バイオリンケースのおすすめを紹介。選び方や形の違いとは?

2019.06.25

バイオリンケースは、用途に合わせて素材や形を選ぶのがおすすめです。代表的な形や素材と、用途に合わせた選び方を覚えれば、自分にとって使い勝手のよいケースが選べるでしょう。おすすめの商品も紹介しているので参考にしてみてください。

バイオリンケースの形状

まずは、バイオリンケースの形状と注意点についてチェックします。大切なバイオリンを守るためのケースなので、こだわって慎重に選びましょう。

定番の三角形やひょうたん型

バイオリンケースの定番が、『ひょうたん型』や『三角型』などのバイオリンの形に沿ったケースです。丸型やシェル型、半月型やトライアングル型と呼ばれるタイプも同様のもので、軽量なものが多い特徴があります。

価格もリーズナブルなものが多く、初心者でも手軽に入手できることから使い勝手がよいでしょう。コンパクトに持ち運べるメリットがありますが、小物や楽譜などを持ち歩きたい人は、ややサイズに物足りなさを感じます。

収納力が高い角型

車での持ち運びが多い人や、楽譜や小物も一緒に入れて持ち運びたいという人におすすめなのが、角型のバイオリンケースです。

別名『オブロング』とも呼ばれている角型は、安全性の高い頑丈な造りで断熱性も高く、収納スペースが充実しているのが特徴と言えるでしょう。

重さがあるタイプのため、持ち歩くことが多い人にはあまりおすすめできませんが、バイオリンの保管環境をよくしたい人には最適です。

サイズも大きめでやや高価ですが、材質もしっかりとしており耐久性も高いため、長く使えます。

飛行機内への持ち込みに注意

演奏会などのために飛行機を利用することが多いなら、バイオリンケースの『サイズ』はとても重要です。

バイオリンは繊細な楽器なので、湿度や温度管理が行われていない貨物室での輸送には向いていません。そのため、機内への持ち込み規定をクリアできるサイズのバイオリンケースが最適と言えます。

機内持ち込みを想定して作られたハイテク素材のバイオリンケースもあるので、探してみるといいでしょう。

バイオリンケースの選び方

次は、バイオリンケースの選び方をチェックしてみましょう。上で述べた通り、バイオリンケースにも色々な種類があり、目的や使い方に合わせて適切な素材・重さのものを選ぶのがおすすめです。

素材の特徴を知る

バイオリンケースは持ち運び用のバッグとしての機能と、バイオリンをさまざまな危険から守る機能を持っているため、以下のような『素材の違い』にも目を向ける必要があります。用途に照らして考えてみましょう。

  • 発泡素材:低価格で軽量な素材。持ち歩きやすくリーズナブルなものを探している人におすすめ。他の素材より耐久性は低い
  • 樹脂素材:カーボンやグラスファイバーを用いた素材で、耐久性を確保しながら軽量化を実現したタイプ。持ち運びに便利で雨にも強いが、価格はやや高め
  • 木製素材:耐久性・弾力性・断熱性に優れ、バイオリンの音色に大きな影響を与える湿度・温度の管理にも最適。価格は高め

ソフトケースは徒歩での持ち運び向け

バイオリンのソフトケースは、ある程度の衝撃に耐えられ、軽量化が施されているため、徒歩での持ち運びに最適です。雨に強い素材が使われていれば、持ち運び向きと言えるでしょう。

運ぶときの環境にもよりますが、バイオリンへの衝撃が不安な人は、ケース内でバイオリンが遊ばないよう『固定できるタイプ』がおすすめです。

材質によって内部の温度や湿度なども変わるため、ファッション性よりも保護を第一に考えると安心して運べます。

おすすめのバイオリンケース

最後に、おすすめのバイオリンケースを3つ紹介します。運びやすさや使い勝手、おしゃれさなど、色々な視点からチェックしてみてください。

東洋楽器 バイオリンケース ULシェルR

東洋楽器から販売されているバイオリンケース『ULシェルR』は、超軽量バイオリンケースのため、持ち運びが多い人に最適です。

テールピース部分のおさえと、ネックでバイオリンを固定する革紐を備えており、ケース内で遊ばない仕様になっています。全面でバイオリンをホールドして守る構造なので、持ち運び時の安心感が得られるでしょう。

  • 商品名:東洋楽器 バイオリンケース ULシェルR
  • 価格:2万1560円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カーボンマック バイオリンケース CFV-2

カーボンマックから販売されているバイオリンケース『CFV-2』は、カーボン複合繊維に最新型の加工を施し、軽量と剛性の両立を実現したケースです。

小物入れを標準装備し、ネック受けが自由に可動できるため、使っているバイオリンに最適な状態で保管できます。

縦持ち用の取っ手と脚ゴムを採用しているため、電車に乗るときなどにも便利でしょう。

  • 商品名:バイオリンケース カーボンマック CFV-2
  • 価格:4万5792円(税込)
  • Amazon:商品ページ

EASTMAN バイオリンハードケース スタンダード

EASTMAN(イーストマン)から販売されている『バイオリンハードケース スタンダード』は、グラスファイバーを使った軽量で丈夫なケースです。

艶のある光沢タイプで、カラーバリエーションも豊かなため、おしゃれさを求める人にもぴったり合います。ケースの色合いを選んだり、デザイン性を求める人におすすめのケースと言えるでしょう。

  • 商品名:Eastman イーストマン バイオリンハードケース スタンダード
  • 価格:2万8500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

用途にあったバイオリンケースを

用途に合わせたバイオリンケースを用意すれば、持ち運び時や保管時に快適な環境を整えられます。素材やデザインの違いだけではなく、ケース内部の収納や固定器具などもチェックできれば、より満足できるでしょう。

おすすめしたバイオリンケース以外にも、多種多様なケースがあります。色々と比較して、自分好みのタイプを見つけてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME