夏休みに行ってみよう!関東・関西でおすすめの博物館・美術館8選

2019.07.04

博物館は、芸術・文化・学問などの貴重な資料を収集・展示して、多くの人に周知してもらうと同時に勉強もできる場所です。また美術館にも美術品が多く展示されています。博物館と美術館の特徴と、おすすめの施設を紹介します。

博物館の基本情報

博物館とは、『貴重な資料の収集・展示』を行うと同時に、専門的な分野における調査・研究・教育などさまざまな業務が行われています。

一般の人にとっては展示作品を見て回るというのが主な目的ですが、博物館ではギャラリーツアーやセミナー・ワークショップなども数多く行われている場所です。

またボランティアの募集もよく行われているので、時間があるときに参加してみると、より博物館や美術館への興味湧くことでしょう。

博物館とはどんなところ?

博物館は、世界中に4万館以上あると考えられています。

日本でも、4000館以上もの博物館があるといわれていて、美術館や文学館、歴史館や科学館のほか水族館や動物園、植物園にいたるまで、専門的な分野の資料の展示・収集を行っている場所は大きく博物館に分類されます。

美術館との違い

上記のように、博物館と美術館の関係は、「博物館の中の一つが美術館」という位置づけになります。

絵画や彫刻、工芸品などといった美術作品を中心とした資料を収集・展示っしているのが美術館で、美術専門の博物館といえます。

博物館や美術館の楽しみ方

では、博物館や美術館はどのように楽しめば良いのでしょうか。思う存分楽しむためのポイントと、やってはいけないマナーをまとめました。

楽しむためのポイント

博物館や美術館というと、静かに展示を眺めることになるので、「理解しよう」「静かにしていなくては」という気持ちによって緊張してしまうかもしれません。

しかしながら、堅苦しく考えることはありません。その資料の時代的な背景や、作者のすべてを理解しようとする必要はなく、資料から得られるインスピレーションや、自分の興味のあることから知識を深めていくようにしましょう。

そして、たまに違った角度から資料を見てみると、また新たな視点を発見できるかもしれません。このような新しい発見も博物館・美術館を訪問する魅力の一つで、感じるままに資料に触れてみましょう。

初めて博物館・美術館を訪れるきっかけとしておすすめなのは、期間限定で開催している特別展です。特別展は幅広いジャンルを取り扱っているので、自分の興味のある展示があったときに足を運んでみることをおすすめします。

守るべきマナー

博物館・美術館によって細かいルールこそ違うものの、世の中に1点しか存在しない貴重な資料を扱っている場所なので、万が一破損や盗難が起こると大変なことになってしまいます。

それらを保護するために、守るべきマナーについてきちんと把握しておきましょう。

まずは展示物については基本的に触れることが禁止されています。ガラスケースに収められている展示物についても、ガラスケースに触ることも避けましょう。

また、「線から先には入らないでください」というような注意書きがある場合は、その指示に従いましょう。

続いて「周囲に迷惑をかけないこと」です。展示スペース内はもちろんですが、館内のすべての場所において、携帯電話の使用や大声を出して走り回るなどといった行為は禁止されています。

そのような行為は、周囲に迷惑をかけるだけでなく資料の破壊につながってしまうこともあるため、絶対にしないようにしましょう。

博物館・美術館は東京都上野がおすすめ

東京における博物館・美術館の代表的な地域といえば台東区の上野です。

新幹線・山手線・地下鉄が通っているなどアクセスも良好で、上野公園や上野動物園のほか、アメヤ横丁などといった観光地もある場所です。

上野にある博物館

まずは、日本の総合的な博物館として東洋の文化財を収集・保管している『東京国立博物館』です。この博物館は、貴重な国民的財産である文化財の保存と活用を図ることを目的としています。

本館(日本ギャラリー)、東洋館(アジアギャラリー)、平成館(日本の考古遺物)、法隆寺宝物館(法隆寺献納宝物)表慶館(特別展)といった専門的な建物で貴重な資料の展示を行っています。

続いて、1877年に設立された『国立科学博物館』も紹介しましょう。日本で最も歴史のある博物館として知られ、唯一の国立の総合科学博物館でもあります。

自然史・科学技術史研究に関しては、世界の中核的拠点にもなっていて、約370万点という貴重なコレクションが保管されています。

上野にある美術館

続いては、上野の美術館を紹介していきましょう。

『上野の森美術館』は1972年に開館し、開館以来重要文化財の公開など貴重な資料を公開してきました。2006年に別館を増築し、1階にはギャラリーが、3階にはアートスクールがオープンしました。

また、国立西洋美術館ではフランス政府から寄贈・返還された松方コレクションを皮切りに、西洋美術全般の貴重な美術品を管理しています。特に、印象派の絵画やロダンの彫刻といったフランス美術のコレクションを得意としています。

最後に、1925年に東京府美術館として創設されて以来100年近くに渡って親しまれている『東京都美術館』です。

この美術館は「アートへの入口」をコンセプトに、企画展覧会の開催のほか美術文化事業活動や美術図書室の運営を行っています。2012年にリニューアルし、アートをより体験しやすい造りとなりました。

関東でおすすめの博物館・美術館

東京以外の関東にも、個性的な博物館・美術館が存在します。ここからは東京から1館、その他の県から3館をご紹介しましょう。

国立新美術館

国立新美術館は、コレクションを持たないのが特徴の美術館です。しかし、国内最大級の1万4000平方メートルという展示スペースを活用した展覧会を開催しています。

美術に関する情報・資料の収集・展示・教育普及など、総合的なアートセンターとしての役割も果たしている新しいタイプの美術館として知られています。

  • 店舗名:国立新美術館
  • 住所:東京都港区六本木7-22-2
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 開館時間:10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで。その他、異なる場合あり)
  • 休館日:火曜日
  • 公式HP

群馬県立館林美術館

群馬県立館林美術館は、2001年に群馬県で2館目の県立美術館として生まれました。

1館目である県立近代美術館のある高崎市からは遠く離れた場所にあり、より多くの群馬県民に美術作品を鑑賞する機会を提供する場として、群馬県が所蔵している作品の展示だけでなく、美術に関する教育普及事業を行っています。

  • 店舗名:群馬県立館林美術館
  • 住所:群馬県館林市日向町2003
  • 電話番号:0276-72-8188
  • 開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日
  • 公式HP

生命の星・地球博物館

神奈川県小田原市にある生命の星・地球博物館では、その名の通り『生命の星・地球』という展示テーマで、地球の誕生から今までの46億年に渡る地球の歴史と共に、生命の変化を時間の流れに沿って展示しています。

巨大恐竜や隕石といった大きな展示から、豆粒ほどの大きさしかない昆虫まで、実に1万点近くある実物標本を楽しめます。

  • 店舗名:生命の星・地球博物館
  • 住所:神奈川県小田原市入生田499
  • 電話番号:0465-21-1515
  • 開館時間:9:00-16:30(入館は16:00まで)
  • 休館日:月曜日(館内整備日、年末年始、燻蒸期間、国民の祝日等の翌日など。臨時開館日、休館日あり)
  • 公式HP

千葉市科学館

千葉市科学館のコンセプトは「日常の身近なところから科学へ」です。この科学館では、日常の視点で科学を捉えて年齢を問わず科学を楽しめる参加体験型科学館を目指しています。

日々疑問に感じることや、当たり前のように思えることを科学的に紹介し、来館者と「気づき」を共有できるような展示を行っているのです。

その活動を支えるスタッフやボランティアも、コミュニケーションを大切にして、人と人との触れ合いを重視している科学館でもあります。

  • 店舗名:千葉市科学館
  • 住所:千葉県千葉市中央区中央4−5−1
  • 電話番号:043-308-0511
  • 開館時間:展示エリア9:00-19:00、プラネタリウム9:00-20:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:不定休
  • 公式HP

関西でおすすめの博物館・美術館

関西には、施設自体のビジュアルがユニークな博物館・美術館がたくさんあります。ここからは関西を訪問した時には足を伸ばしたくなる4館をご紹介しましょう。

神戸ファッション美術館

おしゃれの町として知られる神戸にあるのは、神戸ファッション美術館です。ファッションをテーマにした公立美術館としては、日本で初めて設立されました。

1階にある展示室では、様々な角度から『衣』をテーマにした貴重な収蔵品を紹介しています。また3階のライブラリーでは、国内外のファッション関連の雑誌や書籍など約40000冊を貯蔵しているなど、豊富な情報量が売りの美術館となっています。

  • 店舗名:神戸ファッション美術館
  • 住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1
  • 電話番号:078-858-0050
  • 開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館。翌平日休館)、年末年始、 展示替え期間(展示室のみ)
  • 公式HP

国立国際美術館

大阪市にある国立国際美術館は、1977年に開館しました。国内外の現代美術を中心とした美術品の収集・展示を目的とし、関連する調査研究や事業を行っています。

この美術館の建物は、1970年に大阪で開催された日本万国博覧会の時に建設された万国博美術館を活用したものでした。開館以来、日本の現代美術の発展のために活動を続けてきた美術館です。

そして、施設の老朽化に伴い、大阪・中之島西部地区に完全地下型という新時代の美術館として新築・移転されました。

  • 店舗名:国立国際美術館
  • 住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55
  • 電話番号:06-6447-4680
  • 開館時間:10:00~17:00 (入場は16:30まで)、金曜日・土曜日10:00~20:00(入場は19:30まで) ※7~9月の金曜・土曜は21:00まで(入場は20:30まで)。臨時に変更する場合あり
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日が休館) 公式HP

京都国立博物館

日本国内には三つの国立博物館があります。その一つ、京都国立博物館は1897年に開館した歴史ある博物館です。

本館は明治期に活躍した建築家である片山東熊が設計したレンガ造り・フレンチルネサンス様式で、京都東山エリアのシンボルとしても広く知られています。

また、常設展示コーナーでは平安~江戸期の京都の文化財を中心にした展示を行っていて、年に数回特別展示も行われます。

  • 店舗名:京都国立博物館
  • 住所:京都市東山区茶屋町527
  • 電話番号:075-525-2473
  • 開館時間:9:30-17:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:毎週月曜日、年末年始
  • 公式HP

奈良国立博物館

京都国立博物館が開館する2年前、1895年に開館したのが奈良国立博物館です。

奈良という土地柄、仏教美術と古代中国の青銅器などが中心の文化財を豊富に収蔵しています。

特に、毎年秋に定例的に開催されている正倉院展や、春・秋の2回開催される特別展には日本全国から多くの愛好者が駆けつけます。

  • 店舗名:奈良国立博物館
  • 住所:奈良市登大路町50番地
  • 電話番号:050-5542-8600(ハローダイヤル)
  • 開館時間:9:30〜17:00 毎週金・土曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
  • 定休日:月曜日(休日の場合はその翌日。連休の場合は終了後の翌日)、1月1日、その他に臨時休館日あり
  • 公式HP

博物館と美術館を楽しもう

このように、博物館・美術館はそれぞれ独自の色を持っていて、さまざまな貴重な資料を収集・展示・貯蔵しています。気楽に行ける場所とはいえ、そのどれもが貴重なものなのでマナーも求められます。

展示物に触れない、周囲に迷惑をかけないというルールをしっかり守って、博物館・美術館鑑賞を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME