持ち運びできるタイプも必見!おすすめアロマディフューザー6選。

2019.06.20

心地の良い香りで空間を満たせるアロマディフューザーは、女性だけでなく男性にも人気です。たくさんの商品がある中で、どれを選ぶとよいのでしょうか?特におすすめのものを紹介します。持ち運びできる小型のものもあるので、外出時にもぴったりです。

アロマディフューザーとは

アロマを楽しむ方法には、マッサージやアロマクラフトなど、普段の暮らしに活用できるものが豊富にあります。中でも香りを広げて楽しむ方法として、アロマディフューザーは人気です。

アロマオイルを拡散するアイテム

アロマオイルの香りを拡散するのに使うアロマディフューザーには、いくつかの種類があります。

タンク内の水にアロマオイルを垂らして超音波でミストにして広げる『超音波式』や、ガラス製のドーム内に垂らしたアロマオイルを直接霧状にする『噴霧式』などです。

他にも、細い竹や木でできたリードで香りを拡散させる『リード式』、火や電気で温めることで香りを広げる『加熱式』があります。

タイプによって香りの拡散の仕方が違うので、好みのものを見つけて楽しみましょう。

色や形・デザインも豊富なので、香りだけでなくインテリアとしても楽しめるアイテムです。木目調のナチュラルテイストなもの、モノトーンのシンプルなものもあります。

加湿器代わりにもできる

アロマディフューザーの中でも、超音波式は水を使います。アロマオイルを垂らした水を超音波でミストとして拡散するのです。

加湿器にも、超音波でタンク内の水をミストにするものがあります。同じ仕組みで香りを拡散するアロマディフューザーなら、部屋の加湿にも役立ちます。

そのため、香りとともに水分も部屋中に行き渡ります。癒しの香りと同時に、部屋の乾燥対策にもなる便利なアイテムとして、男女問わず人気です。

アロマディフューザーを選ぶポイント

アロマディフューザーを選ぶときは、人気だけでなく自分の生活と照らし合わせた基準をもって選ぶとよいでしょう。事前に選ぶときの基準を定めておくことで自分に合ったぴったりの商品を選べます。

好みの香りで選ぶ

まずポイントになるのは『香り』です。アロマディフューザーの中には、専用のアロマオイルを使うものもあります。ラインナップに好みの香りがあるか事前に確認しておくとよいでしょう。

それぞれの香りを通じてリラックスしたい・リフレッシュしたい・集中したいなど、どのように使いたいかという目的に応じて選ぶのもよいでしょう。

コスパ重視で選ぶ

予算内でアロマディフューザーを選ぶことも大切です。機能がどれだけ充実していても、予算を大きくオーバーしているものは現実的ではありません。一般的には高機能で便利なものほど、高額になる傾向があります。

価格と機能のバランスを考えて選ぶことが大切です。リーズナブルに購入できるタイプのものを選ぶのもよいでしょう。例えば、『リード式』などです。

キャンドルを使う『アロマポット』も、購入しやすい価格の商品が揃っています。消耗品のキャンドルも100円ショップで買えるので手軽です。

おすすめのアロマディフューザーを紹介

バリエーション豊富な商品があるアロマディフューザーの中から、特におすすめのものをピックアップして紹介します。商品が多過ぎてどれを選べばよいか分からない、という場合に役立てましょう。

部屋の加湿にも役立つ スタドラーフォーム

シンプルでコンパクトなデザインがスタイリッシュなアロマディフューザーは、『スタドラーフォーム』というスイス生まれのブランドのものです。

コンパクトなサイズ感ながらも連続運転時間は長く、常に稼働し続ける通常運転なら8時間、10分の運転と20分の停止を繰り返すインターバル機能を利用すると24時間使い続けられます。

1日の運転に必要なアロマオイルはたったの2滴なのでコストパフォーマンスが良く経済的です。

超音波式の商品は、タンクにアロマオイルだけでなく水も入れます。水とアロマの混ざり合ったミストを部屋全体に広げるため、香りだけでなく加湿も可能です。

1日中アロマを感じていたい人や、リーズナブルに使い続けられるものを探している人にぴったりといえます。

  • 商品名:Stadler Form Jasmine アロマディフューザー BZ 2427
  • 価格:6154円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スピーカー機能搭載 生活の木 YUN

アロマオイルをミスト状にして広げる噴霧式のアロマディフューザー『YUN』は、珍しいスピーカー機能つきです。本体や音楽機器の音楽を流しながらアロマを楽しめます。

また、アロマオイルを垂らすドーム部分は、LEDライトで照らされる仕様です。間接照明としても使えます。程よい灯りによる癒し効果も期待できます。

嗅覚・聴覚・視覚でリラックスタイムを演出するアイテムです。効果範囲は6~10畳ほどで、しっかり香る噴霧式なので、部屋いっぱいにアロマを感じられます。

タイマーをセットすると1・2・3時間のいずれかで連続運転が可能です。タイマーセットしない場合には1時間で自動電源オフとなります。

本体下部はカエデの天然木を使っており、ナチュラルな雰囲気です。

  • 商品名:生活の木 アロマミストディフューザー YUN
  • 価格:2万1300円(税込)
  • Amazon:商品ページ

自宅・オフィス広範囲の空間に エネルグ T11-EN098

最大で80平方メートルにアロマを拡散できる『エネルグ T11-EN098』は、広いリビングやオフィスでもしっかり香りを楽しめます。

アロマオイルを微粒子化して空気中に広げるため、水を使うディフューザーのように雑菌の繁殖の心配もなく、マメなお手入れは必要ありません。

コードレスなので電源の位置を考えず好きな場所に設置できるのも魅力です。香りをよりよく届けたい場所に置いて楽しめます。充電端子はUSB Type-Cなので、差し込みの上下を気にする必要がありません。

  • 商品名:エネルグ T11-EN098
  • 価格:4880円(税込)
  • Amazon:商品ページ

小型でおすすめのアロマディフューザーは?

外出中に使いたい・移動中の車や新幹線で使いたい、と思っている場合には、小型のアロマディフューザーがぴったりです。常にお気に入りのアロマを持ち歩いて、癒しの空間を手軽に楽しみましょう。

コードレスで持ち運びができる カドー

わずか450gのコンパクトサイズの『カドー 超音波式加湿器』はキャリングケース付きで、持ち運ぶために作られた商品です。

3~4時間充電すれば、最大で10時間使用できるので、移動時間が長いときでも充電切れを心配することなく使えます。

加湿器として販売されている商品ですが、専用のアロマを使えばアロマディフューザーとしても楽しめるアイテムです。

また、ピーズガードという付属の除菌消臭剤を使うことで、風邪やインフルエンザ対策もできます。スタイリッシュなデザインなので、デスクの乾燥対策に置いておくだけでも様になるでしょう。

  • 商品名:カドー 超音波式加湿器
  • 価格:9700円(税込)
  • Amazon:商品ページ

電池の減りを気にせず楽しめる ファンファン

革ケースに入った薄型の小型アロマディフューザー『ファンファン』は、見た目がおしゃれなのが特徴です。5色展開されているので、好きな色のケースを選びましょう。

外出前にオイルパッドにアロマオイルをしみこませておけば、あとはスイッチを入れるだけで香りを楽しめます。熱とファンで香りを広げるので、しっかり香るのが特徴です。

ファンが騒がしく感じるときには、サイレントにしてファンを止めます。

小型なので持ち運びも可能ですが、その時は単4電池2本を使います。また、ACアダプタで電源を取れるので、自宅やオフィスでも便利に使えます。

  • 商品名:ファンファン
  • 価格:5400円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コンパクトなサイズ感 カオル

小さなころんとした四角い形がかわいらしいアロマディフューザー『caoru(カオル)』は、グッドデザイン賞にも選ばれている商品です。

小型で携帯用に作られているにもかかわらず、機能は自宅用に劣りません。ミストで乾燥対策ができたり、ライトのオンオフもできます。

6~8畳の部屋に対応しており、小型ながらパワフルです。携帯用としてだけでなく、自宅用と兼用もできるでしょう。

ただし、電源がACアダプタにしか対応していないことには注意が必要です。水とアロマオイルを混ぜて使う超音波式のため、オイルの減りが少なくリーズナブルに楽しめます。

  • 商品名:モバイルアロマディフューザー Caoru
  • 価格:6000円(税込)
  • Amazon:商品ページ

自宅以外でもアロマの香りに癒されて

アロマディフューザーにはさまざまな種類があります。スピーカー付きで音楽を楽しめるものや、オフィスなど広い場所でもしっかり香りを届けるものなどです。

小型のものなら、外出先や移動の車内・オフィスで使用するのもよいでしょう。いつでも好みのよい香りを楽しめます。

どんなシーンでどのように香りを楽しみたいのか、イメージしながらぴったりのものを選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME