調味料のマキシマムとは?宮崎が生んだ特製スパイスの使い方や購入方法

2019.07.04

宮崎が生んだ人気ご当地商品『マキシマム』を知っていますか?お肉の下味をはじめ、揚げ物・炒め物・スープ・漬物まで、一振りでプロの味が手に入る万能スパイスです。人気のマキシマムについて、使い方や購入方法を案内します。

調味料マキシマムとは?

宮崎県のご当地グルメを聞かれて、思い浮かべるものは宮崎牛・宮崎地鶏・チキン南蛮などではないでしょうか。肉巻きおにぎりやレタス巻き、マンゴーを上げる人もいるでしょう。

そのような豪華な定番商品に肩を並べる、食にまつわる宮崎の人気ご当地商品があります。それが、一部では魔法のスパイスとも呼ばれる『マキシマム』です。いったいどのようなものなのでしょうか?

宮崎県のご当地スパイス

『マキシマム』と耳にしても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。全国的な知名度は高いとはいえませんが、宮崎県民なら誰もが知っている、地元では超メジャーなスパイスなのです。

赤いキャップに緑のラベルをまとった小瓶を見ると、地元の人ならすぐにマキシマムとわかります。メディアで紹介されたことをきっかけに、その存在が徐々に全国へと広がり始めています。

魔法のスパイスとも称され広く愛されるマキシマムについて、細かく見ていきましょう。

宮崎県の中村食肉が開発

マキシマムの開発および発売は、地元の食肉会社『中村食肉』によるものです。宮崎のお肉を知り尽くした企業による、お肉のための万能調味料として、販売をスタートしました。

マキシムは当初、お肉全般の下味用として売り出された商品です。お肉の種類にかかわらず、そのおいしさをより引き出すスパイとして地元での人気を得ていきました。

その後、お肉の下味だけでなく、いろいろな料理にも使えることが話題となりました。そして、現在では幅広い用途で活躍するスパイスとして定着しています。

マキシマム「中村食肉オンラインショップ」

マキシマムの基礎知識

地元宮崎では知らない人がいないほど定番のマキシマムですが、そのおいしさの秘密はどこにあるのでしょうか?

そこで、マキシマムについてさらに詳しく説明しましょう。

マキシマムはどんな味?

魔法の万能調味料と聞いて、まず気になるのはマキシマムの味でしょう。名前からはなかなかイメージしにくいところもあります。

マキシマムを直接口にしてみると、『塩・コショウに独特な香辛料が加わったスパイシーな味』という印象です。また、辛みが若干強めな点も特徴の一つです。小さなお子さんだと、刺激が強いかもしれません。

しかし、刺激だけに頼った小手先の香辛料ではありません。原材料に含まれるカツオエキスをはじめとする各原料の旨味が、絶妙のバランスで配合されています。

その独特の風味が、宮崎県民を魅了し続けてきたスパイスなのです。

マキシマムの原料は?

そのマキシマムを構成する原料に目を通してみます。ビンの裏に貼られたラベルには、次のように記載されています。

  • 食塩
  • 胡麻
  • コンスターチ
  • 野菜粉末
  • 醤油
  • ナツメグ
  • パプリカ
  • カツオエキス
  • クミン
  • ローレル
  • 唐辛子
  • 調味料(アミノ酸等)
  • カラメル色素
  • 酸化澱粉

主成分は食塩と香辛料で、一言でいえば『調味塩』に分類されます。調味料としては、ことさら特殊な原料が使われているわけではありません。

それでも独特のおいしさで人気なのは、その配合の妙にあるのでしょう。そこに、中村食肉のこだわりが隠されています

マキシマムの使い方

宮崎県で生まれ、全国にその名が広まりつつあるマキシマムは、家庭の味をワンランク上げてくれるスパイスです。しかし、その使い方はいたってシンプルです。

手間暇かげずに家庭の味をプロ並みの料理にしてくれるマキシムについて、その具体的な使用方法について紹介しましょう。

ステーキや鶏肉の下味に

創業80年を超えるお肉の専門家が考案したスパイスだけに、お肉の下味をつけるには最適のスパイスといえます。また、できあがった料理にサッと振りかけても、よりそのおいしさを引き出してくれるものです。

ステーキや鶏肉、焼き肉などを焼く前の下味として、まず試してみて欲しいものです。いつものグリル料理とは一味違う仕上がりになるでしょう。

また、揚げ物にも威力を発揮します。鶏肉にもみ込んで下味をつけ、唐揚げにしてみます。すると、カリっとした唐揚げに香ばしさがより加わり、豊かな味わいが広がるでしょう。

お湯に溶かせばスープ

マキシマムをボウル皿に振り、そこにお湯を注ぎます。それだけで、コクのあるおいしいスープのできあがりです。お味噌汁などの汁物を作るのが面倒、そのようなときに活用できます。

ニンジンやキャベツ、玉ネギ、じゃがいもなどをマキシマムで煮込む、簡単ポトフ風スープもおすすめです。野菜のおいしさを引き立てたアツアツスープを楽しめます。

さらに、マキシマムはドレッシングとしても活用できます。オリーブオイルに適量を振り、混ぜ合わせてサラダにかけると、生野菜の新鮮な味わいを楽しめるでしょう。

卵かけご飯を一味変える

ちょっと変わった使い方ですが、ぜひ試して欲しいものがマキシマムを使った『卵かけご飯』です。アツアツのご飯に生卵とマキシマムを混ぜるだけで、卵かけご飯がレベルアップします。

同じくお米のおいしさを引き立てる使用法としては、チャーハンとマキシマムの愛称もバッチリです。ご飯を炒めたフライパンに一振りで、味わい深いチャーハンへと変身します。

ネット通販で購入できるマキシマム

地元で人気を博し、全国からも注目を集めるようになった調味料のマキシマムですが、宮崎県外でも手に入れることはできるのでしょうか?

宮崎県外でマキシマムを扱うスーパーや小売店はまだ少ないのが現状です。しかし、ネット通販を利用すれば、簡単に入手できるのでぜひ手にしてみてはいかがでしょうか。

中村食肉 魔法のスパイス マキシマム 140g

マキシマムには、いくつかの種類があります。なかでも定番商品として根強い人気を誇るものが『魔法のスパイス マキシマム 140g』でしょう。不動のナンバーワン商品といえる一品です。

独自の原料の配合で独特な風味をかもし出しながらも、シンプルな味わいで使うシーンを選びません。初めてマキシマムを試してみようという人は、この商品から使ってみることをおすすめします。

  • 商品名:中村食肉 魔法のスパイス マキシマム 140g
  • 価格:873円(税込)
  • Amazon:商品ページ

中村食肉 魔法のスパイス マキシマム ゆず味 120g

スタンダードなマキシマムに、ゆずテイストを加えた商品が『魔法のスパイス マキシマム ゆず味 120g』です。オリジナルのマキシマムに次ぐ人気アイテムとして、宮崎県内の家庭に浸透しています。

独特の風味や香りを生かしつつ、ふわっと広がるゆずの風合いで、お料理にさわやかな印象を演出します。オリジナルのマキシムとの違いを試してみてはいかがですか。

  • 商品名:中村食肉 魔法のスパイス マキシマム ゆず味 120g
  • 価格:1118円(税込)
  • Amazon:商品ページ

中村食肉 魔法のスパイス マキシマム わさび味 120g

オリジナルのマキシムは、そもそも辛みの効いた、独特のスパイシーさが人気の香辛料です。そのマキシムに、わさびの味わいを加えた商品もラインナップされています。

『中村食肉 魔法のスパイス マキシマム わさび味 120g』は、西洋わさびを原料に加え、日本人が好む刺激を味わうことができます。スッと鼻に抜けるわさびの爽快さがクセになるスパイスです。

  • 商品名:中村食肉 魔法のスパイス マキシマム わさび味 120g
  • 価格:850円(税込)
  • Amazon:商品ページ

宮崎県の調味料マキシマムを使ってみよう

東国原英夫元知事の取り組みによって、宮崎県産の特産品が全国的に注目を集めました。それを契機として、県内産業はオリジナリティのある魅力的なご当地商品の販売に力を注いでいます。

マキシマムも、宮崎県の一企業が売り出した商品ながら根強い人気を集め、今や全国区に名を連ねようとする名スパイスに成長しました。ぜひ魔法のスパイス『マキシム』を試してみませんか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME