着物初心者の男性は必見。種類から着方までわかりやすく解説

2018.08.22

着物は日本の民族衣装であり、海外でも日本文化として広く知られています。現代では着物を着る機会は少なくなってしまいましたが、着物の歴史や種類、着付けの方法や着物着用のマナーなどを知ることで、より気軽に着物を楽しめるようになります。

着物の歴史を学ぶ

『着物』といっても、平安時代の着物のイメージと、江戸時代の着物のイメージは大きく異なるのではないでしょうか。

また、袴にブーツというファッションを楽しんでいた大正時代の女子学生のイメージが思い浮かぶ人もいるでしょう。

着物は、時代によって大きく変化してきました。着物の歴史を知ることで、着物をより身近に感じられるかもしれません。

着物は時代とともに変化してきた

着物は長い間、普段着用の服として親しまれてきたため、人々の生活に合わせて様々な変化を遂げてきました。

平安時代には、布を直線に裁って縫い合わせる方法で着物が作られるようになりました。この『直線裁ち』で作られた着物は畳みやすく、重ね着しやすい作りになっているため、利便性が高く、日本全土に広まりました。

武士が台頭する時代になると、平安時代よりも動きやすく、簡易化された着物になっていきます。

そして町人文化が栄えた江戸時代になると、町人のおしゃれとして創意工夫されたものが登場します。

ところが文明開化後になると、着物を崩して洋服と組み合わせたり、家紋を入れるのが一般的になったこともあり、着物の普段着としての役割は徐々に小さくなっていきました。現代では、着物は主に式典などで着用する晴れ着として認識され、普段着としてはあまり着用されなくなってきています。

和服は着物と認識されている

『着物』とはその名の通り、『着る物』、つまり衣服を意味します。一方で『和服』は、『和の服』、つまり日本の衣服という意味です。

もともと、日本で『着る物』といえば『和服』でした。しかし明治時代以降『洋服』、つまり西洋の衣服が庶民の間にも広がっていきます。

そのため、『着る物』のなかでも、日本のものと西洋のものを区別するために、『和服』と『洋服』という言葉が使われるようになったのです。

現代では、和服と着物はほとんど同義のように使われています。

男性の着物の種類を知ろう

女性の着物にはさまざまな種類があることをご存知の人もいるかもしれません。しかし、男性の着物の種類となると、あまりピンとこないのではないでしょうか。

男性の着物にも、女性の着物と同様にいくつかの種類があり、それぞれTPOに合わせたものを着る必要があります。

着物の格式がシチュエーションにそぐわないと、マナー違反になってしまいます。着物の種類と格式の違いを、しっかり理解しておきましょう。

第一礼装・略礼装とは?

第一礼装、略礼装は、改まった席に出席する際に着るものを指します。

自分の結婚式や大学の卒業式のような正式なイベントの際に着るものを『第一礼装』、もしくは『正礼装』と呼びます。男性の場合は黒羽二重五つ紋付という着物が一般的です。

『略礼装』もしくは『準礼装』とは、やや簡素化した礼装で、友人の結婚式や パーティーなどのカジュアルなイベントに参加するときに着るものを意味します。

略礼装を着るとき、どれだけカジュアルにしていいのかは場合によって異なります。雰囲気を壊さない程度に整ったものを着ていきましょう。

外出着や普段着

特にイベントごとではないときに着る着物を、『外出着』『普段着』といいます。羽織や袴を着用しない、いわゆる『着流し』スタイルを指すことが多いです。

女性の場合、外出着と普段着に多少の違いがありますが、男性の場合はほとんど同じ意味だと理解しても問題ありません。

木綿やウールの素材だと、丈夫なうえ様々なシーズンに着ることができるので便利です。夏であれば、浴衣なども外出着として使って大丈夫でしょう。

羽織を着るとややフォーマルな雰囲気になるので、カジュアルにしすぎたくないときは羽織を着ることをおすすめします。また、あまり形式張らない袖のない羽織をプラスしておしゃれに着こなす人もいます。

着物の着付けに必要な物

着物の着付けには様々な物が必要です。一通り揃えれば洗濯して何度も使うことができるので、思い切って一式揃えてみてはいかがでしょうか。

着丈の合った長着

長着(ながぎ)というのは、わたしたちが『着物』と聞いてまっさきにイメージする服です。体の前で左右の身頃を重ね、帯を締めて着用します。この長着がなくては始まりません。

女性は着付けの際、着丈にあわせて腰の辺りで長さを調節できるので、多少大きさの融通が利きます。しかし男性の場合、そうはいきません。

男性は着付けで長着の着丈を調節することができないので、自分の身長や体格に合ったものを選ぶようにしましょう。

できることなら、呉服店で実際に袖を通して着丈をチェックしてから決めることをおすすめします。

肌着・ステテコ・長襦袢

長着の下に着るものが、長着とほとんど同じ丈の『長襦袢』です。男性の着物は落ち着いた色味・柄のものが多いので、さまざまな模様の入った長襦袢が多くなっています。

まずはメインとなる長着を選んで、それに合う長襦袢を組み合わせましょう。特に、人の目に触れる長襦袢の襟と長着のデザインの相性が大切です。

長襦袢の下に着るのが『肌襦袢』と呼ばれる上半身用の肌着です。下半身は『ステテコ』を履きます。

肌着やステテコは着物の下に着るものとして使われ続けてきたものなので、手持ちの洋服で代用するよりも快適に過ごすことができます。

腰紐・男締め・帯

『腰紐』や『男締め』『帯』などベルトの役割をするものも必要です。男性用の帯は主に2種類あり、ひとつは角帯、もうひとつは兵児帯(へこおび)と呼ばれています。

『角帯』とは、長さが4mほど、幅が10cmほどで、普段着や略礼装の時などに使われます。

『兵児帯』は、長さが3.5~4mほど、幅が50~75cm程度の、太く柔らかい帯のことです。素材が柔らかく、カジュアルな印象になるので、かしこまった場には向いていません。普段着や浴衣を着るときに使われる帯です。

『腰紐』『男締め』とは、長襦袢や長着を固定するときに使うものです。こちらも用意しておきましょう。

足袋・履物

足袋(たび)とは、親指の部分と、それ以外の4本の指の部分に分かれた足首まである靴下です。

礼装のときは白い足袋を使いますが、それ以外の和装時は黒か紺が一般的です。靴下のようにゴムで止めるのではなく、『こはぜ』と呼ばれる金具で止めるようになっています。

履物は、草履(ぞうり)と雪駄(せった)、下駄(げた)の3種類があります。1番カジュアルで、主に浴衣合わせるときに使われるのが下駄で、それ以外の場合は雪駄と草履を使い分けます。鼻緒が白い畳地草履は、礼装用です。

羽織・羽織紐

羽織は、長着の上に着る、和服におけるジャケットのようなものです。浴衣以外の着物を着る際に、男性は羽織を使うことが一般的です。季節によって厚さや素材がそれぞれ違い、通年着用できるようになっています。

羽織の袖口から長着が見えてしまうと格好悪いので、実際に長着を着た後に羽織ってみて、どう見えるかをチェックしてから羽織を決めるようにしましょう。

羽織紐は、羽織の前を合わせるときに使うアイテムです。地味になりがちな男性の着物において、羽織や羽織紐はおしゃれさをアピールする大事なポイントです。いろいろと合わせて気にいったものを選びます。

着物の着方をマスターしよう

着物を着たいと思っても断念してしまう人が多いのは、自分で着付けができないからではないでしょうか。

普段着物を着る機会がない人にとって、着物を着るのはとてつもなく難しいことに思えるかもしれません。

しかし、着物はもともと普段着として誰もが来ていた服です。最初は戸惑うかもしれませんが、何度か着てみればすぐに慣れるようになります。

足袋を履いた後に肌着を着る

まずは足袋を履き、肌着とステテコを身につけます。最後に足袋を履くと着崩れしやすくなるので、最初に履くことを忘れないでください。

浴衣の場合、裸足で履物を履くこともあるので、そのときは足袋を履かずに肌着を着るところから始めます。

思い切って下着をふんどしにしてみるのもおすすめです。最初は違和感があるかもしれませんが、着物を着るならふんどしのほうが楽です。

次に長襦袢を着る

次に、長襦袢を着ます。袖を通して、右手側を左腰に当て、左手側をその上に重ねるように右側の腰へと持っていきます。男女の違いなく和服は『右前』、つまり右側が手前(自分側)にくることが基本ですので、重ねる順番には注意しましょう。

また、着物をかっこよく着るためには、背骨のラインに沿って長襦袢の中心が来るように着るのがポイントです。

そして、おへそより拳1つ下あたりで腰紐を締めましょう。この時しっかりと腰周りのシワを整えておくと、長着を着たときに格好良く見えます。

長着の着方と帯の締め方

その次はいよいよ、長着に袖を通します。長襦袢の袖をしっかりと長着に入れこみ、長着も長襦袢と同じように左右を重ねます。このとき、長襦袢の襟が少し見えるようにするのがポイントです。

そして男締め、もしくは腰紐で軽く長着を留めます。帯を締める前に腰回りのシワを伸ばして整えることを忘れないようにしましょう。

男性の帯は主に、『貝の口』と呼ばれる結び方で結ぶのが一般的です。この結び方は自分で前側で結んでから、後ろに回せるので、1人でも着付けることができます。

羽織を羽織る

一通り着付けが終わったら、仕上げに羽織を着ます。そのときに忘れてはいけないのが、羽織の襟の部分を外側にしっかり折り返すことです。

そして最後に羽織紐を付ければ、着付けの完成となります。S字型のフックがついていて、引っ掛けるだけの羽織紐もあります。

結婚式のドレスコード、着物にもマナーあり

結婚式のように、ドレスコードが重要な席に着物で参列する場合、着物特有のマナーがあります。着物で参加すると喜ばれることが多いため、マナーを守ったうえでぜひ着用してみましょう。

もしどんな着物がいいのかわからないときは、呉服店や着物を借りる予定のレンタルショップなどに直接問い合わせてみましょう。相談に乗ってくれるはずです。

親族として出席する場合

親族として着物で結婚式に参列する場合、必ず羽織を着ましょう。また、ただの長着よりも、袴を着用した方がフォーマルに見えます。そのため、羽織袴を着用するのがおすすめです。

新郎新婦の父親であれば黒紋付き羽織袴を着ることになりますが、それ以外の親族であれば、黒以外の色紋付などの略礼装で問題ありません。

ゲストとして出席する場合

ゲストとして着物で結婚式に出席する場合の和服は、色紋付がおすすめです。紋の数によって格式が異なりますが、3つ紋か1つ紋にして、親族より格上にならないようにしましょう。

2次会だけの出席や、友人を中心としたカジュアルなパーティーであれば、袴なしでもいいときもあります。ただ、あまりにカジュアルすぎると失礼に当たる可能性もあるので、羽織と袴を着るほうが無難です。

着物での参列の際は、事前に新郎新婦にどの程度のドレスコードが必要か確認しておくと安心です。

着物を着てトイレに行くには?

着物を着ると、「トイレに行ったときどうすればいいのだろう」と心配している人も多いのではないでしょうか。

男性の場合、袴を履いているときとそうでないときで、方法が異なります。どちらも意外と着崩れしないので、あまり心配する必要はありません。

袴を履いている時

袴を履いているときは、個室に入り、袴の後ろ紐を解いて、床に落ちないように背中側の袴の裾を帯に挟みます。腹側の裾も帯にしまい、下着を下ろします。

心配な人は、洗濯バサミを持っておくことをおすすめします。洗濯ばさみを使って裾を固定すれば、帯に袴をはさむことにより帯が緩んでしまうことを防げるからです。

また、下着をふんどしにしていればずらすだけで済むので、下着をおろす手間が省けます。

袴を履いていない時

袴を履いていないときは、足を軽く開いて長着と長襦袢を思いっきりたくしあげます。袴を履いていなければただの長着と長襦袢をめくるだけなので、むずかしくはありません。

思い切りまくると着崩れしてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、ただまくるだけならあまり崩れないので、心配無用です。

気軽に楽しみたいなら着物レンタルを

着物に興味があっても、なかなか着物を着る機会がない人も多いでしょう。そんな人は、気軽に着物を楽しめる『着物レンタル』を利用してはいかがでしょうか。

都市部では着物レンタルを展開するお店がたくさんありますし、もし近くにない場合でも、レンタルした着物の自宅配送サービスをしてくれるショップもあります。

京都着物レンタル夢館

京都のレンタル着物ショップ『夢館』(ゆめやかた)は、男性の着物も多く扱っています。モダンでカジュアルな着物も多く取り扱っています。

値段もフルセットでレンタルしても3000円前後からとリーズナブルなので、「とりあえず1度着物を着てみたい」という人にぴったりです。

京都に行くのであれば夢館を利用して、着物での京都散策を実現させてみましょう。着物を着るだけで、より京都の情緒を楽しめます。

京都着物レンタル夢館

レンタル着物 みやこもん

レンタル着物ショップ『みやこもん』は、レンタルする着物を日本全国に宅配してくます。足袋や羽織紐なども一式で届けてくれるので、自宅に何もなくても気軽に着物を楽しめます。

「宅配だと着付けをしてもらえないので不安」という場合でも大丈夫です。着付け不要で自分1人で着られるワンタッチ着物を取り揃えています。

結びをマジックテープで固定するだけの簡単帯が利用できるので、着付けに自信がない人でも安心して着られるようになっています。

レンタル着物 みやこもん

着物レンタル あき

『着物レンタル あき』は、全国配送無料で届けてくれる着物レンタルショップです。

カジュアルな普段着用の着物から、紋付の第一礼装まで、さまざまなタイプの男性着物が豊富に揃っています。

渋谷と銀座、池袋、横浜の4店舗あり、来店すれば無料で着付けをしてくれます。出張着付けもしてくれるので、宅配レンタルの場合などで着付けが不安な人でも安心です。

羽織、長着、袴が全てセットになっている状態で注文できるので、自分で着物のコーディネートをする自信がない人でも、格好いい着物スタイルを気軽に楽しめます。

着物レンタル あき

着物をもっと身近に感じよう

現代の日本では、着物を着る機会は少なくなってしまいましたが、着物は今でも多くの人に愛される、日本人の伝統衣装です。

最初は敷居が高いと感じるかもしれませんが、レンタルなどを利用して何度か着てみると、すぐに馴染んできます。着物のことをもっと知って、より身近に感じることで、楽しい着物ライフを送ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME