バイオリンの弦の素材で何が変わる?音色や特徴を知ろう

2019.06.21

バイオリンは、弦の素材によって音色やレスポンスが変わります。代表的な弦の種類と特徴、おすすめの弦を知れば、自分が目指す音色に近づくきっかけとなるでしょう。弦の交換も視野に入れて、音色の違いを吟味する参考にしてみてください。

バイオリンの弦の素材

代表的なバイオリンの弦の素材には、ガット弦・スチール弦・ナイロン弦の三つがあります。それぞれの音色や特徴を、まずはチェックしていきましょう。

古くからのガット弦

古くから親しまれているバイオリンの弦の代表格が、ガット弦です。『羊の腸』から強い繊維を取り出したものを乾燥させ、ねじり合わせて作られている弦のため、湿度や温度の影響を受けやすいという特徴を持っています。

その製造工程ゆえに比較的高価な弦で、他の素材を用いた弦と比べると、音に『豊かさ』や『しなやかさ』を感じられます。

幅広い表現に対応していますが、気持ちのよい音色を奏でるためには技術が必要なため、中・上級者向けの弦と言えるでしょう。

安定性と耐久性のスチール弦

ガット弦に代わる弦として開発された『金属線』を用いた弦が、スチール弦です。ガット弦の扱いが難しい人でも使えるよう、演奏のしやすさに配慮されて作られているので、愛用者も多くいます。

しっかりとした音色で音量もあり、伸びにくい材質ゆえにチューニングも簡単にできるため、初心者向けの弦とも言われています。

低価格で長寿命を実現しているため、コストパフォーマンスに優れている弦を探している人におすすめできるでしょう。

広く使われているナイロン弦

ナイロン弦は『合成繊維』で作られた弦で、各メーカーが工夫を凝らしているため多種多様な音色が楽しめます。

近年では、ガット弦に近い音色からスチール弦に近い音色まで幅広くあるため注目されつつあるナイロン弦は、吟味すれば自分にマッチした弦を見つけられるでしょう。

スチール弦と同様に初心者でも扱いやすく、耐久性もしっかりしています。弾き心地をスチール弦と比べて、選んでみてもよいでしょう。

おすすめのスチール弦とナイロン弦

次は、初心者でも扱いやすいスチール弦とナイロン弦の中から、おすすめの弦をそれぞれ一つずつ紹介します。音色の違いもあるため、選ぶときの参考にしてみてください。

THOMASTIK Dominant

THOMASTIK(トマスティーク)から販売されている『Dominant(ドミナント)』は、楽器への順応性が高く、温かみのある音色が特徴の弦です。

音量感に優れたナイロン弦を使用し、コストパフォーマンスにも優れているため練習用にも重宝します。

耐久性も兼ね備え、コンパクトなパッケージに4本の弦が用意されていることから張り替えの予備としても使えます。

ナイロン弦は音色を保つためにも定期的な交換が必要なことを考えると、リーズナブルに使いやすい弦と言えるでしょう。

  • 商品名:Dominant 4/4バイオリン弦セット
  • 価格:5379円(税込)
  • Amazon:商品ページ

PIRASTRO Synoxa

PIRASTRO(ピラストロ)から販売されている『Synoxa(シノクサ)』は、すっきりとした明るい音色が特徴のナイロン弦です。

温度や湿度変化への耐久性にも優れており、チューニングの安定性を求める人にもぴったりの性能でまとまっています。

レスポンスの高さからも定評があり、音の立ち上がりスピードが速いので、細かいパッセージを弾く機会がある人におすすめできるでしょう。

  • 商品名:PIRASTRO Synoxa バイオリン弦4本セット
  • 価格:8980円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おすすめのガット弦

中級者から上級者におすすめのガット弦の中から、人気のある弦を2つ紹介します。扱いやすさ、音色、レスポンスがそれぞれ異なる両者を比べてみるのもよいでしょう。

PIRASTRO OLIV

PIRASTRO(ピラストロ)から販売されている『OLIV(オリーブ)』は、張りのある力強い音色と圧倒的な倍音が魅力的なガット弦です。

現代のガット弦のスタンダードとして根強い人気を誇り、天然素材ならではの音色で多くの人を魅了しています。

発音が速く、力強さもある音色は安定性にも定評がありガット弦の中でも『扱いやすさ』を感じられる一品です。

  • 商品名:PIRASTRO OLIV  バイオリン弦セット
  • 価格:1万5842円(税込)
  • Amazon:商品ページ

PIRASTRO PASSIONE

同じくPIRASTRO(ピラストロ)が販売する『PASSIONE(パッシオーネ)』は、ガット弦らしさを追求した美しい音色を奏でる弦として人気があります。

ガット弦のデメリットだった『ピッチの不安定さ』を克服した、安定性のある音色は、オリーブとはまた違った音を奏でます。

ハンドメイドで作られているシリーズで、複雑なオーバートーンにも対応力があるため、多彩なサウンドを楽しめるでしょう。

  • 商品名:PIRASTRO PASSIONE バイオリン弦 4本セット
  • 価格:1万4970円(税込)
  • Amazon:商品ページ

違いを押さえて好みの音色を探そう

弦の違いは、音色や弾きやすさにも大きな違いとなって出てきます。自分の技術と好みの音色に近づけるために、弦の種類やタイプを考えていくことで、違った楽しみを見つけるきっかけになるでしょう。

紹介した弦はほんの一部なので、それぞれのメーカーの弦の特徴をよくみて、自分好みの音色を見つけてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME