意外と知らない『吟醸酒・大吟醸酒』の違いとは?

2019.07.05

日本酒の中でも香り高く、飲みやすい吟醸酒。原料や精米歩合によって全く味わいが変わるため奥が深く、嗜好品としておすすめのお酒です。この記事では吟醸酒の豆知識や、美味しい飲み方、初めての方におすすめのお酒をまとめてご紹介します。

吟醸酒 (ぎんじょうしゅ)はどんなお酒?

吟醸酒とは、60%~50%に精米したお米を使用し、じっくり低温発酵させて作られた日本酒の一種です。すっきりした飲み口と滑らかなのどこし、フルーティーな香りが特徴です。

「吟醸」とは、吟味した原料を使って、丁寧に醸造することを指します。吟醸酒は、一か月近くかけて発酵させる間にもろみの香りが閉じ込められます。

手間暇がかかっている分、日本酒の中でも高級品とされており、お酒付きの方に嗜まれています。最近では日本だけでなく外国でも注目されており、英語では「Ginjo sake」と表記されます。

吟醸と大吟醸の違い

吟醸酒の種類は「吟醸」と「大吟醸」の2つに分けられます。この違いは精米歩合によって定められており、精米歩合が60%~50%のお酒は吟醸、50%以下のお酒は大吟醸と呼ばれます。

大吟醸の方が手間がかかっている分、日本酒のコンテストなどでは賞をとることも少なくありません。もちろんお値段も吟醸より高級になります。吟醸は滑らかでフルーティー、大吟醸の方はクリアで雑味のないお酒になると言われています。

吟醸酒と純米酒の違い

日本酒は種類が多く、調べないとどのような違いがあるのか分かりにくいですよね。吟醸酒と純米酒はどちらも「特定名称酒」という、酒税法に定められた基準を満たしたお酒です。では、同じお米が原料で作られる2つの違いはいったい何なのでしょうか?

一番分かりやすいのは、原料と製法の違いです。純米酒は、米と米麹を原料としていて、アルコールを一切添加していないお酒のことを指します。対して吟醸酒は、上記の通り精米制度60%以下で吟醸造りされている、という条件を満たしてさえいれば、アルコールの添加がされているものも含まれます。

アルコールの添加無しで作られた吟醸酒は「純米吟醸酒」と呼ばれ、その中でも精米制度50%以下のお酒は、「純米大吟醸酒」と呼ばれます。

吟醸酒の美味しい飲み方

ここからは、吟醸酒を美味しく飲むための飲み方をご紹介します。

冷酒または常温がおすすめ

吟醸酒は、フルーティーで華やかな香りとすっきりした味が魅力のお酒です。飲み方は、冷酒(7度~10度)や、常温がおすすめです。日本酒の飲み方として人気の熱燗(50度前後)は、せっかくの風味が飛んでしまうため、もったいないと言われることが多いようです。

温めたい場合は、ぬる燗(40度前後)で飲むことをおすすめします。もちろん、自分がおいしいと感じる飲み方が一番ですので、色々なパターンを試してみて下さいね。

吟醸酒にあうおつまみ

吟醸酒のおつまみは、素材の味を生かしたあっさりした料理がおすすめです。和食全般はもちろん、風味が白ワインに似ているため、意外にも洋食と相性抜群です。また、お肉よりもさっぱりいただける魚介類と組み合わせることが多いようです。

初めての吟醸酒におすすめの商品 3選

初めて吟醸酒を飲む方に向けて、とっておきの3銘柄をご紹介します。

若い世代にもおすすめの大吟醸「紀土」

マンゴーのような香りと、飲みやすい甘口の味わいが魅力の大吟醸です。若い世代や女性にお酒を楽しんで欲しいという思いを込めて作られました。リーズナブルな価格なので、吟醸酒入門におすすめの一品です。

  •  商品名:紀土 純米大吟醸
  •  容量:1800ml
  •  参考価格:¥3,024 (税込)
  •  Amazon 商品ページはこちら

全米日本酒鑑評会で金賞を受賞した「北雪」

酒造に向いているお米の代表である「山田錦」を丁寧に磨き上げ、熊本産の酵母で発行させたこだわりの大吟醸。すっきりした辛口の味わいと、果実のようなふくよかな香りが魅力です。全米日本酒鑑評会2013では金賞を受賞している名品です。見た目も華やかなのでギフトにもおすすめ。

  • 商品名:北雪 大吟醸 YK35
  •  容量: 720ml
  •  参考価格:¥4,890(税込)
  •  Amazon 商品ページはこちら

世界中で人気の純米大吟醸「獺祭(だっさい)」

獺祭は日本酒の中でも広く名前が知られており、日本だけでなく世界中で人気のお酒です。大吟醸酒の中でも、最高レベル(約77%)まで精米して作られたこだわりの逸品。香り高く蜂蜜のような柔らかい甘みがあり、後味はふんわりと余韻が残ります。

  •  商品名:獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
  •  容量: 720ml
  •  参考価格:¥5,724 (税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

こだわりの吟醸酒で幸せなひと時を

吟醸酒は日本酒の中でも香りの良さと飲みやすさが魅力です。あっさりしたおつまみと相性がよく、冷やすとよりおいしさが際立ちます。大人の嗜みとしてぜひ吟醸酒を楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME