そのつけ方、夏はNGかも?香水を夏に使うときに気をつけたいポイント

2019.06.26

オシャレをするときのアイテムの一つである香水には、様々な香りの種類があります。夏の暑くて汗をかきやすい時期にぴったりな香水はどんな香りなのでしょうか?この記事では、メンズ・レディースともに夏におすすめの香水と正しい使い方を紹介します。

香水を夏に使うならどんな香りがおすすめ?

香水はファッションの雰囲気を決めるアイテムである他にも、季節感を出すために使いやすいアイテムです。夏の暑い時期に合う香りのポイントを押さえておきましょう。

香水は夏に爽やか系、冬はまったり系を

夏はムシムシする日があったり、日差しが強すぎて汗が吹き出してしまう日があったりと、暑さによって気分や体調が上下しがちです。

そんな夏場のすっきりとしない気分を晴らすためには、爽やか系のさっぱりとした香りの香水を使うのがおすすめです。代表的なのはシトラス系(柑橘系)の香りです。甘酸っぱい香りが夏の暑さを吹き飛ばしてくれます。清涼感を加えるのであれば、ミント系の香りがブレンドされたものもいいでしょう。

逆に、冬場はその寒さゆえに温かみのある香りを求める方がいます。冬場はムスクなどのまったりとリラックスできる香りを重視し、夏場はさっぱりと爽快な気分になれる香りを重視するといいでしょう。

香水を夏場保管するときは揮発に注意

香水はアルコールを含んでいますので、気温の上昇とともに中身が揮発しやすくなります。保管をする際は場所や温度に注意が必要です。

冷蔵庫に入れる必要はありませんが、理想的な場所は冷暗所です。湿気が少なく、直射日光の当たらない涼しい場所で保管しましょう。香水は空気に触れることで酸化し本来の香りを失うこともあるので、キャップは確実に閉めておいてください。

香水を夏に使う正しい付け方は?

季節を問わず、香水を付ける場所や付ける量に悩む方はいることでしょう。夏場は汗をかきやすいので、特に付け方に注意が必要と言えます。

汗が出やすい場所には付けないように

脇や足の裏などの汗をかきやすい場所は、香水を付けるのに向いているとは言えません。汗で香りが消えてしまいますし、香水本来のいい香りが出ないこともあります。

香水を付ける場所は、基本的に手首や首筋など、太い血管が通っている体温の高いところがおすすめだと言われています。夏場に香水を付けるときも同じです。

ただし、体全体に汗をかいてしまうような通気性の悪い服装をしている場合は、髪の毛や衣服の一部分など、汗を避けるような場所に香水を付けるといいでしょう。

汗の匂いとの混ざり方にも注意

汗と混ざることで香水は本来の香りから別の香りへと変化しやすくなります。この変化を楽しむのが香水の魅力の一つでもあるのですが、場合によっては香りの質が下がってしまう混ざり方をすることもあります。

したがって、汗臭さを消したいがゆえに香水を多めにつけるのは逆効果になることがあります。香水の適量は1~2プッシュ程度です。香りが落ちてきたら付け直しをすることを前提として、適量を守りながら使ってください。

香水は清潔な体に使うことで香りのよさを発揮することができます。まずは出かける前に体の汗や汚れを落としてから香水をつけるようにしましょう。

メンズ・レディース別の夏におすすめの香水

正しい付け方のポイントを押さえ、自分好みの夏向き香水を見つけてみましょう。

メンズにおすすめ、夏にぴったりな香水

まずおすすめなのは青を基調としたスタイリッシュなボトルデザインが魅力の香水「プラウドメン オードトワレ グルーミング・シトラス」です。

海を彷彿とさせる爽やかな香りがメインで、後からムスクの柔らかで甘めの余韻に浸ることができます。メンズコスメラインならではの男性目線で作られた香りは、ビジネスシーンにもマッチすることでしょう。

  • 商品名:プラウドメン オードトワレ グルーミング・シトラス
  • 容量:50ml
  • 参考価格:3,780円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

また、香水を使う習慣があまりない方や、付け直しが面倒だという方におすすめなのが、体を洗いながら香りをまとうことができるこちらのアイテムです。

  • 商品名:ロクシタン セドラオム シャワージェル
  • 容量:250ml
  • 参考価格:3,132円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

レディースにおすすめ、夏にぴったりな香水

夏に女性にぜひ付けてもらいたい香水が「クリニーク ハッピー」です。スキンケアコスメで有名なクリニークから発売されているこちらの香水は、シトラスとフローラルの香りのバランスが良く、暑さでイライラしがちな心に開放感を与えてくれます。

  • 商品名:クリニーク ハッピー EDP
  • 容量:50ml
  • 参考価格:3,240円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

香水を夏につけるなら香りと付け方に注目

香水は季節ごとのイメージでぴったりな香りが異なります。季節感を出したいのであれば、夏は爽やかですっきりとした気分になれる香りの香水がおすすめです。

爽やか系の香水はユニセックスで使えるものも多いので、男物だから、女物だから、と敬遠せずに気に入った香りのものを探してみるとより夏に合う1本が見つかるでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME