浴衣を選ぶなら『レトロ柄』で差をつけよう。男女別のおすすめを紹介

2019.06.21

夏祭りや花火大会に、浴衣で参加する男性が年々増えています。レトロで渋い色柄の浴衣を選んで、周りに差をつけてみてはいかがでしょうか。浴衣に欠かせない小物類からおすすめの柄まで、浴衣を粋に着こなすポイントを解説します。

まずは浴衣の選び方を知ろう

浴衣と洋服では、サイズの選び方や持ち物などが大きく異なります。初めて浴衣を買う方でも迷わないよう、浴衣のサイズや素材を選ぶコツと、着付け・外出に欠かせない和装小物について紹介します。

浴衣とセットで必要なもの

浴衣を着て外出するときには、履物やバッグも浴衣専用のアイテムを使いましょう。

履物は下駄や雪駄(せった)のような鼻緒のついたもの、バッグは和柄の巾着などがおすすめです。和装用のショルダーバッグや、トートバッグなども販売されています。

帯には本格的な『角帯(かくおび)』と、カジュアルで動きやすい『兵児帯(へこおび)』があります。初めて浴衣を購入するなら、帯とセットになっているものを選べば問題ないでしょう。

また、浴衣は洋服のようにボタンやファスナーがついていないので、腰紐と呼ばれる着付け用の紐などもそろえる必要があります。

腰紐は、平たく細長い綿の紐を使うのが一般的です。伸縮性があり、マジックテープでワンタッチで留められる、便利なゴムベルトタイプの腰紐もあります。

浴衣で重要なのはサイズ

浴衣のサイズは、着付けが終わった状態で、くるぶしが少し隠れるくらいの長さを目安に選ぶのが基本です。着丈が表示されている場合は、身長より28~30cm短いものを選ぶと、ちょうどよくなります。

袖丈は、手首の関節が見え隠れするくらいの長さがおすすめです。あらかじめ頚椎から手首までの長さを測っておくと、店頭で選びやすいでしょう。

ただし浴衣は洋服と違って、サイズの融通性が高い衣服です。丈や幅は、着付けのときに調整できるよう、少し大きめに仕立てられています。

着こなし方にも厳格なルールはありませんので、好みに合わせて短めにしたり、長めにしたりしても大丈夫です。

素材の違いとは?

浴衣の素材には、綿や麻などの天然素材と、ポリエステルなどの化学繊維があります。『綿』は肌触りがよく吸汗性が高いので、夏に着る浴衣に適した素材です。しかし洗濯すると色落ちしたり、縮んだりすることがあります。

『麻』は綿よりも通気性がよく、濡れてもすぐに乾きます。蒸し暑い日でもべたつかず、さらりと快適に過ごせます。ただし価格が高めで、手入れが難しいのが欠点です。

綿も麻も、自宅で洗濯するのではなく、クリーニングに出す方が型崩れせず長く着られます。一方、化学繊維の浴衣は色落ちや縮みの心配がなく、自宅で手軽に洗濯できます。

『ポリエステル』は通気性や速乾性に優れており、汗をかきやすい男性でも安心です。天然素材の浴衣と比べると価格も安めなので、気軽に試せるでしょう。

男性用浴衣の小粋なレトロ柄

男性の浴衣はトレンド柄や派手な色使いのものよりも、黒や紺などのダークカラーをベースにした伝統的な柄を選ぶほうが、落ち着いた大人の雰囲気が漂い、小粋になります。男性におすすめのレトロ柄を3パターン紹介します。

スッキリした縦縞しじら

『しじら』とは、表面に細かい波状の凸凹がある織物のことです。凸凹があるため肌に密着せず、涼しく着られます。このため浴衣や、夏の着物の素材としてよく使われています。

しじらには格子や縦縞などの素朴な柄が多く用いられています。とくに細い『縦縞(たてしま)しじら』は、とてもスッキリした印象で、男性におすすめの柄です。シンプルなだけに着る人の個性がひきたち、大人の余裕を感じさせます。

繊細な紗綾形

斜めにくずした『卍(まんじ)』を繋げた『沙綾形(さやがた)』は、細やかで繊細な雰囲気を楽しめる伝統的な文様です。

『沙綾』は絹織物の一種で、この織物の地紋として使われていたことから、沙綾形と呼ばれるようになりました。

なめらかな生地に細かい紗綾形をあしらった浴衣は、格式の高さを感じさせます。高級感があり、上品なイメージを演出できます。

古風な味わいの麻の葉柄

『麻の葉(あさのは)』柄は、和柄の中でもポピュラーで、親しみやすい文様です。麻の葉柄を連続させたものは、『麻の葉繋ぎ』と呼ばれています。

鎌倉時代から仏像の衣服の模様として使われており、江戸時代の始めには庶民の間でも定番化していたほど、日本人の暮らしに馴染んでいる柄です。

麻の葉柄の浴衣を身に着ければ、一気に古風で落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

女性用浴衣の可愛いレトロ柄

女性の浴衣にも、可愛いレトロ柄がたくさんあります。ここでは女性用の浴衣に使われる、主なレトロ柄を紹介します。カップルで浴衣を選ぶときの参考にしてはいかがでしょうか。

和の情緒あふれる花柄

女性の浴衣に多いのが、日本古来の花柄です。桜、紫陽花(あじさい)、撫子(なでしこ)、ユリ、朝顔などがよく使われます。桜は春のイメージですが、和服では季節を問わず用いられており、桜柄の浴衣もたくさんあります。

梅雨時に咲く紫陽花は、涼し気なイメージがあることから、浴衣では定番の柄になっています。

撫子やユリは、日本では女性の可愛らしさ、美しさの象徴とされている花です。また、夏の朝に咲く朝顔も、日本人に古くから愛されています。

このような、和の情緒を感じられる花をあしらった浴衣は、女性をより華やかに、美しくみせてくれるでしょう。

定番の矢絣と市松模様

『矢絣(やがすり)』や『市松模様』も、代表的なレトロ柄です。女学生が卒業式のときに袴と合わせて着るイメージがありますが、実は浴衣の柄にもよく使われています。

ところどころに花をあしらったものや、柄の大きさが違うものなどいろいろなパターンがあるので、個性的な着こなしをしたい方にも向いています。

和洋折衷な大正ロマン風についても知ろう

レトロな柄の中でも、最近人気が高まってきているのが『大正ロマン』風の柄です。

日本の伝統的な装いに、西洋の雰囲気を取り入れた大正ロマン柄は、その独特な雰囲気に思わず惹きつけられます。最後に大正ロマン柄の特徴について、みていきましょう。

洋花をあしらったもの

大正ロマン柄には、当時の日本では珍しかったバラやラン、チューリップなどの洋花をあしらったものが多くあります。日本の伝統的な花柄に負けず劣らず華やかで、自由な雰囲気を楽しめます。

洋服のような感覚で着られるので、コーディネートの幅が広く、他人とかぶらない個性的な着こなしをしたい方にもおすすめです。

鮮やか大胆な椿や菊

洋花と並んで、大ぶりな花を咲かせる椿や菊も、大正ロマンの代表的な柄です。鮮やかな色のベースの生地に、大胆に配置された大輪の花は、とてもインパクトがあります。

大正ロマン風の浴衣を着るときは、ヘアスタイルや小物もモダンなイメージで統一すると、一層おしゃれです。アンティークな革や金具を使ったがま口バッグや、ボブスタイルの髪型などが似合います。

女性が大正ロマン風の浴衣を着るときは、男性の浴衣にも涼し気なハットやレトロな伊達メガネ、サンダルなどを合わせてもよいでしょう。

古くて新しい装いに身を包んで楽しもう

祭りや花火大会など、日本の夏の伝統行事には、やはり浴衣がよく似合います。男性は渋く小粋に、女性なら華やかで大胆に、それぞれの楽しみ方があるのも浴衣の大きな魅力です。

古くて新しいレトロ柄の浴衣に身を包み、カップルやグループで、日本の夏を満喫してはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME