釣りに使用するオモリにこだわる。値段や自作のオモリについて

2018.09.10

釣りをする人にとって欠かせないアイテムの1つがオモリです。オモリにはさまざまな役割があり、自分でカスタマイズできるとさらに釣りを楽しむことができます。釣りで使うオモリの種類や、自作する方法を紹介していきます。釣り初心者の方も必見です。

オモリを使う理由とは

釣りをする際にオモリを使う理由はたくさんあります。オモリの重さがあれば遠くまで餌を投げ入れることができます。餌の付いた針を狙ったポイントから流れないようにするのもオモリの役割です。

オモリが無ければ釣りが成立しません。オモリは釣りには欠かせないアイテムと言っても良いでしょう。

狙ったポイントに素早くルアーを沈められる

魚を釣る際に重要になるのが『ポイント選定』です。魚が泳いでいそうな場所に餌の付いた針やルアーを投げ入れて魚を誘います。その時にオモリが付いていないとどうなるでしょうか。

ずっと海の上をプカプカと浮いたまま、下にさがっていきません。狙ったポイントにいくら魚が泳いでいたって、針やルアーが海面でプカプカしていたら魚を誘うことはできません。そこで、水中へと素早く沈められるオモリが必要となるわけです。

捨てオモリとは

オモリには『捨てオモリ』というものがあります。これは読んで字のごとく『捨てるつもりで使うオモリ』です。釣りには『根掛かり』といって、海の底の海藻や岩などに、オモリや針が引っ掛かってしまうハプニングが発生することがあります。

根掛かりをしてしまったら外すのは容易ではありません。運良く外れることもあるでしょうが、ほとんど糸を切ってまた仕掛けを作り直さなければなりません。餌や仕掛けが勿体ないですし、かなり面倒くさいです。

そこで捨てオモリを使います。捨てオモリ部分だけ切れやすい糸を使っているので、根掛かりしたときにはオモリ部分だけが切れてくれます。浅瀬で釣りをする時や、狙っている魚が海底にいるようなときに使います。

オモリにはどんな種類があるの?

では、オモリにはどんな種類があるのでしょうか。オモリの主な役割は『狙っているポイントに餌やルアーを到達させること』です。そのため、潮の流れや狙いたい深さなど考慮して重さを選ばなければなりません。

また、釣り方でも変わってくるのでオモリというのは奥が深いのです。

ナス型オモリで胴突き仕掛けを作る

主に使用される知名度の高いオモリとして『ナス型オモリ』があります。野菜のナスの形をしており、いろんな仕掛けに使われるので釣り人だったら1つは持っているオモリでしょう。

主に、防波堤からアジやイワシなどの小型魚を釣る『サビキ釣り』や『投げ釣り』『胴付き仕掛け』などに使用されます。

胴付き仕掛けを例に見てみましょう。これは、3本針の糸の下にナス型オモリを付けるというシンプルな仕掛けです。素人にも扱いやすく、胴付き仕掛けセットなども販売されています。

ショックを軽減するクッション付オモリ

オモリには、『クッションゴム付のオモリ』もあります。オモリの中にゴムが付いており、衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしてくれます。

「せっかくヒットした魚を逃してしまった…」なんて経験をした人もいるのではないでしょうか。引きが強いと衝撃で釣り糸が切れてしまうことがあり、これを防ぐために、クッション付オモリを使用することが多いようです。

ウキ釣りに使うオモリ

『ウキ釣り』とは、釣り初心者の人でも手軽に楽しめる釣りスタイルの1つです。ウキ釣りに使うオモリにも種類がたくさんあります。ベテランの釣り人は経験とテクニックで使い分けることが可能でしょう。

しかし、初心者には簡単ではありません。ウキ釣りに挑戦する初心者は、以下で紹介するオモリを使い込んで、瞬時に判断できるように上達しましょう。

ガン玉、割ビシ

『ガン玉』とは鉛でできたオモリです。0.07gから重さがあり、ウキ釣りの際に仕掛け調整に使える便利なアイテムです。正露丸のような形をしており、切れ込みに糸を挟んで固定して使います。

細かい調整ができるので、磯釣りや川釣りにも重宝します。オモリの重さ調整には仕掛け部分に、餌の浮き上がりを調整する際にはハリス部分(仕掛け糸)にセットすると良いでしょう。

『割ビシ』はカミツブシとも呼ばれており、ガン玉と同じくウキ釣りに使用します。ガン玉より柔らかく、楕円形でズレにくいというのが特徴的です。主にウキの浮力調整に使用されます。

潮流を逃さずつかむ水中ウキ

ウキというのは水面でプカプカ浮いてアタリを知らせてくれるアイテムですが、波が荒れていたりするとまったく機能しなくなります。そこで重宝するのが『水中ウキ』です。

水中ウキはオモリの役割を果たしてくれるので、仕掛けを沈めてくれます。オモリの付いたウキとイメージすると良いでしょう。水中ウキは面積もあるので、潮の流れをつかめるのもポイントです。

中通しオモリにはさまざまな形がある

オモリに穴が開いており、そこに糸を通して使う『中通しオモリ』にはたくさんの種類があります。根掛かりしやすい場所や隙間を狙う穴釣り、ウキ釣りの浮き調整に使用されます。

中通しオモリの種類には『ナツメ型・丸玉型・平打ち型・オタフク型』などがあります。それぞれ形や重さが違うので、仕掛けや釣りの仕方、波の状況によって使い分けていきましょう。

投げ釣りに使うオモリ

次に、『投げ釣り』に使うオモリを紹介します。投げ釣りとは仕掛けを遠くに投げ入れて、沖などのポイントから魚を釣る方法です。岩場や船の上からなどさまざまなシチュエーションがあります。

27号前後のオモリを使用

投げ釣りのオモリは、一般的に100g前後が適当だと言われています。号で表すと26~28後号です。オモリの重さは『3.75g=1号』と表示されます。100gだと一番近いところで27号の101.25gです。

なぜ100g前後が適しているのかと言いますと、100mほどの距離を投げるのが投げ釣りなので、飛距離的にも100gのオモリが投げやすいようです。もちろん状況で重さを変えるのであくまで基準値として覚えておいてください。

安定性の高い六角オモリ

投げ釣りでよく使用されるオモリに、安定性のある『六角オモリ』があります。投げ釣りのほか、船釣りでも重宝されます。ナス型オモリと少し似ていますが、側面がフラットな状態になっています。

これは潮の流れの影響を受けにくい形です。側面が広いので水中での安定性も抜群です。投げ入れたポイントからはそこまで大きく動かないでしょう。

障害物付近の釣りで活躍するジェット天秤

テトラポッド周辺や岩礁帯などの根掛かりしやすいポイントで釣るときは、『ジェット天秤』がおすすめです。ジェット天秤は、オモリの上の部分に羽根が付いているので、仕掛けを回収するために巻き上げると早く水面に上がろうとします。

そのため、根掛かりを大幅に減らせるというわけです。「ジェット天秤を使用して根掛かりが半減した!」という人もいます。障害物周辺での釣りには欠かせませんね。

ジェット天秤には、固定式と遊動式の2つがあり、釣り方や自分に合ったものを選びましょう。ジェット天秤の使い方や仕掛けの回収の仕方など少しコツがいりますが、慣れると簡単なので練習あるのみです。

オモリの値段は?

ここで気になってくるのがオモリの値段ではないでしょうか。根掛かりしてオモリが無くなったり、糸が切れてしまったりと釣りの最中にオモリが無くなることは日常茶飯事です。

特に、これから釣りを始める人は、オモリにかかるお金はけっこうかかるのでは?と思う人も多いでしょう。ここでオモリの値段を見て大体いくらかかるのか参考してください。

価格の例を見てみよう

釣りで使用される主なオモリには、今回紹介している『ガン玉・割ビシ・ナス型オモリ・六角オモリ』があります。それぞれの価格を見てみましょう。

ガン玉・割ビシはとても小さいのでワンケース売りされています。ワンケースで大体200~500円ほどです。中にはおよそ数十個~数百個のオモリが入っています。

ナス型オモリは、6号のオモリが約2㎏入っているもので2000円ほどです。六角オモリは6号のオモリが約1㎏入っているもので1000円ほどとなっています。

ナス型オモリと六角オモリの価格はほとんど変わりません。グラム数にもよりますが、1袋に10数個入っているので1日でオモリが無くなるということはまずないでしょう。

タングステンのオモリは比較的高い

オモリの価格は素材によって変わってくることもあります。基本的にオモリは『鉛』が使われていますが、良い物になると『タングステン』という素材のオモリもあります。

タングステンは高比重のオモリとして釣り人たちに知られています。海釣りなどでも使用する人もいますが、主にバス釣りに使われることが多いようです。

鉛のオモリと比べても2倍以上の価格です。加工方法が難しいのと融点が高いという理由で高価な素材となっています。しかし、価格と性能は比例するようで、タングステン製は使いやすく、機能性も優れると言われています。

オモリは自分で作れる?

釣り人によってはオモリを自作しています。釣りに行く回数が多い人はオモリにかかる費用も侮れません。コストを削るには手作りがおすすめです。

自分なりにアレンジしてオリジナルのオモリが作れます。一度作ってみるとけっこう面白いかも知れません。

鉛や型が用意できれば自作できる

オモリの作り方を簡単に説明すると『鉛と型』があれば簡単に作れます。材料の鉛を鍋で溶かして、溶けた鉛を型に流し込み固めて完成という具合です。

素材の鉛は、廃材鉛や解体屋から入手可能です。近くになければ古くなったオモリや中古のオモリを安く購入して使うこともできます。まずは古くなったオモリを溶かして練習してみると良いでしょう。

オモリの作り方

まずは鉛を溶かしましょう。鉛を溶かす際は、鍋に素材を入れて一気に加熱します。鉛は400度を超えると溶け出して400度を下回ると固まります。400度となると火傷では済まないので十分に注意してください。

5分ほどで溶けてくるでしょう。鉛を溶かす際は家庭用コンロではなく、野外用コンロ、それもガソリンコンロがおすすめです。また、ガスボンベなどは爆発する恐れがあるので使用は避けてください。

古い鉛を溶かすとゴミやアクが出るので、お玉ですくってください。そのままだとゴミ入りオモリになってしまいます。

溶かした鉛を型に流し込む

鉛が綺麗に溶けたら型に流し込みます。鉛を流しむ際は一気に流し込んでください。小さいレードルやお玉などで継ぎ足しながら注ぐと、1回目に流した鉛が固まってしまい、うまく形成されません。

十分に注げる大きさのレードルや、小さい片手鍋で流し込むようにすると良いでしょう。また、温度にも注意してください。溶けた鉛から煙が出ていたら加熱しすぎている証拠です。

鉛を型に流し込んで10秒くらいすると固まりますので、型から外せるでしょう。しかし、実際はまだまだ熱いので、専用の工具か耐熱手袋を使い、素手で触るのは十分に時間を置いてからにしましょう。

型はネット等で購入できる

オモリの型はネットでも購入できます。オモリを作るための専用型が販売されているので検索してみてください。

また、オモリには糸やサルカン(連結金具)を留めるためのハリガネフックが必要です。これも市販で販売されていますし、古いオモリから再利用することもできます。

換気や温度に注意

オモリを作る際は換気と温度には十分に注意してください。鉛を溶かすと有毒ガスが発生します。風通しの良い屋外が好ましいですが、室内でする場合は換気を必ず行ってください。また、小さな子供やペットのそばでの作業はやめましょう。

鉛を溶かすときは400度以上の高温になりますので十分に注意してください。冷ますときも見た目は固まって冷めたように見えますのでくれぐれも注意してください。

市販のオモリを加工するのも1つの方法

市販のオモリを購入して自分で加工するのも1つの方法です。はじめから手作りするのに抵抗ある人は、少しだけ手を加えてオリジナルのオモリを作るのがおすすめです。

加工方法はいろいろとありますが、簡単にできるのはヤスリで削って、自分好みの形に形成することです。時間はかかりますが、大きめのオモリで行うと良いでしょう。

削ったり塗装したりして自分好みのオモリに

塗装するのも自作の醍醐味です。自作したオモリや市販で購入したオモリなど塗装して自分だけのものを作りましょう。釣り用具の収納ボックスもカラフルになって気分も変わります。

塗料で塗っていくのが良いですが、そこまでするのが面倒くさい人は油性マジックなどでも問題ありません。しかし、それだと仕上がりが雑になりかねませんし、耐久性もありません。

また、本格的な塗料のほかに、マニキュアもおすすめです。マニキュアに使われる塗料は、しっかりしているので重ねて塗るだけで綺麗に仕上がります。

オモリを使いやすく収納しよう

オモリは開封するとバラバラになったり、釣り道具収納ケースの中で散らばってしまったりすることも多いでしょう。整理しておかないとグラム数も把握できないほど散らかってしまいます。

オモリの散らばりを防止するために使いやすく収納しましょう。

小さめのボックスがおすすめ

収納の仕方は人によって変わってきますが、オモリを収納するボックスは小さめのものがおすすめです。

その日使う分だけを小さめのケースに分けて持ち運んでも良いですし、小さめのボックスで全てのオモリを収納するのも良いでしょう。自分の収納スタイルに合わせて対応してください。

EVA Tackle Box 2

オモリの収納ボックスで特におすすめするのが、こちらの『EVA Tackle Box 2』です。水をはじく素材であるEVA素材が使われています。釣りをする場合、耐水性は欠かせません。

サイズもS~Lまであるので好みのサイズが選べるのも魅力となっています。開け閉めがスムーズで上蓋が透明になっているので中身の確認もしやすいです。

他の小物ケースと組み合わせることもできるので、1つ持っているとかなり重宝します。使いやすいボックスを探している人は、検討してみてください。

  • 商品名:EVA タックルボックス2S
  • 価格:1231円(税込)
  • Amazon:商品ページ

細かく分けたい人は小物ケースを

オモリを種類別や、重さ別に分けておきたい人は小物ケースがおすすめです。釣り専用の小物ケースもありますが、100円ショップや雑貨屋さんでも気軽に購入できます。

特に、100円ショップのものであれば、落として割れてしまっても諦めの付く金額ですし、同じ種類のケースを用途ごとに集めても、そこまで高価にならないのもいいですね。

また、小分けできるよう仕切りがあるケースが使いやすいでしょう。自分に合った小物ケースを探しましょう。

オモリを活用して快適な釣りを楽しもう

釣果はオモリが左右するといっても過言ではないくらい、オモリは釣りをするにあたって重要な役割を担っています。

オモリはただ餌を沈める道具ではありません。潮の流れや仕掛けで変えないと本来の役割を発揮できなくなります。

また、自分流にオモリをカスタマイズすると、釣りの醍醐味が増して、さらにフィッシングライフが充実するかもしれませんね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME