知らないと故障の原因に!アロマウォーターの正しい加湿器使用方法

2019.06.23

エッセンシャルオイルを作るときの蒸留水であるアロマウォーターは、ほのかに天然のアロマが香る水です。日常的には、どのような使い方があるのでしょうか?毎日の暮らしに活かせる使い方を知り、素敵な香りを手軽に取り入れましょう。

アロマウォーターの基本的な使い方を知ろう

優しく香るアロマウォーターは、扱いやすく香りのクセも少ないので、初心者でも使いやすいのが特徴です。では、具体的にどのような使い方があるのでしょうか?気軽に使える活用方法を紹介します。

加湿器に入れたりルームスプレーとして使う

代表的な使い方は、加湿器に入れる方法です。水を入れたタンクにキャップ1~2杯分のアロマウォーターを入れましょう。あとはスイッチを入れれば、運転とともに香りが室内に広がります。

香りの強弱はメーカーやタンクの容量によっても変わってきます。好みの香りになるよう、入れる量を加減しましょう。

もっと手軽に使うなら、スプレーボトルにアロマウォーターを入れ、ルームスプレーにする方法があります。部屋のにおいが気になるときや、リラックスしたいときに、スプレーを一吹きするだけです。

好みの香りのものを選んでスプレーボトルに入れておけば、いつでもすぐに使えます。いくつかの種類をブレンドしてオリジナルの香りを楽しむのもよいでしょう。

化粧水やローションなど美容に使う

低刺激のアロマウォーターは、肌や髪のお手入れに直接塗って使うこともできます。オーガニックで作られた天然100%のものなら、敏感肌の人でも安心して使えるでしょう。

肌や髪に直接つけるものは、保存料や香料などの添加物が入っていないものを選ぶと安心です。

中でも、『ローズウォーター』や『カモミールウォーター』は特にスキンケアに人気があります。また、乾燥肌なら、保湿効果を高めるためにグリセリンを加えてもよいでしょう。

ヘアケアにもぴったりです。洗った後の髪にスプレーしてからドライヤーで乾かしたり、ヘアコロンとして馴染ませたりします。すると、ほのかにハーブや花の自然の香りを楽しめます。

口臭を予防するマウスウォッシュとして使う

天然のよい香りがするアロマウォーターは、低刺激で優しいマウスウォッシュにもなります。消臭や殺菌の働きが期待できるので、口の中を清潔に保てるのです。

使い方は通常のマウスウォッシュと同じで、口に適量含んで、ぶくぶくと口腔内を洗うようにしてから吐き出します。

マウスウォッシュに使うなら、爽やかな香りのものがよいでしょう。『ペパーミントウォーター』や『ティーツリーウォーター』『レモンウォーター』がぴったりです。

アロマウォーターが使える加湿器の種類

代表的な使い方として、加湿器のタンクに入れて香りを楽しむ方法が挙げられます。アロマウォーターが使えるのはどのような種類の加湿器でしょうか?あわせて種類別の特徴について解説します。

スチーム式加湿器

やかんでお湯を沸かすと、注ぎ口の部分から水蒸気が出てきます。これと同じ仕組みで加湿するのが、『スチーム式加湿器』です。タンク内の水を熱して蒸気を発生させます。

スピーディーに加湿ができるため、部屋の乾燥に即効性があるのが特徴です。

また、水を熱するため、水の中に細菌が潜む場合にも加熱消毒ができます。不潔な状態で運転すると、出てくる蒸気とともに、部屋中に菌をばらまく可能性があります。

しかし、お湯にして蒸気を出す仕組みなら、そうした危険性がありません。

ただし、水蒸気が高温になっていることには十分注意しましょう。蒸気の吹き出し口は特に熱いので、小さな子供やペットがいる場合には、手の届かない場所に設置しなければいけません。

超音波加湿器

『超音波式加湿器』は、超音波で水を振動させることで、蒸気を発生させます。水蒸気を発生させるのに加熱する必要がないので、子供やペットがいる家庭でも安心して使えるのが魅力です。

また、インテリア性が高いのも特徴です。おしゃれなものが多いので、部屋の雰囲気に合うものを選べば、室内のよいアクセントになります。

小型のものが多く、ちょっとした場所に置けるのも嬉しいポイントです。

ただし、加熱しないため、タンクに入った水の中で雑菌が繁殖しやすいというのがデメリットです。こまめに水をかえたりメンテナンスして、清潔な状態を保ちましょう。

気化式加湿器

ゆっくり室内を加湿したいなら、『気化式加湿器』がよいでしょう。濡らしたタオルを干しておく・洗濯物を室内干しする、といった乾燥対策と同じ仕組みです。

熱を使わないので、やけどの心配がありません。また、動作音が静かなので、寝室で使いたい、という場合にも向いているでしょう。電気代が他のタイプと比べて安いのもポイントです。

ハイブリッド式加湿器

部屋の湿度を最適な状態に保ちたいときには『ハイブリッド式加湿器』がぴったりです。スチーム式のように加湿しすぎることがなく、気化式よりも素早く加湿できます。

電気代や運転音の点で、スチーム式より静かに作動するのはメリットといえるでしょう。

水を熱してお湯にしてからフィルターに含ませて空気を送るため、加湿のための仕組みがやや複雑です。その分、価格設定が高めにされています。

また、本体サイズが大きいものが多いので、設置場所を確保しなければいけない点に注意しましょう。

加湿器で使えるアロマウォーター以外の種類

加湿器に使えるアロマとして代表的で使いやすいのは、アロマウォーターです。しかし、他にも使えるものがあります。どのようなものが使えるのか、種類と特徴を解説します。

天然素材から抽出したエッセンシャルオイル

ハーブや花など天然の素材から作られる『エッセンシャルオイル』も、メーカーや機種によっては使用可能です。

エッセンシャルオイルは天然のものなので、作られた時期や地域によって香りが違うという特徴があります。

同じ天然のものでも、アロマウォーターより濃厚で独特な香りがするので、好き嫌いが分かれるオイルもあるでしょう。

水に溶けやすくした水溶性オイル

加湿器で使うには、水に溶ける『水溶性のオイル』が適しています。本来は水に溶けにくいオイルを、溶けやすく改良したものが、『ソリューションオイル』です。

ただし、天然成分ではないことに注意しましょう。自然のハーブや花ではなく、香料を使って作られている香りのため、アロマテラピー本来のはたらきは期待できません。気軽に香りを楽しむためのオイルといえます。

加湿器の故障の原因と間違った使い方

アロマウォーターやアロマオイルは加湿器に使えます。ただし、間違った使い方は、故障につながるため注意が必要です。故障につながる使い方について知り、正しく使いましょう。

必ずアロマオイル対応の加湿器を使う

アロマオイルを使うなら、必ずアロマに対応している機種を選びます。噴出口の近くにアロマオイル用の皿がついているものや、アロマオイルの使用ができると明言されている『アロマ加湿器』です。

普通の加湿器にアロマオイルを入れて使うと、水とオイルが混ざり合わずにオイル成分だけが残ってしまいます。タンク内だけでなく、内部の水や蒸気の通り道に付着することもあるのです。

アロマオイルの成分は雑菌やカビの栄養分になることもあるので、付着したままになると、そこで有害な菌が繁殖する危険性があります。

すると、運転するたびに菌やカビをまき散らすことになりかねません。アロマオイルを使うときは専用の機種を選びましょう。

加湿器の給水は必ず水道水を使う

加湿器に使う水も飲み水と同じで、天然水や浄水器を通した水がよい、と思い込んでいる人もいるでしょう。しかし、実際には違います。微量に塩素を含んでいる『水道水』が最適です。

タンク内の水が塩素で消毒されるため、雑菌の繁殖を抑えられます。ただし、塩素は徐々に抜けていくので、ずっと入れっぱなしではいけません。1日に1回は全て入れ替えるのがよいでしょう。

また、水が減ったときは、注ぎ足すのではなく、1度タンクを空にしてから新しく水道水を入れ直すと、清潔を保ちやすくなります。

加湿器の蒸気を浴びると乾燥の原因に

室内の湿度を保つのに役立つ加湿器ですが、肌の乾燥対策に蒸気を直接浴びるのはやめましょう。見た目は美顔器の蒸気と同じように感じられますが、実際に出ている蒸気の質は違います。

蒸気を直接顔に浴びて保湿する美顔器は、水分が肌に浸透しやすくなる技術が採用されているのです。加湿器の目的は部屋の湿度を調節することなので、肌の保湿に配慮した作りにはなっていません。

また、肌表面に水分がつくと、逆に『乾燥しやすくなる』ことが分かっています。砂地に水をまいてもすぐに蒸発して乾燥してしまうのと同じです。

肌表面についた水分と一緒に、本来肌が持っている水分も出て行ってしまいます。

リフレッシャーオイルは入れてはいけない

加湿器に使えるアロマには色々な種類がありますが、中には使えないものもあります。『リフレッシャーオイル』が代表的です。アロマランプで香りを楽しんだり、ポプリに振りかけて使ったりするオイルになります。

ポプリオイルやフレグランスオイルとも呼ばれているオイルです。手軽に香りを楽しめますが、人工香料で作られていて、アロマテラピー効果は期待できません。

水に溶けない性質を持っているため、加湿器には使えないのです。誤って使うと故障につながることもあるため、オイルの種類をよく確認してから使いましょう。

正しい使い方をして故障を防ごう

加湿器で手軽に香りを楽しみたいときには、タンクの水にキャップ1~アロマウォーターを入れましょう。ほのかにハーブや花の香りが広がります。

他に、エッセンシャルオイルや水溶性オイルも、使用可能です。ただし、専用の機種でのみ使用できるので注意しましょう。通常の加湿器で使うと雑菌やカビが繁殖する原因になることもあるので、自分の持っている機種が対応しているか事前に確認してから使用することが大切です。

手軽に香りが楽しめるアロマウォーターで、リラックスタイムを楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME