大人も大好きなアイスクリーム。種類から食べ方まで紹介します

2018.09.12

夏はもちろんのこと、1年を通しておやつやデザートとして人気のアイスクリームは、季節毎に各メーカーや店舗が新作を出すなど、種類も豊富です。そんなアイスクリームの歴史や種類の違いを知り、より美味しく楽しむための情報やおすすめ店舗を紹介します。

アイスクリームは健康食品だった?

アイスクリームは、今でこそデザートやおやつの代表といったイメージですが、古代ローマ時代には疲れた身体を元気にしてくれる『健康食品』として扱われていました。

現在のようにクリーミーなものではなく、シャーベットに近い食感のものだったようです。

そして、古代ギリシャやローマ時代からアラブや中国の王侯貴族など、限られた裕福な人たちを中心に、嗜好品として食べ始められるようになります。

アイスクリームが世界中に広まるまでの歴史を見ていきましょう。

アメリカで大きく発展

アイスクリームの発祥については諸説ありますが、3000年以上前の中国で作られたお菓子だとマルコポーロは伝えています。

乳を凍らせて作られたもので、それをヨーロッパに持ち帰ったといわれており、アイスクリームはシルクロードを通ってイタリアに伝わったそうです。

その後、ヨーロッパ全土へ広がり、イタリア系移民によってアメリカにジェラートが伝えられました。

それを『アメリカ流にアレンジ』したものが現在のアイスクリームです。コーンやスティック、チョコをかけたサンデーなど、アメリカ独自のメニューが増えまていきました。

余剰クリームの処理方法として、アイスクリームの産業化を始めたのもアメリカで、現在ではアイスクリーム消費量世界一を誇ります。

日本に伝わったのは江戸末期ごろ

日本人でアイスクリームを最初に食べたのは、江戸時代末期に幕府がアメリカへ派遣した使節団だと言われています。

その時にアイスクリームのことを『あいすくりん』と呼んだそうです。

その後、1869年(明治2年)に、横浜の馬車道で氷と塩、牛乳、卵、砂糖を使って作られた日本最初のアイスクリーム『アイスクリン』が誕生しました。

明治8年には、東京麹町の『開進堂』や現在の資生堂パーラーの元となった『資生堂薬局』がアイスクリームとアイスクリームソーダの販売を開始しています。

アイスクリームは当時、庶民にはとても手の出ない高級品でしたが、やがて安価なアイスクリームやアイスキャンデーが広まり、多くの人に愛される存在となりました。

アイスクリームの種類と特徴

アイスクリームは、大きく分けて4つの種類があります。

その違いは乳固形分と乳脂肪分の割合で表示されているほか、植物油脂などの添加されているもの、味の違いなどです。詳しく見ていきましょう。

アイスクリーム

『乳固形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上』のものがアイスクリームです。

見た目がアイスクリームであっても、どれも『アイスクリーム』と書かれているわけではありません。

ミルクカルシウムがたっぷり含まれ消化吸収が良いため、効率よくカルシウムを摂取できます。

ミルクの風味がしっかりと感じられ、コクのある濃厚な味が特徴です。素材にこだわってシンプルに作られたものが多いため、価格は少し高めになります。

アイスミルク

『乳固形分10%以上、うち乳脂肪分3%以上』のものは、アイスミルクと表記されます。アイスクリームと比べて、ややあっさりめの味わいになります。

牛乳と同じくらいの乳成分を含んでおり、さっぱりしたアイスクリームが食べたいという時には、このアイスミルクがおすすめです。

乳脂肪分が少ないため、多くは植物性油脂を加えてコクを出しています。

ラクトアイス

乳固形分3%のみで作られています。アイスミルク同様、乳脂肪分が少ないので、植物性油脂を使ってコクを出しているものが多いです。

他にも乳化剤や安定剤、甘味料や香料などで『風味付け』しているのも特徴でしょう。

乳脂肪分が入っていないため、重くなくさっぱりとした口当たりで、価格もリーズナブルになります。

氷菓

かき氷やシャーベット、アイスキャンデーと呼ばれるものが氷菓です。

アイスクリームよりも登場は遅く、1924年にアメリカのフランク・エパーソンが初めて特許登録しました。

クリーミー感はなく、キーンとした冷たさが特徴です。アイスクリームと比較してカロリーは低いものが多くあります。

果汁やソーダなどに砂糖を混ぜて固めたものが代表的であり、爽やかで硬い舌触りが特徴です。

アイスクリームには賞味期限がない

アイスクリームには賞味期限が表記されていません。決められた賞味期限がそもそもないのです。ただ、美味しく食べるためには、きちんとした品質管理をすることが大切です。

適切な温度管理がされていれば細菌増殖なし

食品が劣化する理由に、食品内の細菌増殖が挙げられます。しかし、アイスクリームは冷凍されているため、細菌が減ることはあってもそれ以上増えることはありません。

管理するときには次のような条件を守れば、美味しく食べられます。

  • -18℃以下で保管する(冷凍庫)
  • 乾燥を防ぐ(ラップをかぶせる、ポリ袋などに入れて保管)
  • 大型アイスなどは表面を平らにして空気に触れる面を少なくする
  • 開封後は早めに食べる
  • ニオイの強い食品と一緒に保管しない

溶けたアイスを再冷凍すると品質は低下する

夏場にアイスクリームを買うと、家に持ち帰るまでに溶けてしまうことがあるでしょう。しかし、アイスクリームを再冷凍すると、味が大幅に落ちてしまいます。

アイスクリームのなめらかなくちどけは、細かな氷の結晶によるものです。一度それが溶けたあとに再冷凍すると、氷の結晶が大きくなり、ジャリジャリとした食感に変わってしまいます。

また、出てきた水分も一緒に固まるので水っぽくなります。そしてそれらは冷凍庫内のニオイも抱き込んでいます。

空気に触れた分、表面の色も変化もあるでしょう。身体に害はありませんが、味も見た目も『まずくなった』と感じるようになります。

アイスクリームのカロリーはどのくらいか

アイスクリームは太らなという説があり、アイスクリームダイエットなんて言葉もあります。

それは、アイスクリームを食べると体温が下がり、元に戻そうと代謝が上がるので、それだけでカロリーを消費するという理由からです。

しかし、冷たいアイスを食べたことによるカロリー消費量は、微々たるものです。つまり、食べ過ぎれば太ります。アイスクリームのカロリーをチェックしておきましょう。

一番高いのはラクトアイス

100gあたりのカロリーは、バニラであれば次のようになります。

  • アイスクリーム:180~212kcal(乳脂肪分により変動)
  • アイスミルク:167kcal
  • ラクトアイス:224kcal

アイスクリームのカロリーは、乳固形分に口当たりを良くするための植物性油脂を多く加えている『ラクトアイス』が一番高くなります。

アイス食いリームの種類の違いは、乳固形分や乳脂肪分の割合ですが、『乳脂肪分が多いからカロリーが高いという判断は間違い』ですので注意しましょう。

カロリーが気になるなら氷菓

クリーミーさの無い氷菓ならば、カロリーはグンと低くなります。水分と糖分だけのカロリーになるからです。

シャーベットやアイスキャンデーは、アイスクリームに比べると半分~1/4以下のカロリーのものが多く、ダイエット中の人が食べるなら氷菓を選ぶと良いでしょう。

しかし、糖質はしっかりと含まれているので、カロリーは低いけれど氷菓を食べて痩せられるわけではありません。食べ過ぎには注意が必要です。

パーティにも最適、アイスクリームケーキ

アイスクリームは、さまざまな色や形を形成しやすいことから、ケーキとして作り上げるのも向いています。

デザートの文化が栄えているフランスでも、アイスクリームはおしゃれなケーキタイプがとても人気です。

華やかで、思わずみんなが笑顔になってしまうような、パーティーシーンにおすすめの商品を紹介します。

サーティワンアイスクリーム

日本国内に1100店舗以上もある最大級のアイスクリームチェーン、『サーティワンアイスクリーム』には、豊富なデザインのアイスケーキがあります。

くまのプーさんやディズニーツムツム、スヌーピーやミニオンズなど子どもたちに大人気のキャラクターものが揃っています。

異なる味が組み合わせされたカラフルなアイスケーキは、子どもから大人まで喜ばれるでしょう。

パレット6 パーティーがおすすめ

ディズニーキャラクターはちょっと…という大人でも存分に楽しめるのが『パレット6パーティー』です。

6ピースに分かれていて取り分けやすいだけでなく、ポッピングシャワーやアーモンドファッジ、ストロベリーチーズケーキなど、9つの人気フレーバーが楽しめます。

薄いスポンジを土台にしてアイスケーキが作られているので、見た目もしっかりケーキです。

マカロンやチョコレート、クリームでおしゃれにデコレーションされているので、パーティーシーンを華やかに盛り上げてくれることでしょう。

  • 公式サイト

通販でも購入できる

アイスケーキは、『通販』でも購入できます。スマートフォンやパソコンからじっくりとデザインやフレーバーを選んで、届くのを楽しみに待ちましょう。

普段は、買いに行くのが難しい場所にあるお店のアイスケーキも、通販なら簡単に手に入ります。

Cake.jp

Cake.jpはケーキ専門の通販サイトです。通常のケーキはもちろん、アイスケーキのラインナップも豊富です。

アイスフォトと呼ばれる『写真をプリント』するケーキや、画像などを参考にして『立体的』に作る個性あふれるものまで取り揃えています。

『他とは違ったスペシャルなアイスケーキを探している』という人には、ぜひチェックしてみましょう。

全国から選りすぐった美しいケーキは、どれもオリジナリティがあり、さまざまなフルーツやクリームが使われていて迷ってしまいます。

自宅で簡単に作れるアイスクリームメーカー

アイスクリームの材料は、意外にシンプルです。卵や牛乳、砂糖があれば作れます。フルーツやチョコレート、果汁などを加えるなど、バリエーションは工夫次第です。

アメリカでは、ホームメイドアイスクリームが定着していますが、日本でも優れたアイスクリームメーカーが販売されています。

場所を取らずにリーズナブルな価格で買える、『保冷ポットをあらかじめ冷凍しておいてから使うタイプ』のアイスクリームメーカーを紹介します。自宅で楽しみながらアイスクリーム作りにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

定番レシピからオリジナルアレンジまで

アイスクリーマーの魅力は作りたてを食べられることと、無添加のアイスクリームを作れることでしょう。

『バニラ』ならば、牛乳、生クリーム、砂糖、卵黄の材料が一般的です。

濃厚さを強めたい場合は生クリームを多めにし、砂糖は白砂糖だけでなく、甜菜糖や黒砂糖、蜂蜜などを選ぶとナチュラルな甘さを楽しめるでしょう。

香りづけにはバニラエッセンスが手軽ですが、バニラビーンズを使うと本格的な風味が味わえます。

また、牛乳や卵にアレルギーのある人の場合、豆乳や卵なしのレシピでもアイスクリームは作れます。

フルーツなどはしっかりと冷やし、できれば凍るくらいまでの状態にして使いましょう。アレンジを楽しめるのでハマる人が続出です。

アイリスオーヤマ アイスクリームメーカー ICM01-VM

さまざまな生活用品やキッチン用品で知られる、アイリスオーヤマのアイスクリームメーカーです。『コンパクトなサイズ感』で、1~2人分に相当する200mlのアイスクリームが作れます。

少し小さいと思うかもしれませんが、自宅の冷凍庫の空きを考えると、このアイスクリームメーカーにしてよかったという声が多いようです。

仕事から帰ってから自分だけのアイスクリームを楽しむのもいでしょう。クッキングガイド付きで、ジェラートやシャーベットも作れます。

器をしっかりと冷やすことが大切なので、冷凍庫の設定温度はしっかりとチェックしておきましょう。

  • 商品名:アイリスオーヤマ アイスクリームメーカー ICM01-VM
  • 価格:1419円(税込)
  • Amazon:商品ページ

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

包丁やカミソリなどのメーカーとして有名な貝印ですが、アイスクリームメーカーも作っています。丸いボールのようなシンプルな形状の『DL-5929』が人気です。

冷凍庫に収納しやすい大きさで、2~3人分、300mlのアイスクリームが作れます。作る前に12時間以上器を冷却しておき、使う材料もしっかりと冷やしておきましょう。

材料を入れて20分くらいで完成しますが、緩い場合にはアルミタッパーなどでさらに冷凍しましょう。オリジナルのレシピも付いています。

  • サイズ:直径16×高さ10.5cm
  • 価格:2062円(税込)
  • Amazon:商品ページ

東京都内でおすすめのアイスクリーム店

通販やホームメイドアイスも良いけれど、専門店に足を運んでアイスクリームを楽しむのもまた格別しょう。

こだわりのアイスクリームを、最高に美味しく食べられる理想の温度や硬さで提供しています。

東京都内で美味しいと人気のアイスクリーム店を紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。

Gelateria SINCERITA

イタリアでは誰もが日常的に楽しむことのできるジェラートですが、その本場の美味しさを日本でも楽しめるのが、『ジェラテリアシンチェリータ』です。

旬の果物の美味しさを生かし、その甘さには蜂蜜が使われています。ヘルシーで体に優しい、毎日でも食べたくなる絶妙な配合は、ジェラートマイスターならではです。

気負わずにぶらりと立ち寄れるお店で、イタリアの味を堪能しませんか?

  • 店舗名:ジェラテリアシンチェリータ
  • 住所:東京都杉並区阿佐谷北1-43-7
  • 電話番号:03-5364-9430
  • 営業時間:11:00~21:00(年中無休)
  • 公式サイト

ジェラテリア マルゲラ 麻布十番店

ミラノの子供たちから絶大な人気を誇る『ジェラテリアマルゲラ』は、職人の手仕事による、伝統的な味わいが特徴です。

季節の旬な果物はもちろん、ナッツ類や濃厚なチョコレートなど、まさにミラノらしさ全開の元気で華やかなフレーバーが揃っています。

ミラノにしか店舗を持っていなかった本店が、世界初の支店として選んだのが日本であり、東京の麻布十番でした。

現在は吉祥寺東急、なんばパークスにも店舗を展開しています。

  • 店舗名:ジェラテリアマルゲラ
  • 住所:東京都港区麻布十番2-5-11F
  • 電話番号:03-5772-3283
  • 営業時間:11:30~22:30
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

常夏ハワイで美味しいアイスを食べるなら

アイスクリームを食べる環境は人それぞれですが、どうせなら常夏ハワイで旅も景色も楽しみながらアイスを食べてみたい!という人もいるでしょう。

前もってチェックしておいてほしい2つのお店を紹介します。

デュークス ワイキキ

サーフィンの神様と呼ばれる『デューク・カハナモク』にちなんで名づけられたデュークスワイキキは、アウトリガー・ワイキキ・リゾートの1階のビーチ沿いにあるお店です。

シーフードやステーキが美味しい店として知られ、ハンバーガーやピザなども選べるランチブッフェはコストパフォーマンスにも優れています。

アイスクリームは、マカデミア・ナッツ・アイスクリームの材料で作られたパイが圧巻です。

パイ仕立てのハワイサイズのアイスクリームはチョコレートがかかってさらに濃厚な美味しさになっています。

  • 店舗名:デュークスワイキキ
  • 住所:2335カラカウア通り、スイート116
  • 電話番号:(+1)808-922-2268
  • 営業時間:ブレックファーストビュッフェ7:00~10:30、ランチ11:00~14:30
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

バナン

フランス語で『バナナ』を意味するバナンは、すべてのフレーバーにバナナが入った、ソフトクリームスイーツのお店です。トラックでの移動販売から始まりました。

バナナをベースにして、砂糖やミルクを使わずさまざまなスーパーフルーツ(アサイーやビーツなど)を組み合わせた、ほかにないヘルシーさが特徴です。

味はもちろんのこと、ソフトクリームをフルーツと組み合わせた、ハワイらしさ溢れる見た目にもワクワクしてしまいます。

  • 店舗名:バナン
  • 住所:ロイヤル・ハワイアン・センターC館1階(ザ・チーズケーキ・ファクトリーの裏手にサーフボードが並んでいるビーチアクセス沿い)
  • 電話番号:(+1)808-384-6865
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 公式HP

美味しいアイスクリームで優雅な時間を

スーパーやコンビニで手軽に買うことのできるアイスクリームは、かつてはとても贅沢な食べ物でした。

そして今、アイスクリームショップのこだわりの味や、材料選びから始まるホームメイドアイスなど、ある意味で贅沢なアイスクリームが見直され始めています。

美味しいアイスクリームとともに、いつものくつろぎを優雅な時間に変えてみませんか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME