流行のミルフィーユ鍋を作ろう。美味しいアレンジ方法とは

2019.06.25

流行のミルフィーユ鍋は、作りやすさと深い味わいが人気のメニューです。基本的な作り方からアレンジ方法まで覚えれば、さまざまな具材の味わいが溶け込んだ美味しさを味わえるでしょう。手軽に使える鍋の素も参考にしてチャレンジしてみてください。

ミルフィーユ鍋とは

まずは、ミルフィーユ鍋とはどのようなものなのかをチェックしてみましょう。スイーツ男子が思い浮かべるミルフィーユとの違いにも触れて紹介します。

ミルフィーユの由来

ミルフィーユ鍋の『ミルフィーユ』とは、スイーツのミルフィーユのように甘い鍋という意味ではなく、フランス語の『千枚の葉』という意味から来ています。

そもそもスイーツとしてのミルフィーユも、700層以上にもなると言われる積み重なったパイ生地の様子から、『千ほども重なっている』ということでミルフィーユと名付けられたと言われます。

ミルフィーユ鍋もまた、具材を何層にも重ねている様子から付けられたものということです。いくつも重ねて層を作りあげた鍋の具材は、大輪の花が咲いたかのようなきれいな出来上がりを見せてくれるでしょう。

手抜きに見えない簡単メニュー

ミルフィーユ鍋の基本的な具材は、白菜と豚バラ肉だけを使っています。具材も少なく、手軽に作れる鍋なので手抜きに感じてしまうかもしれません。

けれども、そのきれいな見た目を楽しめる点や幅広いアレンジができる点は充分に『工夫をこらせる』と言えます。決して手抜きには見えない簡単メニューとして、ぜひ料理のレパートリーに加えましょう。

調理法としても重ねて火にかけるだけの簡単なものですが、アレンジや応用料理を楽しめるのもミルフィーユ鍋の魅力です。

ミルフィーユ鍋のカロリー

代表的な白菜と豚肉を使ったミルフィーユ鍋のカロリーは、1人前で約373キロカロリーと言われています。

食材や味付けなどにもよって多少前後しますが、成人男性が必要な1日のカロリーは2600キロカロリーなので、ミルフィーユ鍋は比較的低カロリーな鍋料理と言えるでしょう。

ただし、味付けや鍋以外の付け合わせなどで高カロリーのものがあれば、簡単にカロリーオーバーしてしまうので注意が必要です。

栄養素としては、ミルフィーユ鍋は脂質が多く、タンパク質もやや含まれているので、炭水化物をプラスして食べるとバランスが整います。

ビタミンや食物繊維なども含まれていますが、ミルフィーユ鍋だけでは栄養素が足りないため、副菜などで工夫をしてみるのもおすすめです。

ミルフィーユ鍋のレシピ

では、ミルフィーユ鍋の具体的なレシピを見ていきましょう。材料と分量を参考に、簡単に作れるミルフィーユ鍋にチャレンジしてみてください。

材料と分量

まずはミルフィーユ鍋の材料と必要な分量をチェックしていきましょう。2人前の材料と分量は以下の通りです。

  • 白菜  1/4株
  • 豚バラ肉  200g
  • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ4
  • 日本酒  100ml
  • 水  200ml
  • おろしにんにく  小さじ1/2
  • ポン酢など  お好み

白菜からの水分で水気をプラスできるため、水の量が少なく感じても問題ありません。めんつゆは濃縮率や好みに合わせて分量を調節しましょう。

白菜と豚肉を重ねる

鍋の中で具材を全てミルフィーユ状にしていくのは難しいため、最初に白菜と豚肉を重ねてミルフィーユを準備していきます。

まず、白菜の葉を縦にして中心で二等分します。そのまま豚肉を重ねてミルフィーユにしてもよいですが、先に切っておくと型崩れしにくく便利です。次に、二等分した白菜と豚肉を交互にすべて重ねていきましょう。

最後に、重ねてできあがった白菜と豚肉を約5cm幅くらいに切ります。滑って上手く切れないイメージを持つ人もいますが、肉が滑り止めの役割を果たしてくれるため比較的きれいに切れるので問題ありません。

鍋に並べて煮込むだけ

白菜と豚肉をミルフィーユにしたものを、鍋に隙間なく並べていきます。等間隔に火が通るように入れるためにも、葉の部分を中心に集めるように円を描いて入れるのがおすすめです。

鍋のサイズを確認して、大きいようなら若干小さめに切るなど、工夫をしてみてください。

鍋に並べられたら、用意した調味料を混ぜ合わせたものを注いで蓋をして煮込むだけで完成です。煮込み時間は鍋や材料、加熱器具にもよるため調整してみましょう。

アレンジしてみよう

ミルフィーユ鍋は材料も手軽に集められ、調理方法も簡単なことからアレンジを加えやすい料理です。おすすめのアレンジを三つ紹介するので参考にしてみてください。

キムチ鍋風ミルフィーユ鍋

2人前の材料と分量は以下の通りです。

  • 豚バラ肉  150g
  • 白菜  1/4株
  • キムチ  60g
  • まいたけ  1/2パック
  • にら  1/4束
  • もやし  1/2袋
  • ほんだし  大さじ2
  • 水  2/3カップ
  • 醤油  大さじ2
  • 塩  小さじ1/4
  • ごま油  お好み

作り方は以下の通りです。

  1. まいたけ、にらを好みのサイズにカットする
  2. 白菜、豚肉、キムチをミルフィーユ状に重ねて5cm幅に切る
  3. ミルフィーユを敷き詰め、真ん中にもやし、まいたけ、にらを入れる
  4. ほんだしを振り入れ、調味料を混ぜたものを加えて煮る
  5. 火が通ったらごま油をかけて完成

白菜と豚肉だけではなく、まいたけなどの具材の味わいが白菜と豚肉のミルフィーユに染み込み、寒い時期に重宝する鍋と言えるでしょう。

キャベツを使ったミルフィーユ鍋

2人前の材料と分量は以下の通りです。

  • キャベツ  1/4個
  • 豚肉  150g
  • にんじん  4cm
  • おくら  2本
  • 水  1/2カップ
  • 醤油  大さじ1/2
  • 酒  大さじ1/2
  • ほんだし  大さじ1/2

作り方は以下の通りです。

  1. キャベツを大きめの櫛形に切り、芯を取る
  2. 豚肉の長さをキャベツに合わせて整える
  3. にんじんは縦半分に切り、8cmの長さで3mm幅に切る
  4. おくらを斜め半分に切る
  5. キャベツ2〜3枚ごとに豚肉とにんじんを重ねてミルフィーユを作る
  6. ミルフィーユを半分にカットして敷き詰め、合わせた調味料を加える
  7. 蓋をして火にかけ沸騰したら弱火にする
  8. 10〜15分ほど蒸し、おくらを加えて3分蒸せば完成

味付けをキャベツに合わせて調整するとよいでしょう。白菜よりも水がでないため、水の量に注意しながら作るのがコツです。

ベーコンとチーズで洋風ミルフィーユ鍋

2人前の材料と分量は以下の通りです。

  • 白菜の芯  500g
  • ベーコン  150g
  • スライスチーズ  4枚
  • 水  1/2カップ
  • コンソメ  小さじ1/2

作り方は以下の通りです。

  1. 白菜をひと口大に切り、ベーコンを5cmの長さに整える
  2. 白菜と白菜の間にベーコンとチーズを交互に重ねてミルフィーユを作る
  3. 鍋にミルフィーユを並べて、調味料を合わせたものを入れる
  4. 弱めの中火で煮て完成

豚肉がなくても作れる洋風ミルフィーユ鍋です。一風変わった味わいは、バリエーションの一つとして重宝するでしょう。

紹介したアレンジレシピ以外にも、ミルフィーユや味付けに工夫をすればさまざまな味わいが手軽に楽しめるのも利点です。自分好みのミルフィーユ鍋を作り上げて楽しめるのも、人気の理由と言えるでしょう。

もっと美味しくする工夫

ミルフィーユ鍋をもっと美味しくするための工夫を二つ紹介します。いつもと違った味わいで作りたい、より美味しく味わいたい、というときなどにチャレンジしてみましょう。

餃子の皮と大葉でもっちりさっぱり

白菜と豚肉だけではなく、餃子の皮と大葉も一緒に入れてミルフィーユを作れば、もっちり感とさっぱり感をプラスした味わいに仕上がります。

餃子の皮がミルフィーユの具材をつないでまとめてくれるため、食べやすくなる点もメリットです。

いつものミルフィーユ鍋に、にんにく、生姜、にんじん、万能ねぎをプラスして、さっぱり感を損なわないように栄養をプラスできるのも便利でしょう。

味噌の旨味を取り入れてみる

いつものミルフィーユ鍋の味付けを味噌ベースにアレンジしてみるのもおすすめです。味噌の濃厚な味わいを感じられる中にも、豚肉と白菜の旨味がさっぱりと口の中に広がります。

残ってしまったスープは味噌ラーメンへのアレンジができるため、ガッツリ食べたい人にもおすすめです。

お好みで白髪ねぎや小ねぎの小口切り、しょうがの千切りを加えればより味わい深くなります。味噌味を付けるときには、全体が煮えて、ある程度水分が落ち着いてからにすると失敗が少ないでしょう。

おすすめの鍋の素

最後に、手軽に鍋が楽しめるおすすめの鍋の素を三つ紹介します。どの鍋の素もミルフィーユ鍋にぴったりなので、味付けに悩んだら活用してみてください。

コク旨スープがからむ 白湯ミルフィーユ鍋用スープ

モランボンの『コク旨スープがからむ 白湯ミルフィーユ鍋用スープ』は、鶏白湯にごま油とにんにく、生姜を効かせた濃厚な味わいが特徴の鍋の素です。

ミルフィーユ鍋専用のスープとして作られているため、豚肉と白菜のスタンダードなミルフィーユ鍋の味わいをより楽しめます。

白菜と豚肉のミルフィーユを鍋に敷き詰めて、鍋の素を注ぎ込み煮込むだけで作れるため、時間のないときにも簡単に使えます。手軽にミルフィーユ鍋が楽しみたい人に重宝するでしょう。

  • 商品名:コク旨スープがからむ 白湯ミルフィーユ鍋用スープ(750g*2コセット)
  • 価格:624円(税込)
  • 楽天:商品ページ

エバラ プチッと鍋 寄せ鍋

エバラから販売されている『プチッと鍋寄せ鍋』も、白菜と豚肉を敷き詰めた鍋に注いで煮込むだけで簡単に作れる鍋の素です。1個で1人前のポーションタイプなので、1人から大人数まで対応できます。

うすくち醤油をベースに、カツオと昆布の旨味を生姜で引き立てたさっぱりとしたスープのため、こってり系が苦手な人でも食べやすいでしょう。

  • 商品名:エバラ プチッと鍋 寄せ鍋 (23g×6個入)×3袋
  • 価格:889円(税込)
  • Amazon:商品ページ

アイビック食品 根昆布ダシ

アイビック食品から販売されている『根昆布ダシ』は、北海道で取れた日高根昆布を丸ごとねり込んだ濃厚な旨味が特徴の鍋の素です。

ミルフィーユ鍋専用としては作られていませんが、シンプルかつ旨味の強い味わいは、白菜と豚肉のミルフィーユに調和する優しい味わいが楽しめるでしょう。

まとめ買いでお得に購入できるほか、鍋以外にもアレンジがしやすく常備しておけば食のバリエーションが広がります。

  • 商品名:アイビック ね昆布だしカツオ無化調 300ml まとめ買い(×6)
  • 価格:3420円(税込)
  • 楽天:商品ページ

重ねて煮込めば美味しさ広がる

ミルフィーユにする具材を、好みで変えて楽しめるのがミルフィーユ鍋の魅力と言えます。味付けやミルフィーユの構成を変えながら、寒い冬から暑い夏まで、鍋好きにはたまらないメニューとなるでしょう。

洋風から和風まで楽しめるミルフィーユ鍋は、男性でも手軽に作れる本格的メニューと言えます。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME