スパイスラックをDIY。賃貸住宅でもできる簡単な裏ワザを一挙公開

2019.06.24

料理に欠かせない『スパイス』は、銘柄や種類が豊富ですが、スパイスが増えてくるとキッチン周りが散らかって見えてしまいます。そんなときに重宝するのがスパイスラックです。自作のスパイスラックでキッチンをお洒落に飾ってみましょう。

スパイスラックのDIYポイント

 

購入したものではなく『スパイスラック』をDIYで自作することで、どのようなメリットがあるのか、実際の例を紹介します。

自分の好きなスペースに置ける

『スパイスラック』を自作すれば、現在使っているキッチンの好きなスペースにジャストフィットさせることができ、スッキリとした収まり具合に仕上がるのが最大のポイントです。

既成のものでは合わせることの難しいサイズ感の調整は、DIYならではの強みでしょう。なにかと物の散らかりやすいキッチンのデッドスペースを活かすには手作りの『スパイスラック』が最適といえます。

インテリア性と実用性が高い

スパイスは容器やパッケージも含め、見た目がとてもお洒落なものが多いです。そのため『スパイスラック』も『見せる』収納をイメージしておくと、おしゃれなインテリアとしても楽しむことができます。

また、キッチン周りに溢れるスパイスをまとめておくことができるので、実用性も高くなります。まさに一石二鳥なアイテムといえるでしょう。

スパイスラックの置き場所

限られたスペースのキッチンに『スパイスラック』を設置する場合、一番適した場所はどこでしょうか。

ここでは設置場所について、いくつかのアイデアを紹介します。

圧倒的使いやすさ コンロ周辺

スパイスは火を使った調理をするときに出番が多いものです。そのため、多くの人がコンロ周りに『スパイスラック』を設置しています。

火気を扱うコンロ周辺では、安全面を考え、スパイスに手を伸ばしたとき火傷しないように棚板の位置を配慮したり、スムーズなスパイスの出し入れができるような機能的な配置を考えることがとても大切です。

また、油による汚れがつきやすいコンロ周りに設置する場合、換気扇とコンロの空気の通過しない位置を選んで置けば、掃除も楽になるでしょう。

省スペースなら 壁付けタイプ

据え置き型のスパイスラックを置くスペースがない場合は、壁掛けタイプを作れば、調理の邪魔にならないラックスペースを確保することができます。

木材のスパイスラックであれば、壁のハリにドリルで留めることもできるので安定度も抜群です。自分の背丈に合わせてスパイスを取りやすいように、板の位置を自由に設定できるのもDIYならではの利点です。

量が少ないなら マグネットタイプ

スパイスの種類をあまり使わない人や、小さいスペースにスパイスを納めたい人には『マグネットタイプ』のラックをおすすめします。

もしもキッチン周りに鉄製の場所がない場合でも、薄い鉄板を壁に貼り付ければ、すきな場所にスパイスを瞬時に着脱できるのでとても便利です。

賃貸の強い味方 ディアウォール

住まいが賃貸物件の場合、壁に穴を開けるような大掛かりなDIYをしにくいでしょう。そのような場合でも壁や壁面を傷をつけずにDIYできる便利なアイテムが、ディアウォールです。

ディアウォールとは

ディアウォールとは、2×4(ツーバイフォー)という規格の材木に、樹脂製のアジャスターをかぶせ、天井と床を突っ張る『縦型突っ張り棒』のことです。

バネの力で支えるので設置が簡単で壁面に傷をつける心配もないアイテムとして人気を集めています。

ディアウォールを使って棚を作ったり、一本柱に板をL字金具などで留めれば便利なキッチン棚やスパイスラックのでき上がりです。

ディアウォールはさまざまなバリエーションがあり、木材も色を変えることができるので、好みのデザインを組み合わせると楽しみも広がるでしょう。

ディアウォール-DIAWALL公式サイト

別のタイプのラブリコもある

『ディアウォール』はバネの力だけで柱を支えるのに対して、『ラブリコ』という商品もあります。これはバネとネジの2点で支えるため、より強度が増し、多くのスパイスやキッチン道具を乗せられる対荷重量が増えるので安心でしょう。

取り付けは通常の『ディアウォール』よりも少し手間はかかりますが、地震が起きたときなどは強度があるので安心して使えるのもポイントです。

LABRICO(ラブリコ)/ ラブリコ公式ブランドサイト

若井産業 ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール

若井産業から発売されている『ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール』は低価格で安全なABS樹脂製のスペーサーです。

上パッドにスプリングが内蔵されていて突っ張らせているので、床や天井を傷をつけずに賃貸物件でも安心して使うことができます。

この商品は、上下パッド1セットと調整スペーサー2枚セットで販売されています。

商品名:若井産業 ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール 価格:778円(税込) Amazon:商品ページ

木箱で簡単 スパイスラックの作り方

ここでは、最も手軽にスパイスラックが作れる『木箱』を使った制作例を紹介します。

まずは収納するものをリストアップ

まず最初に、『スパイス』をはじめ、スパイスラックに収納したい調味料をリストアップしましょう。

例えば塩、砂糖、みりん、醤油、料理酒、お酢、出汁類、コンソメ、ローリエ、サラダ油、オリーブオイル、ごま油など、調理に必要な調味料はとてもたくさんあります。

また、キッチンペーパーや鍋敷き、キッチングローブなども収納できるとさらに便利でしょう。

調味料は大きさもさまざまです。収納する木箱に入るか、各々のサイズや数を把握しておけば、失敗のないスパイスラック作りができるのです。

材料は100均で購入可能

『スパイスラック』を作る材料を『100均』で揃えれば、価格も抑えられ、なおかつ簡単に作ることができます。

100均で手に入る材料は調味料がおさまる分の木箱、すのこ、木材、接着剤などでしょう。

また、調味料の容器はバラバラなため、『100均』で同じサイズの容器をそろえると統一感が出て見た目にもきれいに整頓されるのでおすすめです。

木箱を組み合わせて完成

100均で買うことができる木箱は、スパイスラックとして使用するのにちょうどいい大きさのものが多く、失敗を恐れずにチャレンジできるお手軽DIYに利用できるのです。

作り方は簡単です。用意したスパイスが収納できる数の木箱に接着剤をつけて、くっつけていきます。接着剤が乾いたら完成です。くっつける面は用途や置き場所によって変えましょう。

ただし、複数の木箱を縦に積みすぎると倒れる心配があるので、ある程度のバランスをとりながら作り上げてください。最初から製品としてある『木箱』を接着するだけでできるので、とても簡単にスパイスラックが作れます。

また、素材が木でできているため、吊るし金などをねじ止めすればキッチングローブを吊るしたり、調理用具を収納することができます。

その他おしゃれ度アップのDIYアイデア

 

DIYで作るスパイスラックは、すべてを自分の好みで作れるため、たくさんのアレンジや創作のアイデアを自由に反映できます。

ここでは、さらにお洒落なスパイスラックを作るためのアイデアを紹介します。

すのこをスパイスラックにアレンジ

100均などで見かける『すのこ』を使ったスパイスラックも簡単に作ることができ、コストパフォーマンスも最高で、さまざまな組み立て方ができます。

すのこを使う場合、用意する材料は、すのこ・ボンドなどの接着剤です。サイズを変えたいときには、カッターやのこぎりを使いましょう。

具体的には、好きな大きさのすのこを接着剤でくっつけていくだけで完成です。

すのこは柔らかい素材のため、カスタマイズがしやすい特徴がありますが、接着剤だけでは強度が心配という人は、小さな釘などで接着してもいいでしょう。

ラベルステッカーで魅せる収納に

スパイスラックをインテリア的に『見せる』収納として作る場合、一番重要なポイントは統一感です。

各メーカーの調味料の容器はサイズだけでなく、デザインやカラーリングもバラバラなので、並べて置いたときにどうしても散漫に見えてしまいます。

そんなときに便利なのが、『ラベルステッカー』です。容器を同じものに統一して中身の調味料を入れ替えたら、それぞれの名前を書いたラベルステッカーを容器に貼っていきましょう。

このちょっとした手間で、見た目がぐんと引き締まるだけでなく、調味料を使用する際に間違いが起きにくくなるので一石二鳥でしょう。

また、ラベルステッカー以外でも、調味料がボトルタイプの場合、紐でボトルネックから名称を書いたラベルをぶら下げるのもこだわりのアレンジです。

ラックに塗料を塗ってイメージチェンジ

オリジナル『スパイスラック』をつくるには、木材からスチール、またプラスティックまでさまざまな素材を自由に選ぶことができます。

木材であれば、無垢のものから、最初からカラーリングされているものなど豊富な種類が選べますが、例えばレトロ調に仕上げたい場合や木目を活かした仕上げをしたい場合には『オイルステインなどの塗料』を使うと風合いを出すことができます。

すのこを素材にしたスパイスラックに塗装を施すと、アメリカンテイストたっぷりなポップな仕上がりになるのでおすすめです。

また、しばらく使って飽きてきても、塗り替えをすればイメージチェンジができフレッシュな気分になれるでしょう。

自分好みのスパイスラックを作ろう

既製品のスパイスラックは、自宅のキッチン専用にデザインされてものではないので、サイズ感も含め、選ぶのがとても難しいでしょう。

しかし、スパイスラックをDIYで自作することで、好みのデザインでお洒落に、そしてピッタリと収まるサイズで作ることができます。

見せる収納に適したスパイスラックを作れば、個性的なセンスの光るインテリアの一部として、料理作りもいっそう楽しいものになるでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME