ノンカフェイン「ルイボスミルクティー」の作り方!美味しく作るコツとは

2019.07.04

昨今の健康ブームの後押しを受け人気が高まっているルイボスティー。この記事ではそんなルイボスティーのおすすめの飲み方である「ルイボスミルクティー」を美味しく作るコツや、ルイボスティーの魅力をご紹介します。

ルイボスミルクティーとは

ルイボスミルクティーとは、その名の通りルイボスティーとミルクを組み合わせたお茶です。コクのあるルイボスティーとまろやかで甘味のあるミルクの相性は抜群です。ミルクティー好きな方はもちろん、普段ミルクティーを飲まない方にもおすすめしたい飲み方です。

ルイボスティーとは

ルイボスティーとは、マメ科のアスパラトゥス属のルイボスを使ったお茶です。ルイボスは、南アフリカ共和国のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にしか自生しておらず、「健康茶」としても人気があります。因みに、ルイボスは落葉するときに赤褐色になることから、ルイは「赤い」、ボスは「やぶ」と現地語で表されるそうです。

ルイボスティーのカロリー

ルイボスティーのカロリーは、「0キロカロリー」です。そのために健康目的で普段から愛飲している人も多く、人気上昇中のお茶なのです。

ルイボスティーはノンカフェイン

緑茶や紅茶の多くはカフェインが含まれていますが、ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。そのため、カフェインが苦手な方やカフェイン制限をしている妊娠中・授乳中の方も気にせず飲めるお茶なのです。

ルイボスミルクティーの作り方

それでは、ここからルイボスティーのおすすめの飲み方「ルイボスミルクティー」の作り方をご紹介します。材料は、水、牛乳、ルイボスティー茶葉です。スーパーなどで簡単に購入できる材料ばかりですので、準備が整ったらさっそく作ってみましょう。

手順

  1. 鍋に水を入れて沸騰させます。
  2. 沸騰したらルイボスティー茶葉を入れて、3分ほど煮出しさせます。
  3. 時間が経ったら、牛乳を加え、そのまま加熱させます。
  4. 沸騰したらすぐに火を止めます。
  5. 茶こしを使って④をカップに注いで、完成となります。

美味しく作るポイント

ルイボスミルクティーを美味しく作るためのコツを2つご紹介します。この2つさえ押さえておけば、美味しいルイボスミルクティーが作れます。

しっかりと煮出すること

まずは、しっかりと煮出しをすることです。紅茶の場合、長い時間煮出しすると、苦みや渋みがどうしても出てきてしまいますが、ルイボスティーは苦みも渋みもほとんどない紅茶のため、他の紅茶のように長めに煮出しを行っても、苦みが渋みが強くなる心配がありません。しっかりと煮出しをすることで、茶葉の風味を最大限に引き出すことができます。

ストレートで飲む時より茶葉を多めに使う

次は、ストレートで飲む時よりも茶葉を多めに使うということです。少量だと牛乳の味に負けてしまい、せっかくのルイボスティーの風味をあまり感じることができません。美味しく作るためには、ルイボスティーの風味を消すことなく作ることが大切。そのため、普段ストレートで飲む時よりも、多めに茶葉を使いましょう。多めに使うことで香りも増し、さらにルイボスティーの魅力を感じることもできます。

コクと甘いが絶妙なルイボスミルクティーを堪能しよう

ルイボスミルクティーについて紹介しました。ルイボスミルクティーは自宅で簡単に作れますし、ノンカフェインですので寝る前にもおすすめです。また、カロリーもゼロということもあり、ダイエットをしている人にもおすすめ。ルイボスミルクティーを作って、コクのある美味しいミルクティーを堪能してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME