ウマ過ぎる。絶品おつまみ「クリームチーズの醤油漬け」とは?

2019.07.05

クリームチーズと醤油。意外な組み合わせと思う方もいるかもしれませんが、この組み合わせの相性は抜群です。特にクリームチーズのクリーミーな濃厚さに醤油の塩分が合わさって、お酒におつまみにぴったり。この記事では「クリームチーズの醬油漬け」の基本的な作り方とアレンジレシピをご紹介します。今夜の晩酌のお供にぜひ作ってみてください。

クリームチーズの醤油漬けの作り方

作り方はとても簡単。材料や工程も少なく気軽に作れます。

基本のクリームチーズ醤油漬け

材料

  • クリームチーズ:100g
  • 醤油:大さじ1

作り方

  1. 保存袋にクリームチーズと醤油を入れて空気を抜きながら袋を閉じます
  2. 冷蔵庫で半日置いて完成です

クリームチーズは醤油が染み込みやすく、漬け醤油がたくさんかかっていると塩分を強く感じるので、食べるときは漬け醤油をできるだけ切ってからお皿に盛り付けてください。最後にかつお節や刻みネギ、七味などの薬味をのせるのもおすすめです。醤油の他に、みりんを加えると味がまろやかになります。

クリームチーズの醤油漬けアレンジレシピ

つづいて、アレンジレシピをご紹介します。基本の作り方がシンプルなのでアレンジ方法は多岐に渡ります。今回は基本の作り方に1つの食材を加えることでできる簡単なアレンジレシピを2つご紹介します。

クリームチーズのニンニク醤油漬け

洋酒やワインにも合う一品です。醤油のみで漬けるよりも食べ応えがあり、にんにくの旨味が食欲をそそります。そのまま食べてもおいしいですが、サラダに和えたり魚や肉のソースとしても使えます。

材料

  • クリームチーズ:100g
  • 醤油:大さじ1
  • ニンニクチューブ:2cm

作り方

  1. 保存袋にクリームチーズ、ニンニクチューブ、醤油を入れて空気を抜きながら袋を閉じます
  2. 冷蔵庫で半日置いて完成です

食べるときにブラックペッパーをかけるとよりスパイシーで洋風な味になるので、ぜひ試してみてください。

クリームチーズのわさび醤油漬け

焼酎や日本酒に合うおつまみです。わさびのツーンとした爽やかな風味が加わり、さっぱりと食べることができます。わさびが苦手な方はお好みでわさびの量を調整してください。少量でもわさびの風味があることで味のアクセントになります。

材料

  • クリームチーズ:100g
  • 醤油:大さじ1
  • わさびチューブ:3cm

作り方

  1. 保存袋に分量分のクリームチーズ、わさびのチューブ、醤油を入れて空気を抜きながら袋を閉じます
  2. 冷蔵庫で半日置いて完成です

食べるときに海苔をかけるとより和風の味わいになるのでおすすめです。

自家製クリームチーズの醤油漬けの注意点

簡単にできるクリームチーズの醤油漬けですが、作る時に注意していただきたいことが2つあります。これを忘れると、思い通りの味にならない可能性があるので、くれぐれもお気をつけください。

醤油のつけ過ぎに注意

さきほどもご紹介したように、クリームチーズは醤油がとても染み込みやすい性質をもっています。そのため、漬け時間を長くすればするほど味がしみて塩分が強くなります。漬け込みすぎると塩分が高くなり塩っ辛くなるので漬け込み時間は長くても1日を目安にしましょう。またお皿に盛るときに漬けた醤油をかけると塩味が強くなるので、漬け汁は切ってお皿に盛ることをおすすめします。

作ってすぐ食べたいという方や時間が無い方は、醤油の量を減らしクリームチーズをあえればすぐ食べることもできます。

クリームチーズの醤油漬けの賞味期限

自宅でクリームチーズの醤油漬けを作ったときは、材料のクリームチーズの賞味期限を目安にしてください。醤油につけてもクリームチーズは生ものなので痛みやすいです。痛まないように保存袋の空気をなるべく抜き、冷蔵庫で保存しましょう。

今夜の晩酌のお供はクリームチーズの醤油漬けを

クリーミーさと塩味が効いたクリームチーズの醤油漬けは、一度食べると箸が止まらなくなるほど絶品です。アレンジ次第でワインにも焼酎にも合う料理になります。今回紹介したレシピはどれも簡単に作ることができるので、今夜の晩酌のお供に作ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME