バウムクーヘンのおすすめランキング。東京から関西まで徹底解説

2019.06.29

結婚式の引き出物や贈答品として日本で人気の高いバウムクーヘンですが、その理由についてはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか?私たちの生活の身近にあるバウムクーヘンの魅力や、おすすめのお店を紹介します。

バウムクーヘンはギフトに最適

これまで結婚式に出席したことのある方の中には、引き出物としてバウムクーヘンをもらった経験があるのではないでしょうか。大切なギフトとしてバウムクーヘンを贈ったことのある方も多いかもしれません。

ギフトとしてバウムクーヘンが選ばれる理由には、日本でのバウムクーヘンに対する捉え方や由来が関係しています。しかし、これは海外での捉え方とでは多少の違いがあるのです。

ここからは、本場であるドイツでのバウムクーヘンに対する捉え方や、日本における捉え方について比較しながら解説します。

ドイツ語で木のケーキという意味

バウムクーヘンが初めて誕生した国はドイツです。ドイツ語で『BaumKuchen』と表記しますが、前半部分の『Baum』は日本語で木を意味し。後半部分の『Kuchen』はお菓子(ケーキ)を意味します。両者を結合すると『木のケーキ』という意味になるのです。

バウムクーヘンはもともと木の棒にパンの記事を巻きつけて焼いて作り上げていました。できあがったバウムクーヘンを木の棒から取り外して輪切りにすると、その断面に木の年輪のような模様があらわれることからこの名前がつけられたと言われています。

日本では繁栄の意味がある

日本で初めてバウムクーヘンが販売されたのは、1900年代初頭です。ドイツ人の菓子職人、カール・ユーハイム氏が『ユーハイム』というお店をオープンし、そこで販売されたバウムクーヘンが評判になり広まったと言われています。

日本においてバウムクーヘンの捉え方は本場のドイツとは異なり、切り口が木の年輪のように見えることから『繁栄』の意味を持っています。このため昔からバウムクーヘンは、結婚式やお祝いの場にふさわしいお土産として選ばれているのです。

バウムクーヘンの魅力

結婚式の際に渡される引き出物のうち、最も多いお菓子がバウムクーヘンだと言われています。子供から大人まで世代を超えて多くの人から愛されるお菓子ですが、本場ドイツのバウムクーヘンと日本のバウムクーヘンとでは、味や特徴がやや異なるのをご存知でしょうか?

ドイツでは一般的にバウムクーヘンは専門店で販売されています。バウムクーヘンを焼くための専用のオーブンがあり、経験豊富な職人が焼き上げる特別のお菓子として扱われているのです。

ここでは日本のバウムクーヘンの魅力や特徴、さらに価格について詳しく紹介します。

種類が豊富にある

日本のバウムクーヘンは、ジャムをサンドしたタイプや生地にフルーツや抹茶を練りこんだタイプなど、さまざまなタイプを取り揃えています。

一方ドイツでは。乾燥防止のために表面をコーティングすることはあっても生地に何かを練りこむことはほとんどなく、シンプルなタイプがほとんどなのです。

日持ちするものが多い

バウムクーヘンの賞味期限はお店によってさまざまです。例えば老舗のユーハイムで販売しているバウムクーヘンの賞味期限は、製造日より60日とされています。

特に贈答用の場合には真空パックやビニールで包装がされていることが多いので、それだけ日持ちが良くなっているのです。

価格も手ごろで手土産にも

バウムクーヘンの価格は販売するショップによってさまざまですが、他のケーキと比較しても比較的手頃な価格に設定されています。

大きさもさまざまなタイプが販売されており、ホールで販売されている場合や食べやすい大きさに切り分けて販売されている場合など、相手に合わせて選びやすい点も手土産にも選ばれやすい特徴であると言えるでしょう。

東京でおすすめのお店ランキング

お菓子の激戦区である東京では、バウムクーヘンを取り扱っているお店は多数あります。そのお店でしか製造されていない個性的なバウムクーヘンを提供するお店も多数あり、趣向をこらしながら多様化されているのです。

ここでは、その中でもとりわけおすすめのお店を紹介します。ぜひ今後購入する際の参考にしてください。

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ 新宿伊勢丹店

バウムクーヘンの本場であるドイツのお菓子協会では、バウムクーヘンの製造に厳しい基準を設けています。その基準を忠実に守り本格的に作っているのが、東京のホレンディッシェ・カカオシュトゥーベです。

新宿の伊勢丹店にショップがあり、たくさんの種類のバウムクーヘンを販売しています。

  • 店舗名:ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ 新宿伊勢丹店
  • 住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店B1F
  • 電話番号:03-3352-1111(代)
  • 営業時間:10:30〜20:00
  • 定休日:不定休(新宿伊勢丹店に準ずる)
  • 公式HP

クラブハリエ B-スタジオ 日本橋三越店

クラブハリエ B-スタジオも人気の店舗で、バウムクーヘンを焼き上げる様子が鑑賞できるスタイルを最初に始めた、バウムクーヘンの専門店です。ふんわりとソフトな食感が魅力的で、連日多くの人で賑わっています。

人気が高い商品である『バウムシュピッツ』は、チョコレートでコーティングして小さくカットしているので、手軽に食べやすい点が特徴です。

  • 店舗名:クラブハリエ B-スタジオ 日本橋三越店
  • 住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店新館B2F
  • 電話番号:03-5205-1080
  • 営業時間:10:00〜19:30
  • 定休日:不定休(日本橋三越店に準ずる)
  • 公式HP

ねんりん家 大丸東京店

ねんりん家大丸東京店は東京駅から近く、お土産としても人気の店舗です。『バウムクーヘンのフランスパン』や『バウムクーヘンのカステラ』など、豊富な種類のバウムクーヘンを販売しています。

ねんりん家が提供するバウムクーヘンは、バウムクーヘン専用に作られたこだわりの釜で焼かれています。材料や配合、焼き加減にとことんこだわり、美味しいバウムクーヘンを提供し続けているのです。

  • 店舗名:ねんりん家 大丸東京店
  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店1F
  • 電話番号:03-3212-8011(代)
  • 営業時間:10:00〜21:00(土日祝は20:00まで)
  • 定休日:不定休(大丸営業日に準ずる)
  • 公式HP

関西でおすすめのお店ランキング

日本で初めてバウムクーヘンが誕生した神戸や、有名なショップが立ち並ぶ大阪など、関西でも多くのお店が魅力的なバウムクーヘンを販売しています。

今回はその中でもおすすめのお店を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

神戸 ユーハイム 本店

関西地区で人気の老舗といえば、『神戸ユーハイム本店』でしょう。1923年、ドイツ人のカール・ユーハイム氏が日本で初めてバウムクーヘンを販売したお店が、神戸元町にあるユーハイム本店なのです。

店内ではプレーンや苺といった定番のバウムクーヘンだけでなく、抹茶やコーヒーなど様々なフレーバーが販売されています。また、店舗ではバウムクーヘンの販売だけでなくティーサロンやレストランも併設しており、長年愛されている老舗の店舗となっています。

  • 店舗名:神戸 ユーハイム 本店
  • 住所:兵庫県神戸市中央区元町通1-4-13
  • 電話番号:078-333-6868
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:水曜日
  • 公式HP

大阪 中村藤吉 阪急うめだ本店

安政元年に創業したお店である『中村藤吉』は、もともとお茶屋さんでした。そのため、抹茶やほうじ茶を使ったスイーツをたくさん取り扱っています。

厳選した抹茶をふんだんに使った中村藤吉の独特なバウムクーヘンは、大阪で非常に人気があります。

  • 店舗名:大阪 中村藤吉 阪急うめだ本店
  • 住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F
  • 電話番号:06-6361-1381
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
  • 公式HP

神戸 エスト・ローヤル 南京町本店

『神戸 エスト・ローヤル 南京町本店』はもともと美味しいシュークリームが有名ですが、バウムクーヘンも販売しています。

エスト・ローヤルのバウムクーヘンはしっとりとした食感と独特の香りが特徴です。大人っぽい芳醇な味わいで、舌が肥えた方にプレゼントすると喜ばれることでしょう。

  • 店舗名:エスト・ローヤル 南京町本店
  • 住所:兵庫県神戸市中央区元町通1-5-3
  • 電話番号:078-391-5063
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日に振替)
  • 公式HP

取り寄せできるバウムクーヘンランキング

美味しいバウムクーヘンを提供するお店は全国にたくさんありますが、自分が住んでいる場所の近くにお店がなければなかなか食べることができません。

しかし、店舗で提供しているバウムクーヘンをお取り寄せできるお店も豊富にあります。取寄せサービスを利用することで、自宅にいながら店舗と同じ味を楽しむことができるのです。ここでは取り寄せできるバウムクーヘンを紹介します。

せんねんの木 とろなまバウムクーヘン

バウムクーヘン専門店である『せんねんの木』では、桃やチョコレート、ティラミスなどさまざまな味のバウムクーヘンを提供し、お取り寄せもできる人気のあるお店です。中でも人気の『とろなまバウムクーヘン』は、チョコレートムースとバウムクーヘンを組み合わせた一品で、新食感スイーツとして人気を読んでいます。

のし紙や包装紙も工夫して提供しているので、贈り物として相手先に届けてもらうことも可能です。

  • 店舗名:せんねんの木
  • 住所:千葉県君津市南子安5-28-5
  • 電話番号:0439-29-7800
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)
  • 公式HP

シェ・タニ 山樵

熊本にあるケーキ店の『シェ・タニ』では、バウムクーヘンを始め数多くの焼き菓子を販売しています。通常の2倍の時間をかけて丁寧に作った生地で焼き上げた『山樵』というバウムクーヘンが人気を誇っており、こちらもお取り寄せできる商品です。

新鮮な卵と沖縄県産の黒糖で作られたオリジナルのバウムクーヘンは非常に人気があり、全国から頻繁に取り寄せられているヒット商品なのです。

  • 店舗名:シェ・タニ山樵 白山店
  • 住所:熊本県熊本市中央区菅原町7-20
  • 電話番号:096-363-7676
  • 営業時間:10:00 – 19:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

ラ・ファミーユ 黄金バウムクーヘン

焼き菓子工房の『ラ・ファミーユ』が提供している『黄金バウムクーヘン』は、厳選した卵による鮮やかな黄金色の生地が特徴的です。ラ・ファミーユは積極的に通信販売サービスに取り組んでおり、母の日や父の日などのイベントごとにお得なキャンペーンを実施しています。

その美味しさは折り紙つきであり、全国放送のテレビ番組に取り上げられたほどです。さらにメニューによっては送料無料のサービスもあるので、興味のある方は一度ホームページを覗いてみるといいでしょう。

  • 店舗名:ラ・ファミーユ
  • 住所:香川県高松市木太町2192
  • 電話番号:087-813-2600
  • 営業時間:10:00〜17:00(通販部)
  • 定休日:日祝日
  • 公式HP

美味しいバウムクーヘンを贈ろう

バウムクーヘンは、ドイツでは『お菓子の王様』と称えられ、ドイツお菓子組合のシンボルにもなっている特別なお菓子です。バウムクーヘンの味は日本でも広く受け入れられており、大くのケーキショップで趣向を凝らしたバウムクーヘンが作られ販売されています。

日本では年齢のように幸せを積み重ねていくという意味を込めて、結婚式やお祝いの場面で頻繁に利用されています。今回の記事を参考にして、ぜひ美味しいバウムクーヘンを贈ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME