コーヒー用水筒のおすすめを紹介。選び方をチェックしよう

2019.06.28

お茶や水と違って、コーヒーを水筒に入れると、どうしても匂い移りや味の劣化が気になります。美味しいコーヒーを持ち歩きたい方は、専用の水筒を用意しましょう。コーヒー好きが満足できる、理想的な水筒の選び方とおすすめ商品を紹介します。

コーヒー用水筒の選び方

コーヒーの味をキープできる水筒には、どのような特徴があるのでしょうか。まずはコーヒーに適した水筒選びのポイントをみていきましょう。

色や匂いが移りにくいものを

コーヒーを水筒に入れると色や匂いがついてしまうのは、コーヒーの酸化が原因です。とくにホットコーヒーは酸化が起きやすいため、淹れたてのものと比べて明らかに風味が落ちていることがわかります。

水筒にコーヒーを淹れるときは、できるだけ空気に触れないように、目いっぱい入れてからフタをするとよいでしょう。それでも完全に酸化を防ぐことは難しく、ある程度匂いが移ってしまうのは避けられません。

ついてしまった匂いや汚れをすぐに落とせるように、水筒の内側がなめらかで、『洗いやすい形状』のものを選びましょう。また、フタのゴムパッキンは一度匂いがつくとなかなか落ちません。ゴムパッキンが少ないタイプがおすすめです。

保温性も重要

コーヒーは、温度が下がっていく時に酸化が起きます。最初から温度が低いアイスコーヒーよりも、ホットコーヒーのほうが酸化しやすく、水筒で持ち歩くとすぐに味が落ちてしまいます。

保温性が高い水筒を選ぶことで、温度の低下がゆるやかになり、酸化をある程度遅らせることができます。

口の大きさと容量にも気をつけよう

水筒を選ぶときは、『飲み口の大きさ』と『容量』にも注意が必要です。コーヒーの場合は飲み口が小さいと風味が損なわれてしまうので、ある程度大きいほうが美味しく飲めます。

ただし飲み口が大きい水筒は、フタを開けたときにコーヒーが空気に触れる面積も大きくなるため、酸化しやすくなります。

また、コーヒーの量に対して水筒の容量が大きすぎると、中に空気が入って酸化を促進してしまいます。一度に飲むコーヒーの量に合わせて、ちょうど良い大きさのものを選ぶようにしましょう。

タンブラーを使ってみよう

コーヒーを持ち歩くときは、『タンブラー』を使うのもおすすめです。中身が漏れないフタ付きのタンブラーなら、水筒の代わりにもなります。タンブラーの特徴と、水筒との違いをみていきましょう。

タンブラーとはどんなもの?

タンブラーは本来、家庭で普通に使われているガラスのコップを指す言葉です。ガラスコップの中でも形がシンプルで、どんな飲み物にも使えるものがタンブラーと呼ばれています。

ただし日本では、ステンレスや樹脂でできた、保温機能のあるフタ付きのコップを、一般的にタンブラーと呼んでいます。今回紹介するのも、こちらのタンブラーです。

水筒との比較

保温性があり、フタが付いているという点では、水筒とタンブラーはほぼ共通しています。しかし水筒は密閉性が高く、フタをしっかり閉めさえすれば、逆さにしてもこぼれません。

対してタンブラーのフタは、倒したときにこぼれにくい程度の、簡易的なものです。保温や保冷の時間についても、密閉性の高い水筒のほうが勝ります。

ただし、タンブラーは洗いやすく、フタのゴムパッキンも少ないため、コーヒーや紅茶など香りの強い飲み物を入れても匂いが残りません。コーヒーはもちろん、水筒には入れられない果汁飲料や乳製品、スープなどにも使えます。

移動時に激しく動かすようなことがなく、1~2時間で飲み切る場合は、水筒よりもタンブラーのほうが適していると言えます。

おすすめ商品をチェック

最後に、コーヒーを持ち歩くのに最適な水筒やタンブラーを紹介します。検討する材料にしてください。

シービージャパン カフア

シービージャパンの『カフア』は、コーヒーを持ち歩くために作られた水筒です。内部がテフロン加工されているので汚れが付きにくく、匂いもすぐに落とせます。

コーヒーが酸化する前に飲み切れる程度の容量で、飲み口も大きく、風味を損ないません。氷を入れやすい形状なので、ホットはもちろん、アイスコーヒーにも最適です。

  • 商品名:シービージャパン 水筒 ゴールド カフア
  • 価格:2751円(税込)
  • Amazon:商品ページ

タイガー サハラ

タイガー魔法瓶の『サハラ』は、シンプルなデザインと軽さが特徴の水筒です。水筒の内面を、『スーパークリーンPLUS』加工によってなめらかに処理しているので、汚れや匂いがつきにくく、いつも清潔に使えます。

飲み口に丸みを持たせ、まるで陶器のカップで飲んでいるかのような飲み心地を再現している点もポイントです。

  • 商品名:タイガー サハラ 350ml
  • 価格:1600円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ハリオ ウチマグ

ハリオの『ウチマグ』は、保温性・保冷性に優れたコーヒー用タンブラーです。ドリッパーをセットして、直接コーヒーをドリップできます。フタの飲み口にストローを挿せば、アイスコーヒーも快適に飲めます。

  • 商品名:ハリオ ウチマグ
  • 価格:1296円(税込)
  • Amazon:商品ページ

水筒やタンブラーでコーヒーを持ち歩こう

匂い移りが気になって使用をためらっていた方も、コーヒー用に作られた水筒やタンブラーなら、安心して使えます。

この機会にお気に入りの商品を手に入れて、外出先で美味しいコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME