芳醇な香りが魅力のコナコーヒー。美味しいインスタント商品を紹介

2019.06.30

ハワイのコナコーストで栽培されているコナコーヒー。ハワイのお土産で貰ったことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、コーヒーは好きだけど生豆や粉からドリップして飲むのは億劫という方に向けて、生豆や粉コーヒーとインスタントコーヒーの違いも交えながら、コナコーヒーの美味しいインスタント商品をご紹介します。

コナコーヒーって何?

コナコーヒーは、ハワイ島西岸のコナコーストで主に栽培されているコーヒーのことです。ハワイ旅行の定番のお土産としても大変人気があります。

コナコーヒーの魅力は、なんといってもその芳醇でフルーティな香りと酸味、甘みのバランスにあります。初めて飲むと「これがコーヒー?!」と感じる人もいるかもしれません。

ちなみに、市販のコナコーヒーには、「100%コナコーヒー」のものと、「10%以上コナコーヒー」のものがあります。後者はコナブレンドと呼びますが、安価で手に入るコナコーヒーの多くはこのコナブレンドです。コナブレンドも美味しいですが、コナコーヒー本来の良さを味わうなら、やはり100%コナコーヒーがおすすめです。

コナコーヒーのインスタント

それではさっそく、おすすめのインスタントコナコーヒー(100%コナコーヒー)をご紹介していきます。

マルバディ(MULVADI)

ハワイのスーパーに必ずといっていいほど売られている100%コナコーヒーの「マルバディ」。酸味が抑えられているのが特徴で、誰が飲んでも美味しくいただける味わいです。

  • 商品名:マルバディ コナ インスタントジャー 42.5g
  • 参考価格:1,980円(税込)
  • Amazon商品ページ

ライオンコーヒー(LION COFFEE)

ハワイの老舗コーヒーブランド「ライオンコーヒー」の特徴はなんといってもフレーバーの種類が豊富なことです。バニラ、チョコレートマカダミアナッツ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、トーステッドココナツ、ノーフレーバーなどがあり、「変わったコナコーヒーが飲みたい」という人には大変おすすめです。

  • 商品名:ライオンコーヒー 24カラット コナコーヒー 198g (豆)
  • 参考価格:2,999円(税込)
  • Amazon商品ページ

フラガールコーヒー(HULA GIRL COFFEE)

コナコーヒー独特の甘い香りとコクが楽しめるのがフラガールコーヒーです。

  • 商品名:フラガール 100%コナインスタントコーヒー(瓶タイプ)1.75oz(50g)約30杯分
  • 参考価格:1,551円(税込)
  • ハワイコーヒーマーケットHP

インスタントと生豆や粉の違い

さて、ここまでインスタントのコナコーヒーをご紹介してきましたが、生豆や粉(挽豆)との違いが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで、インスタントと生豆や挽豆の違いについてご説明しておきます。

生豆と粉(挽豆)

コーヒーには「加工すればするほど酸化が早まる」という性質があります。酸化するということは、それだけ本来持つ風味が失われていくことでもありますから、いわゆる「味が落ちた」状態だといえます。

その意味では、コーヒーショップなどで生豆を購入し、その場で挽いてもらうか、家庭で挽いて飲むのが、もっとも風味を味わえる飲み方ということになります。

それが面倒な人は、すでに挽いてある粉(挽豆)を購入し、家庭でドリップして飲むという方法もあります。ただし、コーヒーは挽いてからの時間が長いほど香りや味が低下してしまうので、挽きたての生豆にはかないません。

インスタント

では、インスタントはどうなのかというと、インスタントは抽出したコーヒーを乾燥させ、粉末状にしたものをいいます。つまり、製造過程において一度飲み物としてのコーヒーになっている訳です。

当然、その際にかなりの風味を失っていますから、生豆や挽豆と比べると、味は落ちてしまいます。しかし、製造過程において乾燥させてあるため、非常に賞味期限が長く、日にちが経っても味の劣化が少ないというメリットやドリップの手間を省いて飲めるというメリットがあります。

インスタントのコナコーヒーもおすすめ

本来風味豊かな生豆や挽豆であっても、長期間保存すればインスタントとほとんど変わらないか、時にはそれ以下にまで劣化してしまいます。そのため、普段からコーヒーを頻繁に飲まない方には、むしろインスタントの方が良いかもしれません。インスタントのマルバディやライオンコーヒー、フラガールコーヒーは通販で簡単に手に入りますから、まだ飲んだことがない方は一度試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME