今度の週末は映画を観て感動しよう。傑作を新旧織り交ぜて紹介

2019.06.28

感動は、人間の心身によい影響を与えます。特に映画を観て感動することは、ストレス解消やリラックスにも最適です。そんな感動できる傑作映画をご紹介していきます。洋画・邦画はもちろん、大人の胸を打つアニメ映画もチェックしましょう。

最近、ちゃんと感動していますか?

仕事などに毎日追われていると「心を動かされることが最近まったくない…」などということはありませんか?

感動することは、心身へよい影響をもたらしてくれるのです。

感動は心と身体に効く万能サプリメント

本や映画などには、心を揺さぶられる作品があります。そのような作品にふれたときに涙が流れたり、胸が熱くなったりする経験は多くの人が持っているでしょう。

感情は身体へ影響を与えますが、そのなかでも感動は心身に大きな影響を与えるのです。

例えば、感動したときに放出される『ドーパミン』は、ストレス解消の手助けになると言われています。

また、感動して泣いた後にスッキリと感じることがありますが、これは睡眠時に活発になる副交感神経が、泣くことで活発化するためです。つまり、泣くと良質の睡眠を取ったときと同じ効果が得られるというわけです。

映画鑑賞こそ感動するための優れた手段

涙を流してストレス解消やリラックス効果を得るためには、ネガティブな涙では効果がありません。悲しいときに流す涙には、自分自身のストレスが含まれており、怒りや悲しみが蓄積されやすくなるからです。

ストレス解消には『ポジティブな涙』が重要です。特に、他人の経験などを目にして流す感動の涙には、ストレス解消効果があるとされています。

映画は、視覚・聴覚ともに多くの情報を与えてくれます。得られる情報が多い分、登場人物が体験していることを追いやすく感情移入もしやすいため、感動をする手段として適しているのです。

感動する映画に出会うには?

感動すると評判の映画でも、すべての人を感動させられるわけではありません。どのような映画で感動するのか、自分の好みや環境をチェックしてみましょう。

自分が感動できるジャンルを探そう

一口に『感動』と言っても、どのような状況で感動するのかは、人によって異なります。

映画でも、いわゆる『泣けるツボ』は人によって異なるでしょう。泣けると紹介された映画や感動作として大ヒットした映画を観てみたものの、ツボにはまらない作品だった場合、感動できず泣けなかったということもありえます。

感動できる映画に出会うには、自分の泣けるツボを把握して、そのツボにはまるジャンルを探すことが大事です。

過去に泣いたことがある作品を思い浮かべて共通点を見い出せば、自分にとっての泣けるツボが見つかるでしょう。そのジャンルに沿った映画なら、感動できる可能性が高くなるはずです。

観る場所や時間帯を選ぶことも大切

映画で感動するには、映画館で観るのもいいですが、できれば1人きりの空間で観るのをおすすめします。人目を気にすることなく涙を流せるため、泣くことに対するストレスを感じにくいからです。

映画を観る時間帯にも気を遣ってみましょう。人間の感受性は、ホルモンの関係により夜7~8時頃が最も高まると言われています。観る環境も重要です。部屋の照明を暗めにし、ラベンダーなどのアロマを使うのもよいアイデアでしょう。

感動したいとき真っ先に観たい洋画3選

どのような映画を観れば感動できるのか迷っている人もいるかもしれません。まずは、泣ける映画の定番からチェックしていきましょう。

ニュー・シネマ・パラダイス

(画像:Amazon.co.jp)

感動する映画や泣ける映画ランキングの常連とも言える『ニュー・シネマ・パラダイス』は、一度はタイトルを聞いたことがある映画でしょう。『海の上のピアニスト』などで知られるジュゼッペ・トルナトーレが監督を務めました。

物語は、主人公のイタリア人監督サルヴァトーレの回想から始まります。幼少期から青年期までを過ごしたシチリア島の片田舎で、村の唯一の娯楽であった映画館と、そこで働く映写技師アルフレードと過ごした日々が思い出されます。

あることがきっかけで30年ぶりに故郷の村へ帰還した主人公は、懐かしい人との再会や時間の経過による村の変化を知るのです。映画への愛や郷愁にあふれた、多くの人が共感して涙するシーンも多い名作です。

ショーシャンクの空に

(画像:Amazon.co.jp)

『ショーシャンクの空に』は、多数の著作が映画化されているアメリカの作家スティーヴン・キングの小説『刑務所のリタ・ヘイワース』が原作です。

銀行の副頭取を務めるアンディは、妻とその愛人を射殺した罪で終身刑となり、収監されます。刑務所で孤立した生活を送る中、アンディは1人の受刑者と交流を始め、徐々にほかの受刑者との交流するようになるのです。

刑務所の中にいながら、アンディは自身の経験を活かして受刑者や刑務官から一目置かれる存在となります。そして収監から20年あまり経ったある日、アンディの冤罪を証明できるかもしれない情報が入ります。

無実の罪で収監された男性が、刑務所の中で希望を捨てずに人間関係を構築して生き抜く姿が心を打つ物語です。

グリーンブック

『グリーンブック』は 2019年のアカデミー賞で作品賞を受賞した作品です。

黒人ピアニストのドクター・シャーリーと、その運転手兼用心棒の白人男性トニー・リップが、人種差別が根強いアメリカ南部に、演奏ツアーに行くストーリーです。

タイトルになっている『グリーンブック』とは、黒人が旅行をするためのガイドブックで、2人はこれを手にツアーへ出ます。

一流ピアニストのドクター・シャーリーに対し、教養がなく粗野なトニーは、たびたび衝突するもののツアー中に友情を深めていきます。

人種差別や偏見に遭いながら南部のツアーを進めるうち、少しずつ変化していく2人の関係に心を動かされるでしょう。

  • 作品名:グリーンブック
  • 公開年:2019年
  • 公式サイト

じわりと心に沁みる味わい深い邦画3選

日本で制作された映画にも、深い感動が得られる名作の数々があります。

鉄道員(ぽっぽや)

(画像:Amazon.co.jp)

高倉健主演で浅田次郎のベストセラー小説を映画化した『鉄道員(ぽっぽや)』は、日本の数々の映画賞を受賞した実績を持つ作品です。

主人公は、北海道の小さな終着駅で駅長を務める男性です。鉄道員の仕事一筋で生きてきた彼は、妻や一人娘を亡くしても、汽車が通るたびに必ずホームに立ち、鉄道員として生きてきました。

孤独な生活を送る中でも、鉄道員としてすべての仕事をこなしてきましたが、来春その駅を通る路線の廃線が決まります。一人きりで正月を過ごす彼に、ある奇跡が起こる…という物語です。

壬生義士伝

(画像:Amazon.co.jp)

『壬生義士伝』は、『鉄道員』と同じ浅田次郎の歴史小説が原作の、盛岡藩出身の新選組隊士である吉村貫一郎の物語です。

幕末を舞台に、剣術に優れた下級武士の貫一郎は尊王攘夷運動に身を捧げるために脱藩して新選組に入隊します。しかし、鳥羽・伏見の戦いに破れた新選組は分裂してしまうのです。

なぜ吉村貫一郎は故郷を捨てて新選組に入隊したのかという理由は、幕末という時代背景に関わり、彼がたどる運命とともに考えさせられます。

八日目の蝉

(画像:Amazon.co.jp)

一風変わったストーリーの邦画としておすすめが『八日目の蝉』です。『優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした』というキャッチコピーが印象的に残っている人も多いのではないでしょうか。

主人公の希和子は不倫相手の赤ん坊・恵理菜を誘拐し、そのまま4年間実の娘として愛情をかけて育てます。

4年後に希和子は逮捕され、恵理菜は実の両親の元に戻りますが、本当の両親を両親と思えない日々が続き心を閉ざしたまま成長します。

やがて21歳を迎えた恵理菜は、自分の過去に向き合おうと希和子と暮らした場所へ向かい、ある事実を知るのです。

自分の過去と向き合うこと、親子とは、母性とは何かを問いかける作品です。

大人だからこそ胸が熱くなる感動アニメ3選

アニメ映画は、大人になっても楽しめる作品も数多く製作されています。最後に、大人が観ても心を打たれる感動が待ち受けるアニメ映画3作を選びました。

ベイマックス

(画像:Amazon.co.jp)

天才科学者である少年・ヒロは、亡き兄がヒロのために残した人を癒やすケアロボット『ベイマックス』と出会います。

心を癒やすために開発されたベイマックスに救われたヒロは、ベイマックスとともに兄の死の真相究明に乗り出しますが、そこには思わぬ事実が隠されていました。

人を傷つけることが禁じられているベイマックスとヒロの友情や、ヒロが兄を思う兄弟愛が涙を誘います。

かぐや姫の物語

(画像:Amazon.co.jp)

日本アニメを代表するアニメ制作会社『スタジオジブリ』による、『竹取物語』を元にした高畑勲監督の遺作です。

竹の中から生まれた美しいかぐや姫が、公達たちからの求婚をすべて断り、満月の日に使者の迎えで月へ帰っていくストーリーはよく知られているでしょう。本作は、かぐや姫が何を思いどう生きていたかをさらに深く描いています。

  • 作品名:かぐや姫の物語
  • 公開年:2013年
  • DVDで見る

STAND BY ME ドラえもん

(画像:Amazon.co.jp)

『ドラえもん』は言わずとしれた、未来からやってきた猫型ロボット『ドラえもん』やのび太とその友人たちが活躍する人気アニメです。

多数の映画作品が製作されているドラえもんシリーズですが『STAND BY ME ドラえもん』は初めて3Dで描かれた作品です。

ドラえもんの第1話や未来ののび太としずかが結婚するきっかけとなったエピソード、ドラえもんとの別れと再会のエピソードなど、全7話で再構築されています。

すでにアニメで知っているストーリーでも、一つの話として観ることで新たな感動が呼び起こされるでしょう。

疲れたときは名作を観て心を癒そう

日頃感じているストレスや疲れは、映画で涙を流すとリフレッシュできることもあります。今回紹介した映画を休日に部屋でゆっくり観賞して、心を癒やしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME