日本好きのギフトにおすすめの「高級日本酒」はコレ!

2019.07.01

様々な味わいと香りで魅了してくれる日本酒。今では、世界中の人から愛されるお酒となり、愛飲している人も多いのではないでしょうか。日本酒は、製法や原料、熟成期間によって味も変化します。また、価格も安いものから高級なものまで多数存在。そこで今回は、誰もが憧れる高級な日本酒について紹介します。プレゼントにもおすすめですので、興味のある方はぜひ、ご覧ください。

日本酒とは

日本酒とは、米を麹菌の酵素や酵母によって発酵させたお酒のことを指します。製法は昔ながらの方法を採用し、長期間ゆっくりと作られることから幻と呼ばれる日本酒も存在しています。また、歴史も長く日本人をはじめ、多くの方から愛されるお酒となりました。

日本酒は大きく分けて2種類

日本酒は大きく分けて2種類に分けることができます。その2種類についてここで簡単に説明します。

純米酒

まず一つ目は、純米酒です。純米酒は、米や米麹を原料としたもので、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、特別純米酒などがあります。

醸造酒

二つ目は、醸造酒です。醸造酒は、米や米麹以外に醸造アルコールを加えたものを言い、大吟醸酒、特別本醸造酒、本醸造酒などがあります。

甘口と辛口の違い

日本酒には、甘口と辛口の2パターンがあります。この甘口と辛口を決める判断となるのは、日本酒度、酸度、アミノ酸度の3つ。これらについてここで少し説明します。

日本酒度

日本酒度とは、日本酒の甘さや辛さを表す指標のこと。マイナスになればなるほど甘く、プラスになればなるほど辛いということを表しています。

酸度

酸度は、日本酒に含まれる「酸」の量を表したもの。酸と聞くと「多ければ多いほど酸っぱい」といったイメージがありますが、日本酒ではお酒のキレを生み出してくれるものとして活躍してくれます。この酸度が高ければ辛口に感じ、低ければ甘口に感じます。

アミノ酸度

アミノ酸度とは、その名の通り、アミノ酸の量を表したもの。アミノ酸度が高ければ濃厚で芳醇なコク深い味わいに、アミノ酸度が低ければすっきりとした味わいとなります。つまりアミノ酸度が高いと甘口、アミノ酸度が低いと辛口になるということです。

高級な日本酒銘柄

それではここから、高級な日本酒銘柄について紹介していきます。

磯自慢

最初に紹介するのは、「濃厚で芳醇、コク深い味わいに」です。この日本酒は、洞爺湖サミットで乾杯酒として採用された日本酒です。サミットで利用されたことから話題となり、今では入手困難な幻の日本酒に。お酒が好きな方からも人気が高いため、プレゼントにも最適です。

黒龍 しずく

続いて紹介するのは、「黒龍 しずく」です。この日本酒は、酒袋より自然に滴り落ちる一滴から名づけられました。透き通るようなきれいな味わいとフルーティーな香りが特徴となっています。

鍋島

続いて紹介するのは、「鍋島」です。この日本酒は、お米の旨味をたっぷりと感じることができる逸品。透明感もあり、ジューシーな味わいも満喫できます。

賀茂鶴 吟凛雅(ぎんりんが)

続いて紹介するのは、「賀茂鶴 吟凛雅」です。この日本酒は、全国新酒鑑評会で18年連続金賞を受賞した実力のある銘柄。32%まで磨いた米を天然伏流水で仕込み、丁寧に作り上げています。味わいはすっきりしたキレのあるもの。クリスタルのガラスに詰められているのも特徴です。

高級な日本酒は贈り物にも最適

高級な日本酒について紹介しました。高級な日本酒は紹介した以外にもまだまだたくさんあります。ぜひ、贈り物として選んでみてはいかがでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME