キッチンに物がいっぱい。そんな人へおくる「調味料の収納アイデア」!

2019.07.03

料理するほど増えていく調味料は、整理を考えなければ次第に使いにくくなっていきます。ラックや引き出しを使ったキッチン収納術をマスターし、快適な料理環境を作っていきましょう。調味料の安全な保存方法や収納アイテムの入手についても解説します。

収納術の基本

使いやすく快適な料理環境を作るには『収納術』をマスターすることが重要です。まずは収納術についての基本的な考え方について見てみましょう。

2種類の収納術をマスターする

収納術には大きく分けて『見せる収納術』と『隠す収納術』の2種類があります。収納なのに見せるというのは不思議な表現に見えるかもしれません。

見せる収納というのは、収納物が一目で確認できる状態を指します。例えば塩・胡椒など頻繁に出し入れするものは、トレーやラックなどに収納し片手でサッと取り出せる状態が好ましいといえるでしょう。

隠す収納とは、扉や蓋付きの収納アイテムで収納物を見えない状態にして収納することを指します。キッチンでは油はねによる汚れが大敵なので、使用頻度の低いものは隠す収納で汚れを回避すると良いでしょう。

テイストを統一する

キッチン収納を考える上で意識したいのは、見た目のテイストを統一することです。これにはインテリアに対するこだわりという意味もありますが、収納術を考える上での実用的な意味もあります。

キッチン収納には見せる収納が重要になります。それは調味料というアイテムが日々の料理で頻繁に出し入れされるものだからです。調味料をパッと手に取って無意識に元の位置に戻すには、高い視認性が重要になります。

素材や配置に統一感のない収納では、調味料の種類が増えるほど使い勝手も悪くなるでしょう。しかし、ラックをステンレス・スチール製でまとめるなど収納に工夫する事で、収納物の整理がしやすくなります。

また、ハーブならハーブ、スパイスならスパイス、と分けたり、使用頻度の高さでグループ分けしたりすると、テイストが統一されて見た目も良くなりますし、どこに何があるのかが直感的にわかるので便利です。

調味料の見せる収納術

調味料を見せる収納術で整理するにはどうすれば良いのでしょうか。ラックを使って収納する例を交えて見てみましょう。

ラックを使ってまとめる

見せる収納を考えるとき、最もベーシックな収納アイテムはスタンドタイプのラックです。スタンドタイプというのは平面に直置きするタイプのもので、2段や3段のものもあります。

調理台の奥やコンロの脇に置いて、肉の仕込みなどに使うハーブ・スパイスは調理台奥のラック、煮込み料理に入れる調味料はコンロ脇のラック、という形で分けておくと、取り出しやすくて便利です。

キッチンの位置関係次第ですが、塩・胡椒など、使用頻度の高いものは中間位置のラックに置く、ということも考えて良いかもしれません。ただ、コンロ脇などは特に油はねで汚れやすく掃除の手間がかかるところは意識しておいた方がいいでしょう。

マグネットで貼り付ける

スタンドタイプのラックは収納物を取りやすい反面、調理スペースを圧迫し、汚れやすいところが難点です。そこで強力な磁石のついたマグネットタイプのラックなら、冷蔵庫や金属製の調理台などに貼り付けることができます。

日常的に使う調味料が少なければ、マグネットタイプのラックを使うことで、油汚れを心配しなくて済みます。

また、調味料のうち使用頻度の高いものはスタンドタイプ、あまり使わないものはマグネットタイプ、と分けると、使用する際に便利です。

ただしマグネットタイプは耐荷重を超えると落下の危険があるので、重量制限についてアイテムごとに確認が必要です。。

吊り下げでスペースを節約

調理スペースを確保しつつ手の届きやすいところに調味料を収納したい、というときには吊り下げタイプの収納ラックを利用すると良いでしょう。

『吊り下げ』というのは、戸棚やキッチンフード(換気扇のカバー)に吊り下げて使うタイプのラックです。

戸棚下の吊り下げラックは、ラック上部にL字の脚がついていて、これを扉下部の隙間に差し込んで棚板に密着させる構造になっています。

吊り下げラックのメリットとして、調理台などのキッチンスペースを圧迫しないこと、サッと手に取れることの他に、油はねを回避できて汚れにくい点も大きいでしょう。

注意点としては、奥行きのある吊り下げラックに調味料を並べ過ぎて視認性を落とさないこと、地震の際などに落下する危険があるため重量物を収納しないことが挙げられます。

調味料の隠す収納場所

隠す収納術ではキッチン周りの既存の収納スペースを活用しましょう。『しまう』という発想が重要なので、これを念頭に置いて読み進めると理解が深まります。

引き出しにしまう

調理台の引き出しに調味料を収納する場合には、引き出したときの視認性の高さが重要です。瓶詰めの調味料は、上からの視点では内容物がパッと判断できない場合があります。

調味料の種類によって瓶の形状を変えてグループ分けし、さらに瓶の蓋にラベルを貼れば、目的の調味料を発見しやすくなり、料理の際の手間を減らすことにもつながります。

また、使用頻度の高い調味料は引き出しの手前側に並べて置くと、さらに調味料を手に取るまでの時間が短縮されますのでおすすめです。

シンク下にしまう

空間の広いシンク下を調味料の収納に活用するとき、引き出しの考え方を応用して、ファイルボックスなどの奥行きのある収納アイテムを使うことが考えられます。

幅の細い引き出しを複数並べるような感覚です。シンク下は暗いため、扉を開けたとき前から見て収納物が判断しやすいよう、ボックスを色分けしておくと良いでしょう。

ボックスを引き出したとき、上から見て瓶の形状やラベルで内容物が判断しやすいようにしておくとベターです。

また、引き出しトレー付きのスタンドタイプのラックも、シンク下で便利に使うことができるでしょう。他にも、排水管で分断されがちなシンク下の空間に合わせた、排水管を回避できるタイプのスタンドラックも販売されています。

冷蔵庫に入れる

冷蔵庫に調味料を収納するときは、野菜室の上部トレーや冷蔵庫の最上段といった、他の食材を圧迫しにくいスペースを活用すると良いでしょう。

横幅の狭いボックスにまとめた調味料をボックスごとまとめて引き出す、という冷蔵庫の奥行きを生かした収納方法をおすすめします。

また、ケチャップやマヨネーズはドアポケットに入れられるケースが多いですが、立てようとしても倒れ、横にするとスペースが無駄になりがちです。

こういった調味料は蓋がない大きめの瓶に、頭を底に向けて刺しておくと、スペースを無駄にせず取り出してすぐに使うことができます。この場合は冷蔵庫の最下段の手前に並べておくと良いでしょう。

主な調味料の保存方法一覧

調味料は大物や粉ものを常温保存、それ以外を冷蔵保存、としていないでしょうか。実はそれが最適とはいえないケースがあります。

常温保存するべき調味料

砂糖と塩は温度変化で凝固しやすいため、冷蔵庫から出し入れせず『常温保存』しましょう。サラダ油やオリーブオイルといった油類は、低温保存すると油分が固まりやすく、同じく常温保存すべき調味料です。

ただし油類は酸化が進むと味が劣化するため、できれば密閉できる瓶や蓋付きのオイル差しに小分けにして保存しましょう。

また、酢やみりんは冷蔵保存もできますが、常温保存で問題ないため、冷蔵庫の収納スペースを圧迫しないためにもシンク下などでの収納が向いています。

『みりん風調味料』はみりんとは成分が異なり冷蔵保存しないと味が劣化するため、品質を保つには購入時には収納スペースをあらかじめ考えた上でサイズを選ぶ必要があります。

冷蔵庫で保存するべき調味料

醤油と味噌は発酵食品で、カビが生えやすいため冷蔵保存をおすすめします。料理での使いやすさを考えると、醤油は小分けにしてキッチンに常備しておくのも良いでしょう。

バターは常温でも冷蔵庫内の湿気でもカビが生えやすいため判断に迷うかもしれませんが、なるべく空気を抜いた食品保存袋に入れて冷蔵保存するか冷凍保存することをおすすめします。

ソースやポン酢は常温では痛みやすく、ケチャップやマヨネーズは味が劣化しやすいため冷蔵保存向きです。また、小麦粉や片栗粉などの粉ものは常温保存するとカビやコナダニが発生する恐れがあるため冷蔵保存しましょう。

料理酒に関してはサイズが大きく常温保存したいところですが、味の劣化を考えると冷蔵保存の方がベターです。

調味料収納アイテムにおすすめのメーカー

収納術の実践を始めるとき、いきなり高額な商品を買う必要はありません。まずは良質で手頃な価格の商品で収納術に慣れていきましょう。

シンプルで愛される無印良品

無印良品の商品はシンプルで使いやすく、ムダのないデザインが特徴です。調味料の収納アイテムとしては、引き出しにも使える半透明の整理ボックスや、持ち運びに便利なステンレス製のワイヤーバスケットなどがあります。

バスケットは調味料の瓶を2列以上に並べて収納することができ、料理中だけシンク下から出して使ったり、塩胡椒など食事中でも使う調味料ならキッチンから食卓へそのまま持ち運ぶこともできるでしょう。

また、S字フックとシャワーラックを組み合わせて、吊り下げタイプのラックとして使うこともできます。足付きトレーをキッチンに置けば2段のスタンドラックのように活用することも可能でしょう。

キッチン用品 通販 | 無印良品

種類も豊富なニトリ

お値段以上のクオリティで評判のニトリは、家具で有名ですがキッチン収納アイテムも豊富に取り揃えています。

2・3段のスタンドラックや吊り下げラック、スパイス容器や蓋付きオイルポットと基本的な収納アイテムは何でも揃い、価格も手頃です。

ラックの素材は、サビに強いステンレス製のものならワイヤー構造やパンチングメタル構造になっており、油で汚れても洗いやすく、また木製で優しい風合いのラックも各種取り揃えています。

定番アイテムを品質に定評のあるブランドで安価に揃える、というのは統一感を出すという意味でもおすすめできる選択です。

調味料入れ・スパイスラック | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

DIYも可能 100均・セリア

100円ショップであるセリアの商品は、ラックやスパイス容器など基本的なアイテムが豊富で、何より安いというところが魅力です。

チープさを感じさせないデザインにこだわった、定番のデザインにはない味わいのあるセリアの商品で、一式揃えて統一感を出すというのも面白さがあります。

100円均一の魅力は、無関係に見えるさまざまな商品を組み合わせて、オリジナリティのある収納アイテムを作り出せるところにもあるでしょう。

イメージ通りにいかなくても本来の目的に使う、という切り替えができ、高額な商品を買って失敗するよりも安い出費で、色々な商品を試すことができます。

100円ショップのSeria(セリア)

調味料をきれいに収納しよう

調味料を収納しようとするときには、キッチンの個性に合わせた最適化を考えることになります。限られたキッチンスペースを生かして自分が最も使いやすい環境を作っていくプロセスです。

さまざまなアプローチが考えられるので、まずは使用頻度の高い塩胡椒などの調味料の収納を考えてみましょう。収納の考え方に慣れてきたら、次はここを変えようという見込みも付けやすくなります。

収納するほど料理が楽しくなり、調味料が増えてまた収納を考える、その中でいつのまにか収納が趣味になっているかもしれません。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME