酸味が少ないコーヒー豆とは?ロースト度合いや淹れ方でも変わる

2019.06.24

酸味はコーヒーの風味の中でも、とくに好き嫌いの分かれるポイントです。酸味が原因で、コーヒーが苦手になってしまうこともよくあります。豆の選び方やロースト方法など、酸味を抑えながらおいしいコーヒーを飲むコツを紹介します。

コーヒーの酸味とは

コーヒーを飲むと、強さの違いはありますが、なんらかの酸味を感じます。まずはその理由と酸味の正体について、詳しくみていきましょう。

コーヒーは酸味がある飲み物

コーヒー豆は、『コーヒーチェリー』という果実の種をロースト(焙煎)したものです。果実ですから、リンゴやミカンと同じように、クエン酸などの酸味の元となる成分が含まれています。

この成分がローストしたあとも残っているため、コーヒーには独特の酸味があるのです。逆に言えば、まったく酸味のないコーヒー豆は存在しません。

ただし酸味の強さはコーヒーチェリーの種類によって異なり、同じ種類でも挽き方やローストの度合いによって変わります。

酸化することによる酸味も

コーヒーチェリーがもともと持っている、フルーティーな酸味を引き出したコーヒーは、とても爽やかで、おいしく感じられます。

しかしコーヒー豆は酸化しやすく、酸化した豆でコーヒーを淹れると、思わず顔をしかめてしまうような、えぐみを伴った酸っぱい味がすることがあります。

この味は、コーヒーチェリー由来の酸味とはまったくの別物です。しかしこのような酸っぱいコーヒーを飲んだ経験から、コーヒーの酸味について誤解してしまい、苦手意識を持ってしまうケースもあります。

コーヒー豆はロースト直後から酸化が進むため、購入後は密閉容器に保管して、できるだけ新鮮なうちに飲み切ることが大切です。

酸味が少ないコーヒー豆

コーヒー豆にもさまざまな種類があり、酸味の強さや感じ方も違います。酸化していない新鮮なコーヒー豆でも、酸味の強いタイプは当然酸っぱく感じられるでしょう。気になる人は、できるだけ酸味の少ないコーヒー豆を選びましょう。

また、多少酸味があっても、ほかの味とのバランスや香りによって、あまり気にならない豆もあります。酸味が苦手な方にもおすすめできる、代表的なコーヒー豆を3種類紹介します。

ブラジル

世界一のコーヒー生産国、ブラジルで生産されている『ブラジル』は、軽くてクセのない味わいから、ブレンドコーヒーのベースに使われることが多い豆です。

酸味はとてもおだやかで、苦みやコクもそれほど強くありません。生産量が多いので、価格が安いのもメリットです。

マンデリン

インドネシアのスマトラ島で生産されている『マンデリン』は、ブルーマウンテンが登場するまでは世界最高のコーヒー豆と呼ばれていたほど、高品質の豆です。酸味は非常に少なく、深いコクとやわらかな苦みを楽しめます。

ブルーマウンテン

『ブルーマウンテン』は、ジャマイカのごく一部の地域で栽培されている貴重な品種です。現在は、世界最高のコーヒー豆として知られています。

酸味・苦み・コクのすべてにおいてバランスがよく、香りもとても上品です。挽きたてのブルーマウンテンなら、コーヒーの酸味が苦手な方でもきっとおいしく飲めるでしょう。ただし、ほかの豆に比べると価格は高めです。

ローストの度合いや淹れ方をチェック

酸味の少ないコーヒー豆を使っても、ローストの度合いや淹れ方次第では酸味が強く出ることがあります。コーヒーの酸味を抑えるために、ぜひチェックしておきたいポイントを紹介します。

酸味は少なく苦味が強い深煎り焙煎

ローストの度合は深い順に、大きく『深煎り』『中煎り』『浅煎り』の3段階で表されます。コーヒー豆はローストすると、最初に酸味が出てきます。ローストの度合いが深まるほど苦みが増し、酸味は弱くなります。

従って、もっとも酸味が少ないのは深煎りのコーヒーです。深煎りでローストすると、酸味の少ない豆はさらにマイルドになり、酸味の強い豆も、とてもスッキリとした味わいに変わります。酸味が苦手な方には、最適なローストと言えます。

深煎りのコーヒーは、コクのあるビターな味わいが特徴です。濃い味の食事や、甘いお菓子によく合います。ミルクや砂糖との相性もよく、濃い目に淹れて、カフェオレにするのもおすすめです。

浅煎りでも淹れ方でフォロー可能

上で述べた通り、浅煎りは苦みが出る前にローストを終えるため、酸味が強く残るのが特徴です。浅煎りのコーヒーをじっくりと時間をかけてドリップすると、酸味だけが前に出て、とても酸っぱくなります。

浅煎りのコーヒーは、じっくりと淹れるのではなく、お湯を入れたら豆をスプーンなどでかき混ぜ、『短時間』で抽出するのがポイントです。

こうすることで豆本来の酸味がスムーズに引き出され、酸味が苦手な方でも楽しめる、フルーティーで爽やかな味わいになります。

豆と鮮度とロースト具合を確認しよう

酸味の少ない豆を深煎りにして、新鮮なうちに淹れることで、苦手な酸味を抑えたおいしいコーヒーを飲めます。浅煎りであっても、淹れ方次第で酸味を抑えることが可能です。

本記事を参考に、豆の種類やローストの度合いを確かめ、お好みの味を追求してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME