日常で実践できる心理学。初心者からビジネスまでおすすめの心理本9選

2019.07.07

人間の心の動きを解明する学問が『心理学』です。これまで触れたことがない人でも、心理学を学べる本は多数出版されています。初心者にもわかりやすいものやビジネスマンに向けたものなど、おすすめの9冊を紹介します。

心理学の基礎知識

『心理学』とは、簡単にいうと、人の心の動きを解明する学問です。心理学を学ぶと、他者の心の動きをイメージしたり理解したりすることができるようになります。

他者の心の動きを把握することで自分自身の気持ちの制御にも効果をもたらし、円滑なコミュニケーションにもつながるでしょう。

こうした作用がある心理学は実生活で活用できるので、まずは心理学の基礎的な知識について触れていきます。

心理学とは

心理学とは、発生した事象に対して、『人の心がどのように反応し、どのような行動をとるかについて科学的に研究する』学問をいいます。つまり、人の心の動きを解明し、理解しようとするものです。

現代では、心理学はさまざまな分野で活用されています。例えば、スポーツの世界で記録を向上させるため、あるいはビジネスにいて業績を上げるためなどです。

こうした心理学は、大学や大学院で専門的に研究される一方で、日常生活に取り入れるため、書籍などを通じて個人で学ぶ人もたくさんいます。

心理学の種類

一口に心理学といっても、研究対象としての心理学は、いくつかの種類に区分けされます。まずは、大きな区分について、2種類見ていきましょう。

人の心の普遍的な成り立ちやあり方を探究し、心理学の土台となる理論構築を目指すものが『基礎心理学』です。基礎心理学には、次の分野があります。

  • 生理心理学
  • 発達心理学
  • 学習心理学
  • 人格心理学
  • 社会心理学など

もう一つは『応用心理学』です。前述の基礎心理学で得たものを、実社会や実生活で実践・応用するための学問で、次のようなものがあります。

  • 教育心理学
  • 臨床心理学
  • 災害心理学
  • スポーツ心理学など

心理学の本の選び方

心理学は先の項目でも示した通り、いろいろな分野に分かれています。専門書や学術書などもあるため、学び始めの人にとっては、内容が難しすぎて混乱につながる場合もあるでしょう。

そこで、いくつかのポイントを踏まえながら、心理学を学ぶための適切な本の選び方について見ていきます。

自分の学びたいジャンルを考える

多くの分野がある心理学には、関連する本もたくさん出版されています。その中から、自分にマッチした本はどのように選んだら良いのでしょうか?

まず、効果的な方法として、『自分が何を目的として心理学を学びたいのか』を明確にすることから始めましょう。そして、学びたいジャンルを絞っていくのです。

例えば、人間関係によるストレスに悩む人がいます。その場合、円滑なコミュニケーションを実現するために役立つ心理学の本を選ぶと良いでしょう。

また、感情的で怒りっぽい場合は、怒りをコントロールするための心理学を学ぶと、効果が発揮されます。

このように、それぞれの目的に合った本を選ぶことが大切です。

最初は気軽に読めるものを選ぶ

多岐に渡る心理学は、奥深い学問であり、専門用語なども多く出てきます。そのため難解な本を手にして挫折してしまっては、せっかくの関心や学びの意欲もムダになってしまいます。

最初は入門書や『気軽に読めるタイプの本』を選ぶことからスタートしましょう。

自分が学びたいジャンルの心理学の本を見ると、イラストを多用していたり、マンガ版があったりと、いろいろな本があることがわかります。

実際に手にとって、理解しやすいものから読み始めると良いでしょう。

初心者向けのおすすめ本

心理学の本には、大学や大学院などで専門的に学ぶための学術書や専門書があります。その一方で、入門編としてわかりやすく書かれた書物もたくさん見つけられでしょう。

そこで、心理学に関心を持ち始めて間もない人や初心者向けの本を厳選して紹介します。自分にピッタリの本を見つけましょう。

マンガ 心理学入門-現代心理学の全体像が見える

とても読みやすく、初心者に適した1冊が『マンガ 心理学入門-現代心理学の全体像が見える』です。

フロイトやユングが唱えた精神分析から、ゲシュタルト心理学・マズローの人間性心理学に至るまでを網羅しているのが特徴です。

その範囲は、とても幅広いものとなっていますが、広大な心理学のエッセンスを、マンガやイラストを使ってわかりやすく説明しています。

  • 商品名:マンガ 心理学入門-現代心理学の全体像が見える
  • 価格:994円(税込)
  • Amazon:商品ページ

「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学

恋愛は、心理学が対象とすることの多い事象の一つといえるでしょう。恋愛に悩み、心を痛めた経験のある人は多いのではないでしょうか。

恋愛感情が芽生えると、「相手の心が知りたい」「抑えられない自分の感情を整理したい」と悩む人もいます。そんな恋愛時の『ココロ』について理解するための1冊で、心理学が身近に感じられる本となっています。

  • 商品名:「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学
  • 価格:1296円(税込)
  • Amazon:商品ページ

決定版 面白いほどよくわかる!他人の心理学 オールカラー

『心』と一言で表しても、それはいろいろな側面を持っています。気持ち・感情・性格・思考・記憶・など、そのような要素が重なり合って人の心ができているのです。

人それぞれに異なる心とは何なのでしょうか?なぜ人は自分と違う判断をし別の行動をとるのでしょうか?『決定版 面白いほどよくわかる!他人の心理学 オールカラー』では、他人の心の不思議についてわかりやすく迫ります。

本書は、各テーマごとにイラストや図表を用いて、丁寧に解説している1冊です。心理学そのものや心理学者について、そして脳の働きにも触れながら、人付き合いや仕事で実践的に生かせる充実の内容になっています。

  • 商品名:決定版 面白いほどよくわかる!他人の心理学 オールカラー
  • 価格:1080円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ビジネス向けのおすすめ本

心理学を仕事に生かそうという人もいるでしょう。実際に心理学は、さまざまなシーンで活用できます。次に、ビジネスにおいて有効な心理学の本について、おすすめの3冊を紹介します。

ビジネスに役立ててみてはいかがでしょうか。

人を動かす

デール・カーネギーによる『人を動かす』は、自己啓発に関するあらゆる書の原点として知られています。心理学をビジネスに活かした本として、不朽の名著といえるでしょう。

本書では、生きるために身に付けるべき人間関係の原則について、とても丁寧に解説しています。長期間に渡り収集した実話と、研究現場で検証された事例に基づいた内容は、力強い説得力にあふれています。

人の心を動かすための行動を理解し、そのために必要な自己変革へと向かわせてくれる1冊です。

  • 商品名:人を動かす
  • 価格:702円(税込)
  • Amazon:商品ページ

現代広告の心理技術101

どのように働きかければ、顧客は提供するサービスや商品を手にしてくれるのだろうか?マーケティングに関わる者にとって、ユーザーの心理を理解することはとても大切なことです。

商品に問題はないのに、なぜか売れない。ヒットを生み出した広告やWebサイトを研究し、同様の打ち出し方をしているのにセールスが伸びない。何かが足りず、どこかがずれているのに、それがわからず悩むケースがあります。

『現代広告の心理技術101』は、その悩みを解いていきます。『お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは』とサブタイトルが付けられているように、大切な顧客の心の読み方を知るヒントが満載です。

  • 商品名:現代広告の心理技術101
  • 価格:2500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

ほとんどの営業マンは、いわゆる『凡人』だとの考えを元に書かれたのが『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』です。

伝説のマーケッターといわれる著者によって、4つのステップで契約に導くためのトークプロセスが描かれています。誰もが実践しやすい内容にまとめられているので、営業に悩む人に手にして欲しい1冊です。

  • 商品名:凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  • 価格:1404円(税込)
  • Amazon:商品ページ

気になる人気ランキングからおすすめの3冊

さまざまなジャンルに分かれる心理学には、それぞれの分野に関する書物が刊行されています。専門書から初心者向けのものまで合わせると、その数はとてもたくさんあるのです。

その中から、心理学にまつわるベストセラーから、選りすぐりの3冊を紹介しましょう。

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

フロイトやユングと並んで、世界的な心理学の巨匠とされている学者が、アルフレッド・アドラーです。しかし、意外にも、近年まで日本ではあまり知られていませんでした。

人間の悩みはすべて対人関係のみにあると断言している点がアドラー心理学の特徴です。これは現代の日本において、とても必要な思想だといわれています。

そのアドラーによる『嫌われる勇気』は、対人関係に悩む多くの人にとって、解決への指針となり得る貴重な本といえるでしょう。

  • 商品名:嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スタンフォードの自分を変える教室

『スタンフォードの自分を変える教室』は、世界15カ国で刊行され、最もポピュラーな心理学本の一つです。累計60万部を超える売り上げは、心理学関連の書物としては異例のヒットとなりました。

これまでは抽象的な概念としてとらえられてきた人間の持つ意志についての考え方を根本的に変える試みがなされており、その意志を持つことが実際の『行動』に大きな影響を与えてくれることを説いています。

目標に向かおうとする人にとって、とても参考になる1冊でしょう。

  • 商品名:スタンフォードの自分を変える教室
  • 価格:799円(税込)
  • Amazon:商品ページ

毎日使える、必ず役立つ心理学

世界には、さまざまな心理学者や心理療法士、精神分析家による理論があふれています。「それはどのくらい日常生活に役立つのだろう」と、疑問を抱く人も少なくないでしょう。

『毎日使える、必ず役立つ心理学』では、不可思議な心の世界、人間に共通する脳の働き、人それぞれ異なる心の動きなどについて多角的に考察しています。その上で心理学が日常生活で、いかに適応できるかを説明した1冊です。

  • 商品名:毎日使える、必ず役立つ心理学
  • 価格:1944円(税込)
  • Amazon:商品ページ

心理学の本を読んでみよう

人は、いろいろな問題を前に悩み、苦しみます。その悩みを解消する一つの方法として、心理学に着目することも有効な手立てといえるでしょう。

心理学を学ぶことでスムーズな人間関係につながったり、迷いから解き放たれたりする場合もあります。

心理学の本に触れ、奥深い心理の世界を学んでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME