大人になった今こそ読みたい。『数学』の面白さがわかる本6選

2019.07.09

学生時代に数学が苦手だった人でも、社会人になってから、その面白さに気付くことがあるでしょう。数学を勉強してみると日常生活や仕事のシーンで役立つことがたくさんあります。そんな数学を書籍で勉強してみてはいかがでしょうか。

数学を勉強するメリット

数学を勉強するメリットとはどのようなものでしょうか。単純に計算をする以外にもメリットはたくさんあります。

論理的思考ができるようになる

ビジネス書でよく見かける『ロジカルシンキング』という言葉は、論理的思考のことです。これを簡単にいうと、因果関係を整理し筋道を立てて考えることで、この考え方が数学を学ぶことで身につくといわれています。

数学などの答えがしっかり出せる学問においては、理路整然とした考え方が重要になります。そのため、数学を活用することで効率的な思考力がつきやすくなるのです。

感情的にならず数学的に見れる

数学を学ぶと、人間の感情を『冷静に見極めること』ができるようになるかもしれません。

これは、先述のロジカルシンキングのプロセスに関係してくることですが、例えば、他人が怒っている理由を落ち着いて分析することで、その理由を感情ではなく論理的に捉えることができます。

「何が問題なのか」「それを解決するために、どのようなプロセスを踏むか」という考え方ができるようになると、「この方が短い時間で解決するな」「こちらの方が楽になりそうだ」などと、自然と物事を数学的にとらえることにつながるでしょう。

また、単純に、マーケティングなどの領域においては、数理的なモデルを用いて人の消費行動を解明したり定理化したりといった試みが日常的に行われています。数学のキホンを理解しておけば、こうした内容にも気後れすることなく議論することができるようになるでしょう。

物語もある数学の面白い本

こうした数学の知識を深めるためにはどのような本を読めば良いのでしょうか。最近の数学に関する本は、計算式ばかりが載っているのではなく、物語的にもしっかりしていて、大人が読んでも「面白い!」と言われるようなおすすめ本をピックアップしました。

入門にぴったり『数学物語』

人間がいつから数を理解し使用するようになったのか、そして「動物も実は数をわかるのではないだろうか」、そんな疑問を解決していく書籍です。

エジプトやバビロニアという古代に生まれた数学から、数学の神様と呼ばれるアルキメデスの偉業、三角形の内角の和が180度になることを発見したブレーズ・パスカルなど数学の歴史に名を遺した偉人と共に発展してきた数学の歴史を知ることができます。

  • 商品名:数学物語
  • 価格:473円(税込)
  • Amazon:商品ページ

楽しみ方を理解できる『数学ガール』

2002年からWebで公開されてきた『数学ガール』。

この物語の主人公は、3人の高校生で、彼らが数学の問題に挑戦していく物語です。素数や絶対値など、なじみの深い数学用語だけでなくフィボナッチ数列や二項定理、テイラー展開などまでをカバーしています。

読み物形式の『数学ガール』ですが、数学的な内容は本格的です。「数学は、時を越える」をテーマに、数学の奥深さ・面白さを感じられる内容となっています。

  • 商品名:数学ガール
  • 価格:1944円(税込)
  • Amazon:商品ページ

数学界の謎に迫る『フェルマーの最終定理』

17世紀に活躍した数学者であるピエール・ド・フェルマーは「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」という謎の言葉を残しました。

この言葉からスタートした「フェルマーの最終定理」は、長きに渡って数学界最大の超難問といわれていましたが、1995年、ついにこの超難問が証明されました。

証明したのは、360年の戦いに終止符を打った天才数学者アンドリュー・ワイルズです。この難問はどのように証明されたのか。3世紀にも渡る天才数学者たちの挫折・栄光を描いた書籍となっています。

  • 商品名:フェルマーの最終定理
  • 価格:853円(税込)
  • Amazon:商品ページ

楽しく勉強できる数学の面白い問題集

数学には問題を解く楽しさもあります。せっかくですから、問題集にもチャレンジしてみましょう。

中学3年間の数学を10時間で復習する本

その名の通り、中学3年間の数学をおさらいする本です。

難解な数学用語を日常で使用する言葉に置き換え説明されていたり、計算の間違いをしやすいところや式が変形する理由などが丁寧に解説されています。久々に数学に触れるには丁度良い内容といえるでしょう。

  • 商品名:中学3年間の数学を10時間で復習する本
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

坂田アキラの理系シリーズ

『カリスマ数学教師』との異名を取る坂田アキラの著書です。数学の中でも難易度が高いといわれる確率の基本から応用はもちろん、重要公式やマル秘テクニックまでが盛り込まれています。

絶対に理解しておきたい重要な考え方を、基礎からわかるように解説してくれているので、問題に望む際の思考法も身につきます。

  • 商品名:坂田アキラの理系シリーズ
  • 価格:703円(税込)
  • Amazon:商品ページ

大人のための算数練習帳―論理思考を育てる文章題の傑作選

「鶴亀算」「植木算」「旅人算」。このような言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。そして、小学生のときに苦しんだ記憶もあるのではないでしょうか。

大人になってからこの算数の概念を理解しようというのが、この書籍の目的です。数々の文章問題をクリアしていくことで、論理的思考能力が育まれていきます。。

  • 商品名:大人のための算数練習帳―論理思考を育てる文章題の傑作選
  • 価格:994円
  • Amazon:商品ページ

本から数学の面白さを学ぼう

このように、数学に関する本はたくさん出版されています。その中でも、物語仕立てのものや問題を解くことに重きを置いたものなど、さまざまな種類の書籍があります。

数学の本というと「数字ばかりが並んで難しいのでは」と考えがちですが、意外な名言に出会うこともあります。ここまでに紹介した書籍を通じて、あらためて数学の魅力に気づくこともあるでしょう。

この機会に、その奥深さに触れてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME