、塩やハーブなどの調味料は、水分で固まって容器から出しにくくなる場合があり、ごま油など液体調味料は成分が沈殿する可能性もあるため、使用前に状態をチェックできるように透明なものを選ぶと安心感が生まれるでしょう。

調味料の種類による容器のポイント

調味料は固体なのか液体なのかで容器の向き不向きがあります。より使いやすいように調味料の性質に合わせた容器選びを考えていきましょう。

固体調味料は密閉性を確認

砂糖や塩は、空気中の湿気や乾燥の影響を受けて固まりやすいため、密閉性の高い容器に保管しておくことが重要です。

加えて、室温と冷蔵庫内の温度差で結露して固まる場合もあり、袋を開封後は大型の瓶に入れて常温保存し、普段使い用に小型の容器に小分けしておくのも良いでしょう。

また、調味料と一緒に使う小麦粉や片栗粉といった粉物は、常温保存ではカビやコナダニが発生する恐れがあるため、密閉容器で冷蔵保存するのがおすすめです。

この場合も、大型の容器が使いにくいときは、蓋つきの粉ふり用のボトルなどに小分けしておくと良いでしょう。

液体調味料は垂れにくさが重要

醤油やソースなどの液体調味料は、注ぐときにテーブルを汚したり容器自体に垂れてきたりしがちです。注ぎ口の形状が液体を切りやすくなっているものを選ぶのが良いでしょう。

一般的な傾けて注ぐタイプの他に、ソースに向いた本体を押して注ぐタイプや、サラダ油やゴマ油などをフライパンに吹きかけるスプレータイプの容器もあります。

調味料の種類によって目的別の容器を選びましょう。また、できれば蓋つきや注ぎ口を閉じることができるものを選んで、ほこりなどの侵入を防ぐことができればベターです。

固体調味料のおすすめ容器

固体調味料に向いた容器の中で、取手付きの箱型・小型のスパイス入れ・粉ふりボトルの3種からおすすめ商品を紹介します。

アスベル 調味料入れ Nフォルマ

『アスベル 調味料入れ Nフォルマ』は、ステンレス製のフレームに三つの取手付き箱型容器が収まる商品です。

フレームは縦置きにもでき、キッチンのスペース次第で置き方を変えられる上、ステンレス製なので腐食に強いという安心感があります。しっかりした作りで滑り止めも付いているため、同商品を縦に2段重ねることも可能です。

容器は軽いプラスチック製で、取手を持ったまま親指で蓋の開け閉めができる構造になっています。全体が透明な容器だと取手が視認しにくい場合もありますが、本商品は取手がダークグレーで見やすいところもポイントです。

ステンレスのフレームは拭き掃除が楽な上、容器の蓋を取り外して洗うこともできる親切設計で、長くきれいに使っていける商品といえるでしょう。

  • 商品名 : アスベル 調味料入れ  ステンレス
  • 価格 : 1,905円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

LifeStar 調味料入れ

『LifeStar 調味料入れ』は、ガラス製の小型透明スパイスボトル4個セットの商品です。蓋を回転させて大中小のホールを切り替えて使えるため、例えば塩なら料理中は大、食卓では小、といった使い分けができます。

使用しないときは蓋をホールのない位置に回転させておくことで密閉性を確保でき、スレンレス製の蓋とガラス製の瓶は腐食に強いため衛生面でも安心です。

また、透明の瓶は中身が一目で確認できることも利点ですが、ステンレスの外蓋とプラスチックの内蓋を取り外すと開口部の広いガラス瓶なので、洗いやすいという点もうれしいポイントでしょう。

粒の大きさの異なる複数の調味料を、統一したボトルで保管したいときにおすすめの商品です。

  • 商品名 :LifeStar 調味料入れ スパイスボトル
  • 価格 : 1,850円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

Hommy 蓋付粉ふりボトル

『Hommy 蓋付粉ふりボトル』は、蓋が網目状になった粉ふり用のボトルです。網目は細か過ぎず、小麦粉や片栗粉などの粉物を片手でサッとふりかけることができます。

より高価な粉ふりボトルは、密閉性を高めた商品やステンレスの金属臭を抑えた商品もありますが、実用性でいえば網目の粗さが重要になります。この粗さが調味料と合わないと振っても粉が出てこない、となりがちです。

使用する調味料に合う網目の商品が高価なものとは限らないため、まずは安価な本商品で粉ふりボトルの使用感を試してみてはいかがでしょうか。

  • 商品名 : Hommy 粉ふり 蓋付粉ふりボトル
  • 価格 : 190円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

液体調味料のおすすめ容器

液体調味料向けの容器として、蓋つき醤油差し・霧状に散布できるスプレー・密閉性が高い大容量ボトルの3種からおすすめ商品を紹介します。

iwaki フタ付きしょうゆ差し

『iwaki フタ付きしょうゆ差し』は、液ダレしない注ぎ口が特徴のガラス製醤油差しです。注ぎ口は細めで、注ぎ量の調整がしやすくなっているため、誤って出し過ぎることを防ぐことができます。

注ぎ口部分は三層パッキンで密閉性を高めており、取り外して洗うことができる上、蓋つきなのでホコリなどの侵入も防ぐことができ衛生的です。

商品名からすると醤油にしか使えない印象を受けるかもしれませんが、ソースや油など他の液体調味料にも問題なく使用できます。本体がガラス製であるため、臭いの移りや染みが起こらないところもポイントでしょう。

本体は透明で内容物は一目で確認できるため、注ぐタイプの複数の調味料をまとめて管理することもできるおすすめ商品です。

  • 商品名 : iwaki フタ付きしょうゆ差し (S) 120ml
  • 価格 : 745円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

moiitee 油スプレー

『moiitee 油スプレー』は、プッシュ式で液体調味料を霧状に散布できる商品です。調味料が入る下部は透明のガラス製、上部はステンレス製でスッキリとした見た目、かつ腐食に強く衛生的なところもポイントでしょう。

例えばオリーブオイルを入れるなら、ワンプッシュでフライパンに均一に散布することができるため、油の使い過ぎを防ぐことができます。

ただ、指の力でノズルから油を吸い上げるため、うまく霧状にするには若干の慣れが必要かもしれません。

油は酸化で劣化しやすく、購入時のボトルでは注ぎ過ぎも起こりやすい調味料です。本商品で小分けにして管理し、必要十分な量だけ散布する、というスタイルに慣れてみてはいかがでしょうか。

  • 商品名 : moiitee 油スプレー ミスト 100ml
  • 価格 : 888円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

星硝 セラーメイト ワンプッシュ 便利びん

『星硝 セラーメイト ワンプッシュ 便利びん』は、密閉性の高いガラス製の透明容器で、親指のワンプッシュで蓋の開け閉めができる商品です。

注ぎ口は液ダレしにくい形状になっていて、蓋を閉じていれば倒れても漏れ出さない密閉性があります。ただ本体はガラス製なので、500ml入れた状態だと重くなり、破損が怖いので落下には注意しましょう。

注ぎ口が付いている中蓋は、外蓋を付けた状態で取り外すことができ、液体だけでなく粉物などの固体調味料の密閉保存ができるところもうれしいポイントです。

抗菌性が高く腐食にも強いガラス製である上、全パーツは取り外して洗うことができるため、衛生面でも快適に使用していくことができるでしょう。

  • 商品名 : セラーメイト 保存びん 500ml
  • 価格 : 873円(税込)
  • Amazon : 商品ページ

調味料の容器を詰め替えよう

調味料の容器にはさまざまな種類がありますが、調味料の種類や形状、使用頻度に合わせて素材や形を選ぶことが大切です。

長く使っていると汚れが気になってくるので、洗いやすさや本体の腐食しにくさ、抗菌性なども考えておけるとベターです。調味料の容器を詰め替えて、より使いやすいキッチンに作り変えていきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME