ブラウニーとガトーショコラは何が違う?ポイントは卵の使い方

2019.06.26

アメリカやイギリスの家庭で広く親しまれているお菓子・ブラウニーは、人気の焼き菓子として日本でも多くのケーキショップや百貨店で取り扱われています。ブラウニーとはどんな食べものなのか、おすすめのブラウニーとあわせて紹介します。

ブラウニーとは

欧米の代表的な家庭菓子の一つであるブラウニーは、チョコレートケーキの定番としてバレンタインデーなどで頻繁に振る舞われています。

アレンジがしやすいお菓子なので、ピーナッツやくるみを入れたタイプやドライフルーツを入れたもの、チョコチップを入れたものなど種類が豊富な点がブラウニーの特徴です。

今でこそ日本人にもなじみ深いブラウニーですが、特徴や名前の由来をご存知でしょうか?ここでは、ブラウニーの発祥場所やその名前の由来などブラウニーにまつわる情報を紹介します。

アメリカ発祥のお菓子

ブラウニーは、1893年にアメリカのイリノイ州・シカゴで開催された『シカゴ万博において初めて製造され販売されたお菓子』だと言われています。

ヒルトンホテルのパティシエが考案し、最初はホテルに訪れる富裕層向けに提供していたのがブラウニーの始まりです。

その後は国内で人気に火がつき、次第にアメリカ国内に広がり、一般家庭でも手軽に作れるお菓子として認知されていきました。安定した美味しさにより万人に受け入れら、贈り物やパーティーの定番として選ばれるようになったのです。

名前の由来は?

ブラウニーという名前の由来は二つあります。一つは、見た目が茶色(ブラウン)であることから派生してブラウニーになったという説があります。

もう一つは、スコットランドや北部イングランドで伝承されている『伝説の妖精ブラウニー』が名前の由来だと言う説です。

伝説の妖精ブラウニーは幸福の象徴として必ず一家にひとりは存在し、その家に富と繁栄をもたらすと言われています。ここから派生して、ブラウニーは家庭に富を引き寄せる幸せのお菓子として認知されているのです。

ガトーショコラとの違い

ブラウニーと同じように、チョコレートケーキの定番と言われているお菓子がガトーショコラです。ガトーショコラはフランス語で『焼きチョコ』の意味です。

ブラウニーもガトーショコラも外観が茶色で一見似ているお菓子であるため、お菓子に詳しくない人にとっては、これらの違いがよく分からないかもしれません。

しかし両者の違いは明確にあります。その違いを理解することで、よりブラウニーの魅力を再認識できるでしょう。ここでは、ブラウニーとガトーショコラそれぞれの作り方や食べ方、食感などの違いについていくつか具体的に解説します。

卵の使い方

ブラウニーとガトーショコラは、それぞれ作る際の卵の使い方が違います。ブラウニーは生地に全卵をそのまま混ぜ込みます。

一方ガトーショコラは、卵黄と白身を分けて、白身をメレンゲ状に泡立てて丁寧に生地に混ぜ込みます。その結果ブラウニーに比べてガトーショコラは、ふっくらと柔らかく仕上がるのです。

食べ方が違う

ブラウニーとガトーショコラは食べ方にも違いがあります。ブラウニーの場合は焼き上げた後は手軽に食べることができるように、一口大に切り分けて手で食べるのが一般的です。

一方ガトーショコラはレシピによって異なりますが、一般的にはケーキのように切り分けてフォークで食べる違いがあるのです。

食感にも差がある

ガトーショコラはメレンゲを使うので、生地を焼き上げた後はふっくらと柔らかい食感に仕上がります。それに対しブラウニーは、メレンゲは使わずにチョコチップやナッツ、ドライフルーツといったさまざまな具材を混ぜ合わせて作ることが多いのです。

ガトーショコラと比べてブラウニーは、しっかりと食べ応えがある食感となります。

ブラウニーの特徴

ブラウニーはチョコレートケーキの定番として、欧米を中心に世界中で親しまれているお菓子ですが、家庭ごとに材料の分量や入れる材料が異なります。

そのため組み合わせ次第でブラウニーの種類を無数に増やすことができるので、個人個人の嗜好に合ったブラウニーが存在するのです。

ここでは、ブラウニーのアレンジのバリエーションやブラウニーの独特の食感、さらに100g中のカロリーなど、ブラウニーの基本的な特徴について細かく紹介します。

アレンジのバリエーションが豊富

ブラウニーはチョコレートを使って作るため、ミルクチョコやビターチョコなど、チョコレートの種類を変えることで簡単にアレンジすることが可能です。

またリンゴやバナナなどのフルーツを入れることも多く、さらにナッツやアーモンド、栗などを入れて季節や食感を楽しむこともできます。

お菓子を作ることが好きな方であれば、創意工夫を凝らしたブラウニー作りに夢中になることもあるでしょう。ブラウニーは中に入れる材料とアイディア次第で、アレンジのバリエーションが無数に広がるお菓子なのです。

ブラウニーならではの食感

ブラウニーの食感は軽すぎることもなく重すぎることもない、バランスが取れた丁度いい食感だと言われています。

全卵を生地に混ぜ込んで作るので、ケーキほど柔らかくもなく、クッキーほど固くもない、ケーキとクッキーの中間くらいの程よい硬さに仕上がるのです。

このブラウニーならではの独特の食感に魅了される人も多く、ブラウニーが根強い人気を保つ理由でもあるのです。

100gあたりのカロリー

ブラウニーの100gあたりのカロリーは一般的に400〜500kcalだと言われています。一般の成人男性が1日に必要なエネルギー量が2200kcal前後なので、ブラウニーは比較的高めのカロリーだと言えるでしょう。

中に入れる具材や材料の分量によってはカロリーが高くなるので注意が必要です。ブラウニーは比較的高めのカロリーですが、家庭で作るのであれば調整することが可能です。分量や材料を考慮して、カロリーを低くすることもできるでしょう。

ブラウニーはこうして作られる

欧米のご家庭で広く作られているブラウニーはシンプルなお菓子なので、自分で作ることはそれほど難しいものではありません。しかし美味しいブラウニーを作るためにはいくつか押さえるべきポイントがあるのです。

これらのポイントを押さえなければ、イメージとは違うブラウニーが出来上がってしまうので注意が必要です。ここでは美味しいブラウニーの作り方を、いくつかのポイントとともに紹介します。

粉っぽくならないように材料を混ぜる

ブラウニーを作るためには、『卵・グラニュー糖・薄力粉・バター・チョコレート』そしてお好みで『ナッツ類』を用意します。材料を常温に戻した後、チョコレートとバターをボウルに入れて湯煎したのち、グラニュー糖と卵を入れて粉っぽくならないようによく混ぜます。

よく混ざったらナッツ類を入れて型に生地を流し込み、160度のオーブンで約25分間焼きます。焼きあがったら型から出して冷ましたのち、お好みの大きさにカットして出来上がりです。

焼きすぎないことで中がしっとりする

ブラウニーはさほど厚みがないのであまり焼きすぎると焦げてしまい、できあがりがパサパサになってしまいます。あまり焼きすぎずに、中がしっとりと半生状態に仕上げることが美味しいブラウニー作りのポイントです。

一度焼き始めたら、定期的にブラウニーに串を刺して焼き加減を確かめながら、ちょうどいい焼き加減を探ることが大切です。ブラウニーに竹串を刺して引き出した時、中の生地が少し付いているくらいが丁度いい焼き上がりなのです。

1日寝かせることで味が染み込む

もちろん焼きたてのブラウニーは香ばしくて美味しいのですが、焼いた後に1日寝かせることでブラウニー全体に味が染み込んでさらに美味しさが倍増します。

保存の際はブラウニーをラップで包むことが大切です。全体の水分が飛ばないようにラッピングすることで、味が馴染んでさらに美味しく食べられるのです。

ブラウニーの賞味期限はどれくらい?

せっかく手作りブラウニーを作ったのであれば、できる限り美味しい状態で保存して長い期間ブラウニーを食べたいものです。

しかし賞味期限をきちんと把握しておかないと、美味しいはずのブラウニーの味が劣化してしまう可能性があるので注意しましょう。

賞味期限が切れていても消費期限の範囲内であれば食べることはできますが、残念ながら本来の美味しさは損なわれてしまうでしょう。ここではブラウニーの賞味期限や、ブラウニーを美味しく食べるための理想的な保存法について紹介します。

冷蔵庫に入れて3〜4日

ブラウニーの賞味期限は、冷蔵庫に入れて3〜4日ほどと言われています。その際は保存方法にも気を配る必要があります。作った当日から1日はラップでくるみ常温で保存することが大切です。

2日目からは冷蔵庫に入れて保存しましょう。冷蔵庫に入れる時には、ラップでしっかりとブラウニーを包んでおくことが大切です。

長期保存する場合は冷凍保存

ブラウニーを作って4日目以降であれば、ラップや市販の容器に入れて冷凍保存するといいでしょう。きちんと冷凍保存すれば1カ月は美味しさを保つと言われています。

さらに解凍する際は、レンジなどで温めるより常温で戻して食べると美味しさが損なわれないのでおすすめです。

なお、解凍したブラウニーは2日以上経てば美味しさが失われるので、解凍後は早めに食べるように心がけましょう。

ギフトにおすすめのブラウニー

ブラウニーは国内国外問わず多くのショップが取り扱っています。ショップごとに豊富な種類のブラウニーを販売していて、安定した美味しさを提供できる定番のお菓子なのです。多くの人から受け入れられるブラウニーはギフトに最適です。

贈り物を選ぶのに迷うようであれば、ブラウニーを選ぶことをおすすめします。ブラウニーは甘さたっぷりなタイプから甘さ控えめなタイプまであるので、贈る相手の趣向に合わせて選ぶことができる万能のお菓子です。

ここでは、贈り物に最適なブラウニーを販売しているおすすめのショップや、そこで取り扱うブラウニーについて紹介します。

ニューヨークの人気店 Fat Witch Bakery

ニューヨークで誕生したブラウニー専門店の『Fat Witch Bakery』は品揃えが豊富にあり、大人っぽいフレーバーからシンプルなフレーバーまでさまざまな味が楽しめる人気のあるお店です。中でも6種類の味が楽しめる『BASICS』は特におすすめです。

パッケージも可愛くデザインされているので、見ているだけで嬉しい気持ちになります。ギフトにも最適な商品なのです。

  • 商品名:ニューヨーク限定 ファットウィッチ ブラウニー BASICS(6個入り)
  • 価格:1944円(税込)
  • オンラインショップ:商品ページ

グラマシーニューヨーク ニューヨークセレクション

『GRAMERCY NEWYORK・グラマシーニューヨーク』には、上品かつ洗練された焼き菓子がたくさん揃っています。

その中でも『ニューヨークセレクション』は濃厚なチョコレートとナッツを贅沢に取り入れて作られた上質なブラウニーと、選び抜かれた素材で作られたオリジナルのチーズケーキが入っています。

ギフトとして贈った相手にも喜ばれるおすすめの商品です。

  • 商品名:ニューヨークセレクション
  • 価格:2160円(税込)
  • オンラインショップ:販売ページ

キース・マンハッタン ローストナッツブラウニー

グラマラシーニューヨークと同じ系列のスウィーツショップである『キース・マンハッタン』でも、美味しいブラウニーを取り扱っています。

おすすめは『ローストナッツブラウニー』です。たっぷりのローストナッツが乗っていて口に入れると香ばしさが口の中いっぱいに広がります。

カップケーキのようなかわいいデザインなので、贈った相手もきっと喜んでくれることでしょう。

  • 商品名:キース・マンハッタン ローストナッツブラウニー 8個入り
  • 価格:2160円(税込)
  • Amazon:販売ページ

プチギフトに使える Market O REAL BROENIE

韓国で生産されている『Market O REAL BROENIE』のリアルブラウニーは、コンビニやコストコなどで簡単に手に入る、可愛らしい包装紙が魅力的でギフトに最適なブラウニーです。

チョコレートの甘さをしっかりと感じることができる、大人っぽいテイストが特徴的な本格派のブラウニーを手軽に楽しめます。

  • 商品名:マーケットオー リアルブラウニービッグ 35g×8袋
  • 価格:900円
  • Amazon:販売ページ

ブラウニー専門店cote cour 東京ブラウニー

もともとはアメリカやイギリスの家庭で作られていたブラウニーですが、近年日本にもブラウニーの人気が広まり、いくつもブラウニー専門店が誕生しました。

専門店では家庭で作るブラウニーに比べて高級な食材を使って作られていることが多く、家庭と違った味を求めてお土産や贈り物に買い求める人も多いようです。

今回は日本で初めてブラウニー専門店を立ち上げた『コートクール』という人気洋菓子屋さんが販売する『東京ブラウニー』を紹介します。

都内近郊を中心に店舗展開していますが、オンラインストアからも購入できます。

シュクレイ オンラインストア

高級感のあるパッケージ

東京ブラウニーのパッケージは、黒と赤のツートンカラーが配色された高級感漂うデザインです。黒い部分には金色のコートクールの大きなロゴがあり、その下に同じくゴールドの文字で『東京ブラウニー』と書かれています。

箱を開けると再びゴールドの袋に入ったブラウニーが丁寧に包まれています。高級かつ丁寧な作りがほどこされており、大切な人に送るお菓子としてふさわしいパッケージです。

濃厚なチョコレートがとろける

見た目は一見クッキーのように見えますが。一口食べると口の中に濃厚かつ上品なチョコレートがとろけるように広がります。

外側のパリッとした食感と内側のとろっとした食感が絶妙に組み合わさり、他のどの店でも食べることができない東京ブラウニーの美味しさが詰まっているのです。

和風の京都店も誕生

ブラウニー専門店のコートクールは東京 恵比寿に本店がありますが、京都にも出店しています。

京都店では、定番のブラウニーに加え、ブラウニーに黒豆小豆やしょうがなどを入れて、和と洋の素材を組み合わせた新たな味のブラウニーを開発・販売しており、手土産にもぴったりでしょう。

  • 店舗名:コートクール京都
  • 住所:京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹 B1F
  • 電話番号:075-352-1111
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 公式HP

美味しいブラウニーを食べよう

家庭でも比較的簡単に作ることができるブラウニーは、工夫次第でさまざまなタイプにアレンジすることができます。好きな具合を入れて好みの味に仕上げることが可能です。さらに旬の果物を入れて季節を楽しめる万能型の焼き菓子なのです。

ブラウニーは、自分で楽しむだけでなく贈り物としても最適です。他のスイーツと比べて比較的賞味期限が長いことから、長い時間ブラウニーを楽しむことができるのです。今回の記事を参考にして自分好みのブラウニーを作り、ぜひ美味しいブラウニーを食べましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME