バイクに荷物を積むにはネットを使おう!ツーリングネットで楽々固定

2019.06.25

旅行や買い物に出かけたとき、バイクの荷台に荷物が乗らなくて困ったことはありませんか?そんなときに活躍するのがツーリングネットです。さまざまな種類があるバイク用ネットに関して、使い方や人気商品を紹介していきます。

バイク用ネットの使い方

バイクで出かけているとき、安心して荷物を積むことができるアイテムが『バイク用ネット』です。別名、ツーリングネットとも呼ばれています。

このネットは、どのように使うアイテムなのでしょうか?使い方と一緒に、メリットとデメリットをまとめていきます。

ひっかけて荷物を覆うだけ

バイク用ネットの使い方は非常に簡単です。バッグや袋の中に入れた荷物を荷台に乗せ、その上にネットを被せれば荷物を固定できます。

ネットの端にはフックがついていて、バイクのステーなどにフックを引っかけることで荷物が落ちないようにします。

ネットの素材はゴムでできているものがほとんどなので、荷物の量に合わせて使うことが可能です。

バイク用ネットのメリット

バイク用ネットには、いくつかのメリットがあります。

一つ目が『手軽に用意できる』という点です。小さく畳むことができるため、持ち運びも便利で場所をとりません。また、装着するのも簡単なため、荷物が増えてもすぐに対応できます。

二つ目が『安い』という点です。良心的な価格帯に設定されていて、安いものだと1000円以下で購入できるものもあります。

バイク用ネットのデメリット

バイク用ネットは魅力的ですが、デメリットもあります。例えば、『防水機能』です。

バイク用ネットには、防水性能を期待できません。そのため、急な雨から荷物を守ることはできません。

また、『荷物のバランスを取るのが難しい』という点も挙げられます。まとまりやすい荷物なら安定して積みやすいですが、バランスの悪い荷物だと、しっかり固定するのが大変です。

このようなデメリットも踏まえ、シーンに合わせてうまく使い分けるとよいでしょう。

バイク用ネットの選び方

バイク用ネットには、いろいろなサイズや種類があります。そのため、自分の使いたい用途に合ったものを選ぶことが大切です。

バイク用ネットを選ぶときにおさえておきたいポイントをまとめていくので、チェックしてみましょう。

網目の大きさをチェックする

バイク用ネットは、同じサイズのものでも網目の大きさが異なります。そのため、自分の積みたい荷物によって網目の大きさをチェックすることが大切です。

網目が大きい方が、突起のある荷物を積載するのに向いていますが、そのぶん、小さい荷物だと網目から落ちることも考えられます。用途に合わせて、網目のサイズをチェックするようにしましょう。

積みたい荷物にサイズを合わせる

バイク用ネットのサイズ展開はさまざまです。基本的には『S・M・L・XL』などの表記がされていますが、メーカーによっては、縦横の長さで表されているものもあります。

一般的には、大きいサイズを選んでおくとよいとされていますが、積む荷物によってサイズを合わせる必要があります。

値段も手頃で小さくたためるので、サイズを2種類ほど用意しておくと便利に使い分けることができます。

おすすめのバイク用ネット

豊富なラインナップで展開されているバイク用ネットも、それぞれ特徴が異なります。中でも魅力的で、多くのユーザーから人気を集めている商品を紹介します。

お手頃な価格で買えるデイトナ レジネット

とにかく値段が安いという魅力があるのが『デイトナ レジネット』です。その魅力は安さだけではなく、素材の機能性にもあります。

使われているゴムの伸縮性が高く、大きめの荷物でも固定できます。だからといって、小さい荷物のときに緩くなることもないので、幅広い荷物に対応可能です。

  • 商品名:デイトナ レジネット
  • 価格:385円(税込)
  • Amazon:商品ページ

大容量のタナックス ツーリングネットV モトフィズ

最大80Lまで積載可能にするのが『タナックス ツーリングネットV モトフィズ』です。M・L・2L・3Lのサイズ展開がされていて、10L〜80Lまで、ニーズに合わせて選べます。

フックの逆側にやや小さいフックがつけられているため、サイズの調整が可能なのも嬉しいポイントです。

伸縮性と耐久性に優れているので、大きな荷物を運ぶ際に使いたい人気のアイテムです。

  • 商品名:タナックス ツーリングネットV モトフィズ
  • 価格:1278円(税込)
  • Amazon:商品ページ

もっと手軽なタナックス キャリングコード

ネットではなく、ひもの形状で荷物を固定するのがキャリングコードです。そんなコードの中でも人気を集めているのが『タナックス キャリングコード』です。

このアイテムは、1本として利用できるだけでなく、先端部分にフックがついているため、タンデムグリップに引っかけて固定することもできます。

  • 商品名:タナックス キャリングコード
  • 価格:884円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バイク用ネットを使って荷物を運ぼう

バイクで大きな荷物を運ぶ際、安定感や積載量の不安を取り除いてくれるのがバイク用ネットです。ちょっとしたお買い物や旅行など、荷物が増えるシーンはさまざまです。

携帯性も抜群なバイク用ネットを使って、安全に荷物を運びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME