ダーツシャフトのおすすめ商品。ショートからミディアムまで

2019.06.28

シャフトを選ぶときは素材や長さ、機能、フライトとの相性など、さまざまな角度から検討する必要があります。買いに行く前にある程度はシャフトの特性を理解しておきたいですね。シャフトの上手な選び方と、目的別のおすすめ商品を紹介します。

初心者におすすめのシャフト

最初に、初心者が扱いやすいシャフトについてみていきましょう。ダーツの飛び方にもっとも関わってくるのが、シャフトの長さです。

シャフトの長さは大きくロング、インビト、ショートの3タイプに分類できます。メーカーによって長さや呼び方が違うこともありますので、だいたいの目安として覚えておきましょう。

ショートの中でも最も短いものは12.8mm、ロングの最長は44mmとなっていて、約30mmの差があります。

シャフトの長さが変わるとダーツの軌道や安定性が大きく変わるため、長さを決めることはシャフト選びの重要なステップと言えます。

バランスのとれたインビト

初心者をはじめ、多くのプレーヤーにおすすめの長さは24~30mmのインビトです。安定感のある山なりの軌道を描くので、初心者でも飛ばしやすく、ボードに当たりやすくなっています。

ハローズ スーパーグリップ

インビトタイプでおすすめのシャフトは、ハローズ スーパーグリップのインターミディエイトです。フライトのホールド力が強く、プレー中にフライトが外れにくくなっています。

プレー中、フライトが外れることが多いとなかなか集中できませんので、ホールド力はシャフト選びの大事なポイントと言えます。

  • 商品名:ハローズ スーパーグリップ フュージョン インターミディエイト
  • 価格:561円(税込)
  • Amazon:商品ページ

安定的に飛ばしやすいシャフト

ぶれずに安定して飛ばしたいときは、長めのシャフトがおすすめです。ダーツのスピードは遅くなりますが、コントロールを良くすることができます。

長いシャフトはフライトに影響されやすい

シャフトは長いほど、フライトの影響を受けやすくなります。フライトが受ける空気抵抗が確実に伝わり、軌道が修正されるので、狙いを安定させやすくなるのです。大きいフライトを装着すると、さらに安定感が増します。

逆に短いシャフトはあまりフライトの影響を受けないため、空気抵抗も小さくなります。より小さめのフライトを装着して、スピード感を出すような使い方に向いています。

ターゲット プログリップシャフト ミディアム

ロングタイプでおすすめのシャフトは、ターゲットのプログリップシャフトです。長さは33mmとロングの中では短めで、インビトのバランスの良さも兼ね備えています。

この商品はシャフトにフライトの外れ防止用リングが付いているので、フライトを簡単に装着でき、とても外れにくいと評判です。リングは交換でき、長く使えるのも特徴となっています。

  • 商品名:ターゲット プログリップシャフト ミディアム
  • 価格:320円(税込)
  • Amazon:商品ページ

グルーピングに有利なシャフト

グルーピングとは、同じエリア内に3本のダーツをまとめて命中させることです。狭いエリアでグルーピングを狙うと、先に投げたダーツに当たって弾かれてしまうことがあります。

グルーピングで弾かれないようにするためには、ダーツの面積を極力小さくして当たりにくくしておくのがおすすめです。フライトが回転するスピンシャフトを使うとより効果的です。

ショートシャフトと小さめのフライト

シャフトは短く、フライトを小さくしておけば、あとから飛んできたダーツが当たる可能性を低くできます。

短いシャフトの場合、フライトの面積による影響が少ないので、できるだけ小さなフライトを使うとよいでしょう。

その代わり安定性は期待できず、正確なコントロール力が必要です。グルーピングの精度が上がり、狭いエリアにチャレンジするレベルにならないと、使いこなすのは難しいかもしれません。

エルシャフト サイレント ストレート 190

フライトがくるくる回る、スピンタイプのシャフトです。後続のダーツが当たったときに、フライトが回転するので弾かれにくくなります。

フライトが外れにくくなる専用のリングも付いています。

  • 商品名:エルシャフト サイレント シャフト
  • 価格:909円(税込)
  • Amazon:商品ページ

耐久性の高いシャフト

プラスチックのシャフトは安く買えて、種類もたくさんあるのが魅力ですが、折れやすいという欠点があります。

折れるたびに交換したり、買いに行くのは結構ストレスになりますね。耐久性があり、価格もお手頃なシャフトを紹介します。

軽くて長持ちするカーボン

カーボンは軽い割には強度があり、柔軟性まで兼ね備えた注目素材です。カーボン素材のシャフトなら、プラスチックシャフトと変わらない軽さで、より長持ちさせることができます。

柔軟性があるので、フライトのホールド力が高いのもメリットです。ただし値段はプラスチックのシャフトよりも高く、床に落とすと折れることもあります。

エルシャフトカーボン ロックストレート

エルシャフトカーボンは、シャフト本体の耐久性が高いだけでなく、ジョイント部分を強化してあるのでフライトも長持ちさせることができます。

300円前後で買えるプラスチック製に比べると高く感じますが、交換の頻度と手間を考えるとコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

  • 商品名:エルシャフトカーボン ロックストレート3本
  • 価格:1960円(税込)
  • Amazon:商品ページ

種類豊富なシャフト選びを楽しもう

シャフトにはさまざまな種類があり、それぞれ色柄のバリエーションも豊富にあります。その中から1つを選ぶことは簡単なことではありませんが、自分に合うシャフトを見つけたときの喜びもひとしおです。

レベルに合わせて、より良いシャフトに変えていくのもよい励みになります。この記事を参考に、楽しみながらシャフトを選んでください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME