一眼レフ初心者のための基礎知識。使い方からおすすめの機種まで

2019.06.28

より本格的な写真が撮れるカメラとして、注目を集め続けている一眼レフ。新しく趣味として始めてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。そんな一眼レフ初心者の方のために、基礎知識やおすすめの機種を解説します。

初心者が押さえておきたい一眼レフの知識

まず最初に、一眼レフについての基本的な知識や使い方、メリットなどをご紹介します。一眼レフについての、最低限の知識を押さえていきましょう。

一眼レフとはどんなカメラ?

一眼レフとは、カメラの分類のひとつです。内部にミラーを備えているのが他のカメラとの大きな違いで、実際に撮影する前に、その景色を光学ファインダーで確認できるのが特徴となっています。

この機能によって、タイムラグが少なく、今から撮る瞬間の景色をよりタイムリーに捉えられるのがポイントです。

また、一眼レフのこだわりポイントとして「レンズ」がよく語られるように、さまざまな特性を持ったレンズを付け替えて、より個性的な写真を撮れるのも大きな特徴です。

一眼レフのメリットと使い方

一眼レフとスマートフォンやコンパクトデジカメとの大きな違いとして、「センサーの大きさ」が挙げられます。一眼レフのセンサーはスマートフォンなどと比べてかなり大きく、その分多くの光を取り込めるようになっています。

その結果、一眼レフで撮影された写真は色などをより高画質で繊細に写し出せるほか、夜景など光の少ない景色も綺麗に撮ることができます。

さらに、先述のように、レンズを交換できるのも一眼レフのメリットです。写真へのこだわりを追求する、という点において、一眼レフは他のカメラと比べてより大きな自由度や奥深さを持っています。

また、一眼レフと聞くと「専門的で操作が難しそう」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ところが、近年の一眼レフカメラは操作性の幅も広がっており、初心者でも使いやすいオートモードなどを備えているものがほとんどです。シャッターを押すだけで楽しく写真を撮りながら、撮影に慣れたら徐々にさまざまな機能に手を出してみる……という使い方もできるようになっています。

初心者が一眼レフを選ぶポイントは?

コンパクトなものから大きなものまでさまざまな種類がある一眼レフですが、初心者が購入する場合、どのような点に注目すればいいのでしょうか。押さえておきたい一眼レフの選び方を解説します。

重さ・大きさは要チェック

一眼レフを選ぶときに、まずチェックしておきたいのが「重さと大きさ」です。

一眼レフの重さや大きさは、取り回しのしやすさや長時間持っているときの疲れやすさに直結します。また、気軽に持ち運べるサイズの一眼レフを選んでおけば、手に取って撮影に出かける機会も自然と増えるでしょう。

そのため機能や性能などのスペックはもちろん、「自分に合った重さと大きさの一眼レフを選ぶ」というのは最重要になっています。

最新の機種ほど初心者でも使いやすく

一眼レフに限らず、多くのものが「最新のものほど機能性に優れ、重さや大きさはコンパクトに」なっていきますね。

そのため、一眼レフを選ぶときもなるべく「新しい機種のものを選ぶ」ようにしましょう。

最新の一眼レフほど機能面で洗練され、一方で小型化・軽量化も実現されています。また、型が古くて大型のものは、機能的には最新のものより使いづらい上に持ち運びしにくい場合もあります。

「重さ・大きさを重視する」という点とも重なりますが、基本的には最新のコンパクトな機種を選ぶのが間違いありません。

初心者にもおすすめの一眼レフ

最後に、実際に初心者におすすめの一眼レフをご紹介します。有名メーカーから初心者向けとして発売されているものなので、要チェックです。

Canon EOS Kiss X10

カメラのメーカーとして特に人気のCanon(キャノン)。そんなCanonの初心者向け一眼レフとして発売されているのが、「EOS Kiss X10」です。

一眼レフの中でも特に軽量なモデルになっていて、シーンに合わせて自動で設定を調整してくれるシーンインテリジェントオート機能を備えるなど、初心者が使うことに特化した作りになっています。

WiFi対応で撮った写真を簡単にスマートフォンに送れるので、旅先で撮った写真をすぐにSNSに……という使い方もできるでしょう。

初めての一台としても、長く使える本格的な一台としてもおすすめです。

  • 商品名:Canon EOS Kiss X10
  • 参考価格:¥82,325
  • Amazon 商品ページはこちら

Nikon D3500

「EOS Kiss X10」と並んで初心者におすすめの一眼レフが、Nikon(ニコン)の「D3500」です。

基本的なスペックとしてはEOS Kissシリーズの前作「X9」とほぼ同等になっていますが、初心者が持つ一眼レフとしては十分すぎる性能と言えるでしょう。

また、「EOS Kiss X10」と比べてもさらに軽量な作りになっているのが特徴で、ガイドモードの搭載など、初心者向けの機能も充実しています。価格もリーズナブルで、初めて持つ一台にはぴったりです。

  • 商品名:Nikon D3500
  • 参考価格:¥59,361
  • Amazon 商品ページはこちら

まずは一眼レフを楽しんで使おう

スマートフォンやデジカメより一歩踏み込んだ、奥深い写真が撮れる一眼レフ。これから写真撮影の世界に入っていくには、欠かせない存在です。

まずは初めての一眼レフでの撮影を楽しみながら、自分らしい写真を追求していきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME