リビングに観葉植物を飾ろう!配置や世話のコツとは?

2019.07.06

優しい緑で気持ちをリラックスさせてくれる観葉植物は、リビングのインテリアに最適なアイテムです。おしゃれに飾って、くつろぎの空間を演出しましょう。リビングに適した観葉植物の置き方や世話のポイント、育てやすい植物を紹介します。

リビングでの観葉植物の置き方

まずは、リビングに観葉植物を置くときに、押さえておきたい基本ポイントをみていきましょう。観葉植物を育てるときは、日当たりの確保と水やり、適切な温度管理が必要です。

窓の向きやエアコンの有無、水やりのしやすさなど、リビングの条件に適した植物を選びましょう。また、観葉植物には風水の効果もあるとされています。リビングに置くなら、風水のことも意識してみるとよいでしょう。

日当たりによって適した植物が違う

南向きの日当たりの良いリビングなら、ほとんどの観葉植物は問題なく育ちます。しかし、もしリビングの日当たりが悪くても、あきらめる必要はありません。

観葉植物の中にも、充分な日当たりが必要なものと、あまり日に当てなくても育つものがあります。日中あまり日の当たらない方角にリビングがある場合は、日陰に強い品種を選ぶとよいでしょう。

ただしその場合は、定期的に外に出し、日に当てることが条件です。いくら日陰に強いものでも、長期間日に当てないと弱ってしまうので、その点だけは注意しましょう。

温度や水やりにも注意を

観葉植物は種類によって、耐寒温度も違います。寒さに弱いものもあれば、暑さが苦手なものもあります。夜に急に冷え込むような窓際に、寒さに弱い品種を置かないなど、置く場所の温度にも気を付けましょう。

エアコンの風も、観葉植物の大敵です。エアコンを使わない春や秋に購入した場合、うっかり風の当たる場所に置いてしまうこともあります。気付いたら、できるだけ風の当たらない位置に移動させてあげましょう。

水は土の表面が乾いてから、鉢底からあふれるくらいたっぷりと与えるのが基本です。室内で水やりをする場合、受け皿に溜まった水を捨てに行く必要があります。水やりのしやすさも考えて置き場所を決めると、世話が楽になります。

風水効果を意識してみる

『風水』は、この世に存在するあらゆる物が持つとされる、『気』の力の概念に基づいた環境学です。古代中国で、都市の整備や大きな建物を建造する際の運気をコントロールする手法として生まれ、発展してきました。

近年は日本でも、自宅の間取りやインテリアを決めるときに、風水の考え方を取り入れる方が増えています。風水では物の置き場所や形、方向によって気の流れが変わるとされています。

葉の形や生える向きが多種多様な観葉植物は、気の流れをコントロールしやすく、風水にとても適しています。リビングの運気向上を期待して飾るのも、観葉植物の楽しみ方の一つと言えます。

観葉植物のおしゃれな飾り方やレイアウト

次に、おしゃれなリビングを作るための、観葉植物の飾り方やレイアウトのコツを紹介します。

シンメトリーに配置する

同じ種類の観葉植物を一対用意し、テレビの両側や壁の両端に『シンメトリー(左右対称)』に配置すると、とてもおしゃれな空間になります。

大きな鉢を2個置くのが難しいときは、小さな鉢をテレビ台やパソコンデスクの両脇に置くだけでも効果があります。簡単にセンスアップできるので、配置が今一つ決まらないときや、迷ったときなどにおすすめです。

空白を埋める

大きな観葉植物は、壁や窓際など、部屋の余白部分を埋めるように置くのが基本です。緑の葉が背景となって、無機質な壁面に癒しの空間が生まれます。小さな観葉植物は台などを使って、上部の空白を埋めるとよいでしょう。

テレビボードや棚の上に置くときも、空白部分を意識しながらレイアウトするとバランスが良くなります。

雑貨の一部として配置

インテリア雑貨の一部として、観葉植物を飾るのも効果的です。おしゃれな飾り棚の上に雑貨と一緒に並べたり、ブリキの缶や木箱などを鉢カバーに応用したり、アイデアは無限にあります。

夏には貝殻やサーフボード、秋には松ぼっくりなど、季節によって周りに置く雑貨を変えてみるのもおすすめです。日当たりや温度に注意しながら、さまざまなレイアウトを試してみましょう。

虫対策をしよう

リビングに観葉植物を置くときは、虫対策も欠かせません。虫は放っておくとどんどん増えて、最悪の場合、お気に入りの植物が枯れてしまう危険もあります。虫の予防と撃退方法を紹介します。

虫に応じた薬剤などで対応を

観葉植物に発生する害虫は、大きく分けて、コバエのような土の中に卵を産みつけるものと、ハダニのような葉や茎を餌として食べてしまうものの2つに分けられます。

それぞれに適した薬剤を使って、速やかに全滅させましょう。コバエには専用の殺虫スプレー『コバエジェット』がおすすめです。成虫だけでなく、土にスプレーすることで、中に潜んでいる卵や幼虫も一掃できます。

葉や茎に付いた害虫には、『キンチョール』が意外に効きます。また、土に『オルトラン粒剤』や『ダントツ粒剤』を撒いておくと、虫の発生を予防できます。

虫の発生を予防するには

虫は増えるスピードが早いため、一度発生してしまうと全滅させるのは容易ではありません。虫が発生しないように、適切な管理を心掛けましょう。

コバエは受け皿に溜まった水や、ジメジメした土に卵を産みます。受け皿の水は放置せず、すぐに捨てるのが基本です。水や肥料の与え過ぎにも注意しましょう。

ハダニなどの予防には、霧吹きで葉に水をかける『葉水』が効果的です。葉の表と裏に、毎日かけてあげると害虫予防だけでなく、葉の色が鮮やかになります。

葉や枝が混み合っている部分を剪定して、風通しを良くしておくことも予防のポイントです。元気がなくなると害虫が付きやすいので、日当たりや室温など、基本的な健康管理も怠らないようにしましょう。

おすすめの育てやすい人気観葉植物

最後にリビングにおすすめの、大型の観葉植物を3点紹介します。初心者でも育てやすいものを選んでいますので、購入の参考にしていただけると幸いです。

ベンジャミン

『ベンジャミン』は小さな葉が密集して、フサフサと茂る様子が可愛らしい、人気の観葉植物です。耐陰性が強いので、適度に日光浴をさせてあげれば、日当たりの良くないリビングでも比較的元気に育ちます。

こちらの商品は、葉を縁どる乳白色の斑と淡い色の幹が、とても涼し気です。幹の中ほどにも葉のかたまりがある2段構成で、インテリアにめりはりを付けられます。白いスクエア型の鉢も、とてもスタイリッシュです。

  • 商品名:ベンジャミン スターライト ビューティークイーン 6号鉢
  • 価格:5800円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

ユッカ

『ユッカ』は、別名『青年の樹』とも呼ばれている観葉植物です。細く尖った葉が上に向かって真っすぐ伸びる様子が、若者がたくましく成長していく姿をイメージさせます。寒さに強く丈夫なので、観葉植物の初心者にも人気です。

こちらの商品はオプションで鉢カバーをつけられるほか、のし札やメッセージカードも用意されています。自宅用だけでなく、プレゼントにも最適です。

  • 商品名:ユッカ 7号
  • 価格:2158円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

パキラ

『パキラ』もあまり手がかからず、初心者でも育てやすい、定番の観葉植物と言えるでしょう。

こちらの商品は、ナチュラルな籠タイプの鉢カバー付きで、届いたらすぐに飾ることが可能です。3本の幹が三つ編み状にねじれており、どっしりと力強さを感じさせる仕上がりになっています。

  • 商品名:パキラ 7号
  • 価格:5400円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

観葉植物でリラックス空間を

観葉植物が生き生きとして見えるリビングは、住人にとってもリラックスできる空間です。鮮やかな緑の葉が、疲れやストレスを優しく癒してくれるでしょう。本記事を参考に、お気に入りの植物を元気に育ててみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME