ドライブにおすすめの曲は夏ソング。YouTubeで見るサマーソング決定版

2018.08.31

青い空、白い雲、まぶしいほどに太陽が輝く夏。夏は行楽イベントも多く、車で遠くへ出かける機会も多くなります。まだまだ暑い夏のドライブでは、車中で楽しく過ごしたいものです。洋楽・邦楽問わず、夏のドライブにおすすめの曲をご紹介します。

夏のドライブにふさわしい曲の選び方

夏のドライブにふさわしいのは、ズバリ、夏をテーマにした曲です。洋楽にも邦楽にも、夏を歌った曲はたくさんあります。夏のヒット曲や人気曲には聞きやすいものは多く、ドライブしながら聴くと楽しめるでしょう。

ドライブで盛り上がる曲とは?

ドライブに合うのは、なんと言ってもアップテンポの曲です。車を先へ走らせる、その疾走感を盛り上げてくれるような曲がいいのではないでしょうか。何人かでドライブを楽しむ場合、皆が知っているようなヒット曲を聴けば盛り上がります。

洋楽はクラブミュージック、邦楽はJ-POP

昼夜問わず爽快に車を走らせるなら、クラブミュージックがおすすめです。思わず動き出したくなるノリの良さは、夏のドライブをより楽しく演出してくれます。

洋楽ではなく邦楽が聴きたいという人には、耳なじみのあるJ-POPがいいのではないでしょうか。

人それぞれに思い出のある『あの夏』流行った曲を聴いてみると心がときめく、そんな楽しみ方もできます。

人気の夏ヒット曲をYouTubeでチェック

夏の人気曲を調べるのにおすすめなのはYouTubeで検索することです。例えば『夏 人気 ヒット曲』と検索すると、該当する動画がたくさん出てきます。

その中から曲を選ぶ方法もありますし、ミックスリストと言われる再生リストを使えば多くの曲を流すこともできます。

ランキング上位の洋楽5選

やはりノリのいい音楽が上位にランクインしています。これぞ夏!という南米の雰囲気を持つものや、人気アーティストをフィーチャリングした曲で、リズムを楽しみながらのドライブをどうぞ。

Luis Fonsi – Despacito ft. Daddy Yankee

ラテン系のリズムを取り入れたファンキーな曲です。

ラテンミュージック界のスーパースター、ダディー・ヤンキーを迎えて作られたこのミュージックビデオは、再生回数が50億を突破するほど人気で、思わずリズムに乗って体を動かしたくなります。

体の奥から熱くなるような夏の雰囲気を演出してくれます。

DJ Khaled – I’m The One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne

ゆったりしたリズムの中にもノリの良さが感じられる曲です。歌詞の内容としては、『僕が君の運命の人だよ』と好きな人にアピールするものですが、ジャスティン・ビーバーが歌うことで独特な甘い透明感も出ています。

Calvin Harris – This Is What You Came For feat. Rihanna

数々の有名アーティストのプロデュースをし、ヒット曲を生み出してきたDJのカルヴィン・ハリスが2016年にリリースしたこの曲は、疾走感あるダンスミュージック。爽快なドライブにはうってつけの1曲です。

Sia – Cheap Thrills ft. Sean Paul

シンガーとしての活躍以外にも、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、エミネムなど、人気アーティスト達に楽曲を提供してきた一面を持つシーアのヒット曲です。エスニックな雰囲気を感じさせるメロディーとリズムが魅力的です。

The Chainsmokers – Closer ft. Halsey

DJのデュオからなるザ・チェインスモーカーズのこのCloserという曲は、多くの国のチャートで1位を取ったヒット曲です。そこまで速いテンポの曲ではないので、少し薄暗くなってきた時間から聴くと落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

ランキング上位の邦楽5選

近年ヒットした曲が軒並みランクイン。現在、ヒット曲を連発している米津玄師がプロデュースした曲をはじめ、今年引退する安室奈美恵、注目のアイドルグループ欅坂46など話題性のあるアーティストばかりです。

DAOKO × 米津玄師『打上花火』

米津玄師が手掛け、自身も歌う『打上花火』は、アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として2017年を代表するヒット曲となりました。

何度でも聴きたくなるようなサビのメロディーが特徴的で、花火の美しさとはかなさの情景が浮かんでくるような曲です。

TWICE『TT -Japanese ver.-』

人気グループTWICEが歌うこの曲には、女子中高生の間で話題になった『TTポーズ』が振り付けとして入っています。K-POPのノリの良さを存分に感じられる曲で、歌詞は日本語バージョンです。

前前前世 RADWIMPS

『前前前世』は、アニメ映画『君の名は。』の挿入歌で、RADWIMPSの代表曲のひとつとです。アップテンポで思わず口ずさみたくなるサビが爽快なドライブを楽しませてくれます。

安室奈美恵「Hero」

https://www.youtube.com/watch?v=YJt7KRmv2bQ

今年の9月に引退を表明している安室奈美恵のヒット曲。壮大な雰囲気を持つ曲です。今年の夏は、長年活躍してきた彼女の曲をたくさん聴きながらドライブしてみるのも、特別感があっていいかもしれません。

欅坂46 『世界には愛しかない』

独特な全力パフォーマンスでデビュー以来注目を集め続けている欅坂46の爽やかな曲。どこまでも走り続けるような雰囲気を持つこの曲は、車を走らせるのにピッタリです。

海で聴きたい年代別定番夏ソング

年代によって『夏に聴きたい曲』が違うものです。誰にでも、青春時代や印象に残っている夏の思い出ともに、聴くと一瞬で『あの頃に戻るような気がする曲』というものが存在するのではないでしょうか。

久々に聴く曲というのは、とても懐かしさを感じるかもしれません。年代別の定番夏ソングをご紹介します。

2000年以降の夏ヒット曲

楽曲は、CDを買うのではなくダウンロードすることが現代の主流となりました。2000年代の初めはまだCDが売れていた時代で、実に多くのアーティストが表舞台で活躍し、夏のヒット曲も数多くありました。その中から3曲ご紹介します。

桑田佳祐 – 波乗りジョニー

タイトル通り、夏の海を前にして聴きたくなるような曲です。桑田佳祐が持つ独特な声と雰囲気が、夏の海での気分をさらに盛り上げてくれるでしょう。

RIP SLYME – 楽園ベイベー

キャッチーなサビと軽快なリズム、ラップのバランスが絶妙なこの曲は、夏が来るたびに聴きたくなるような曲です。楽しい夏のドライブを演出してくれます。

Santana – Smooth ft. Rob Thomas

ムーディーかつセクシーな雰囲気でノリノリになれる1曲です。暑い夏をさらにホットに盛り上げてくれます。

多くの名曲が生まれた90年代の夏

思いっきり古い曲を聴くよりも、少し前の90年代の曲を聴くと、時代の移り変わりを強く感じるかもしれません。個性あるバンドやアーティストが続々と台頭してきた90年代の曲の中から3曲ご紹介します。

BOY MEETS GIRL|TRF

90年代はTKサウンドの全盛期でした。TRFの代表曲のひとつであるこの曲は、今聴くと懐かしく感じる人も多いはずです。一緒に口ずさんで聴けば、爽快なドライブが楽しめます。

class 夏の日の1993

90年代の夏ソングとして代表的なこの曲は、爽やかな中にも切なさが入ったサビで、センチメンタルな夏を感じさせてくれます。

UB40 CAN’T HELP FALLING IN LOVE

エルビス・プレスリーのバラード曲をカバーしたもので、原曲とは全く違ったノリが楽しめます。夏に聴くのもおすすめです。

新鮮さもプレイバックする80年代

今聴いても古臭くなくて、逆に新しく感じる、そんな80年代に作られた名曲の数々をご紹介します。名曲はいつになっても色褪せないことを思い知らされる、納得の楽曲をご紹介します。

山下達郎 RIDE ON TIME

数々のヒット曲を飛ばしてきた山下達郎らしいメロディーラインと歌声が、いつ聴いても『サビない曲』であることを感じさせてくれます。

ラッツ&スター め組のひと

ラッツ&スターの曲の中でも人気が高いこの曲は、思わず一緒に踊り出したくなるような振り付けが印象的です。この曲をかければ盛り上がること間違いなしです。

La Isla Bnita|Madonna

どこか遠くの異国を思わせるエキゾチックな曲です。夏に聴きたいマドンナの曲はこれで決まりです。

シチュエーション別夏のドライブ曲

友達同士でお出かけなのか、デートなのか、海岸沿いを走るのか、緑の中を走るのか、夜の高速を走るのか、それぞれの場面によって聴く曲を変えることはドライブを楽しむ醍醐味のひとつです。

朝から晩まで出かけた場合、一日中同じアルバムをずっとローテーションしていてはつまらないものです。ドライブでの気分を盛り上げるためにも、シチュエーションに合わせて選曲を楽しみましょう。

爽快でグルーヴィなドライビングチューン

ドライブにおける選曲で重要なポイントはやはり疾走感です。『今まさに走っている』という実感をより盛り上げてくれるのは、アップテンポでグルーヴ感が楽しめる曲です。

夏に聴きたい、ノリのいい3曲をご紹介します。

MINMI/シャナナ☆

抜群のリズム感と歌唱力を持つMINMIの歌を味わえます。一度聴いたらもすぐに覚えてしまいそうなサビが特徴的です。

ポルノグラフィティ ミュージック・アワー

2000年に清涼飲料水のCMに使われた、夏のイメージが強い曲です。軽快なメロディーなので、ノリノリなドライブが楽しめます。

Earth, Wind & Fire – September

Earth, Wind & Fireは、ディスコが流行っていた時代を象徴するバンドです。Septemberは多くのアーティストがカバーするほどの人気で、今でも人々を魅了し続けています。

ナイトスポットや夜のハイウェイに

夜は、昼間とは趣向を変えて落ち着きのある曲を選曲するのがおすすめです。ハイウェイや街では都会的な雰囲気のする曲がよく合います。ミディアムテンポの曲やスローな曲をかければ、ロマンチックな夜のドライブを演出することができます。

山下達郎 あまく危険な香り

落ち着きのある歌声でありながら、歌詞の内容は切なさを感じさせる大人の恋の世界を歌い上げています。

鈴木雅之 – ガラス越しに消えた夏

『ラブソングの帝王』と言われる鈴木雅之の、夏に聴きたいスローテンポな曲です。日が暮れてからの時間帯に流すのがおすすめです。

Usher – Burn

バックに刻まれる独特のリズムと、男性でありながら高音域を得意とする歌声が魅力の曲です。昼間の暑さがクールダウンした夏の夜に切なさをプラスしてくれます。

ドライブデートには爽やかな夏ラブソング

夏のドライブデートには、甘く爽やかなラブソングをおすすめします。昼はアップテンポで爽やかな曲、夜はスローでメロウな曲をかければ車内でいい雰囲気作りができるのではないでしょうか。

KREVA イッサイガッサイ

リズミカルで心地のいいKREVAのラップを聴きながら夏の雰囲気を楽しめる曲です。

ORIGINAL LOVE 接吻

けだるくロマンチックな歌詞に、切ないメロディーが絶妙に合う曲です。昼に聴いても、夜に聴いても違った情緒を感じさせてくれます。

Macy Gray – Sweet Baby ft. Erykah Badu

歌詞の内容がよく分からなくても、タイトルのSweet Babyという言葉が出てくるだけでラブソングだということが分かります。ゆったりした一定のリズムにリラックスできる曲です。

名曲をドライブのおともに

聴いていて気分が良くなる曲や、懐かしくなる曲を流しながら車を走らせることは、ドライブを一層楽しくすることに一役買います。この夏はぜひ、お気に入りの曲を見つけて充実した夏のドライブをお楽しみください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME